このサイトは素材メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「素材メーカー社員」

仕事内容
素材メーカー社員は、ものをつくるメーカーのなかでも、鉄鋼、非鉄金属、ガラス、セメント、紙・パルプといった「素材」をつくり出す企業で働く人のことをいいます。自動車、リチウム電池、インク、アルミニウム、ペットボトル、段ボールなど、私たちが日常生活で実際に使うありとあらゆる素材が使われています。素材メーカーは、製造メーカーを顧客とするBtoBのビジネスを手掛けており、顧客のニーズに応じてどのような素材をつくるかを考え、製造を行っていきます。
なるには
素材メーカー社員として働くには、学校を卒業後、素材メーカーの採用試験を受けて採用される必要があります。大手素材メーカーでは基本的に毎年新卒採用を行っており、「大卒以上」の学歴が求められることが多いですが、一部の企業では「高専卒」の人でも応募可能です。募集職種は大きく分けると「技術系」と「事務系」に分かれ、研究開発や生産技術開発、製造、エンジニアリング、技術営業などの技術系職種では理系学生であることが条件になるケースが多いようです。
給料
素材メーカー全体での平均年収は500万円前後といわれていますが、企業の規模や売上と社員の年収は比例する傾向にあります。歴史ある大手企業は年功序列の色が強めで、40代になると平均年収1000万円を超える企業もあります。順当に出世をして役職がつけば、それなりによい収入が得られるでしょう。また、大手の素材メーカーは待遇面が充実しており、各種手当や福利厚生など、安心して働ける環境が整っているようです。
将来性
あらゆる製品の基となる素材は、多様な産業で必要とされており、市場規模もそれなりに大きなものとなっていますが、業界全体で見ると徐々に縮小傾向にあるといわれています。経済の動きに影響を受けやすいことも特徴ですが、最近では高付加価値製品の開発や販売を行うことで、売上向上を目指す傾向や、業種によっては生産拠点の集約化や、業界再編の動きも目立ち始めています。「高品質」「多品種」という市場のニーズに対応しながら、海外事業の強化に取り組む企業も増えています。