「医療機器メーカー社員」とは

病院やクリニックなどの医療現場で用いられる多種多様な製品を製造し、販売する。

医療機器メーカーとは、MRIやペースメーカー、人工透析装置などの大型医療機器から、包帯、注射器といった消耗品まで、医療現場で用いられるさまざまな製品を製造し、販売する会社のことをいいます。

医療機器メーカーの顧客は一般消費者ではなく、病院やクリニック、健診センターなどの医療機関となっており、医師や臨床検査技師、看護師などに対し、自社製品やサービスの提案営業を行います。

営業職は全学部・全学科を対象とし、特別な資格やスキルが求められることは普通ありませんが、技術職は工学部で電気・電子、情報、機械系の勉強をしてきた人を対象とする募集が中心となっています。

また、「臨床工学技士」の国家資格を有して、医療機器メーカーで働く人もいます。医療機器業界は景気の影響を受けにくいとされており、世界規模で見ても人々の健康意識の高まり、また新興国では経済の発展に伴っての医療水準が向上しつつあることなどから、今後も全世界的に成長が期待できるでしょう。

「医療機器メーカー社員」の仕事紹介

医療機器メーカー社員の仕事内容

医療機器の製造開発・販売を行う

医療機器メーカーとは、MRIや人工透析装置などの大型医療機器から、ガーゼ、包帯、注射器といった消耗品まで、医療に用いられるさまざまな製品の開発製造や販売をします。

医療機器メーカーの顧客には個人客はほとんどおらず、医療機器販売業者やドラッグストアなどの小売店のほか、病院やクリニック、検診センターなどと直接契約を結び、自社製品を卸します。

また、自社で開発をしていない分野の医療機器を海外から輸入し、それを国内で販売することもあります。

社内でも、新たな医療機器の開発製造を行う部門と、製造した商品の営業販売をする部門、また人事や経理などの事務作業を行う部門に分かれ、それぞれの役割をこなします。

医療機器メーカー社員の就職先・活躍の場

医療機関や販売会社、社内で働く

医療機器メーカー社員の就職先は、国内外の医療機器メーカーになります。

医療機器メーカーは、それぞれに得意とする分野や主力製品があり、それらを利用する医療機関に機器を販売したり、小売業に卸したりします。

病院に設置して使用する大型医療機器は、人の命に係わるものも多く、何らかの整備や修理が必要になった場合には病院に出向いて作業をします。

移動が可能な医療機器の場合は、一時的に引き取り、社内で修理することもあります。

また、社内において新製品の研究や開発にたずさわる人もいます。

医療機器メーカー社員1日

医療機器メーカーでは、ひとつの医療機器を作るために、製品企画・設計・基礎試験・自治体への承認申請という流れを経て、生産に入ります。

ここでは、医療機器の設計にたずさわる社員の1日を見てみましょう。

医療機器メーカー設計部社員のスケジュール



09:00 出社
朝礼、本日の業務内容の確認などを行います。

09:10 テスト準備
設計図をもとに試作したプロトタイプのテストをするために準備をします。

09:30 図面作成
企画部から回ってきたモデルにのっとり、図面を作成します。

12:00 昼休み
1時間ほど休憩が入ります。

13:00 テスト開始
午前中に準備したプロトタイプのテストを行い、測定結果を記録します。

16:00 テスト結果まとめ
テストで得られた測定結果を記録書にまとめます。

18:00 明日の業務確認、退社
明日おこなう業務をチェックして業務を終了します。

医療機器メーカー社員になるには

工学系学部卒や臨床工学技士が有利

医療機器メーカーはその多くが上場している大手企業であり、それらは新卒採用を定期的に行っているところが大半です。

営業職については入社時点で特別な資格や専門性、スキルなどが必要とされることはめったにありません。

製品の開発製造にたずさわる技術職に関しては、大学で電気・電子・情報・機械工学について履修してきた人を募集する場合が多いようです。

また、「臨床工学技士」の国家資格を所持した人が医療機器メーカーに入社し、自社製品のメンテナンスや修理にたずさわることもあります。

医療機器メーカー社員の学校・学費

工学系・医療系大学や大学院卒が有

医療機器メーカー社員の中でも、どのような職種にたずさわりたいかにより、必要な学歴や学部には違いがあります。

開発職にたずさわりたい場合は学歴を重視する会社が多いため、工学部の大学院を卒業し、博士号を取得しておくほうが手堅いといえます。

また、営業職においても顧客に自社製品を正しく説明し、あらゆる専門的な質問にも対応する必要が生じる場合があるので、工学系の大学を卒業しておくのが望ましいでしょう。

それ以外では、医学部や保健学部など、医療系の学部の卒業者であることが求められる場合もあります。

医療機器メーカー社員の資格・試験の難易度

臨床工学技士の資格を持つ人もいる

医療機器メーカー社員全員が必ず所持しているわけではありませんが、中には「臨床工学技士」の国家資格を持つ人もいます。

臨床工学技士の国家資格は、医療機器メーカーに入社するにあたって必須の資格というわけではありません。

しかし、医療機関での新たな器械や医療材料の導入にともない、臨床工学技士はメーカーでも医療の現場においても、多く求められている資格です。

特に大型の機器を扱うメーカーでは、医療機器のプロとして頼れる人材であり、就職にも有利といえるでしょう。

医療機器メーカー社員の給料・年収

一般的に高めの水準

医療機器メーカーの平均年収は550万円~650万円程度といわれており、一般的な会社員の平均年収と比べると、やや高めの水準になっているといえるでしょう。

ただし、企業によってバラつきがあるほか、研究開発部門で技術職として働くか、営業職に就くか、事務職に就くかなど、部門によっても給与は異なってきます。

また、医療機器メーカーは外資系企業も多く、実力主義の要素が強いことから、営業職で成果を出せる人は相当な高年収を得ている人もいるようです。

医療機器メーカー社員のやりがい、楽しさ

自社製品が現場で認められ、普及する

医療機器メーカー社員のやりがいのひとつは、自社製品の良さを知ってもらったり、適切なフィードバックを得て、より多くのニーズに応えられるよう改良できることが挙げられます。

大小さまざまな医療機器や消耗品を取り扱うメーカーが存在し、中には「この製品と言えばこの会社のもの」といった老舗的な製品も存在します。

医療の現場から、そのようなポジティブなフィードバックを得たり、新たな医療機関でも自社の老舗製品を紹介して採用されることは誇らしく、やりがいを感じる瞬間でしょう。

医療機器メーカー社員のつらいこと、大変なこと

新たな製品を受け入れてもらう努力

医療機器メーカーに勤めていて大変なことのひとつとして、画期的な新製品を現場に広めることが挙げられるでしょう。

医療機関は命にたずさわる現場であるため、それなりのエビデンスや経験則がなければとびぬけた製品は採用されにくいのが実情です。

また、エビデンスが揃っていたとしても、今までのやり方で上手くいっていたなら、そのやり方を大切にしたいと感じる医療従事者は多くいます。

そういった現場の声を大切にしながら製品の良さを知ってもらうために、試供品を配布したりセミナーを開催したりと、さまざまな努力が求められます。

医療機器メーカー社員に向いている人・適性

製品や医療に興味を持ち続けられる人

医療機器とひとくちにいっても、大きな装置から小さな消耗品まで、さまざまなものがあります。

まずは、その会社で扱っている医療機器に興味があり、安全な使用方法や更なる新製品の開発などに意欲的な人が向いているでしょう。

また、医療機器は他の電気製品や消耗品と違い、取扱いに特別な注意を要したり、医学的な専門知識も必要となります。

そのため、人体のしくみや医療に興味を持って職務に取り組める人は、この仕事に適性があるといえるでしょう。

医療機器メーカー社員志望動機・目指すきっかけ

過疎地・遠隔地の医療に光明を見いだす

医療機器にはさまざまなものがありますが、志望動機として多いのは、あらゆる人々が医療の恩恵を受けられるような医療機器の開発をしたい、という理由です。

現在、国内でも海外においても、医師の深刻な不足に悩む地域がそこかしこに存在します。

そのような場所へ導入し、遠隔治療を可能にするような医療機器を開発して、医師不足を補い、救える命を救いたいという動機でこの職種に就く人が多くいます。

実際にその会社の製品を使用した経験から、製品をもっと多くの人に広めたり、より使いやすく改良して人々の役に立ちたいという思いを持つ人もいます。

医療機器メーカー社員の雇用形態・働き方

ほぼ正社員もしくは派遣社員

医療機器メーカーの社員は、大まかに分けて正社員と派遣社員がおり、営業職や社内のシステム運用などに関しては、派遣社員が行っていることがあります。

派遣社員は、紹介元の派遣会社に自分のスキルや希望する職種などを登録しておき、希望に合う求人があったときに派遣されます。

仕事内容としてはメーカーの正社員とほぼ変わりませんが、給与は時給換算のこともあり、正社員のような福利厚生を受けられない場合もあります。

正社員は、そのメーカーから給与をもらい、福利厚生も利用することができますが、派遣社員のようにさまざまなメーカーを経験するといったことはありません。

医療機器メーカー社員の勤務時間・休日・生活

所属する部門によって違いがある

医療機器メーカーの勤務時間や休日は、所属する部門によって異なります。

企画や開発にたずさわる場合、勤務時間はおおむね9時~18時の間で7~8時間勤務、休日は土日の週休二日制ということが多いです。

そのため、生活のリズムが不規則になってしまうということは少なく、仕事以外の予定も立てやすい場合が多いです。

一方で営業販売にたずさわる人の場合、自社製品を導入した手術への立ち会いや、夜間対応を行わなければならないこともあり、勤務時間や休日が定まりにくいようです。

医療機器メーカー社員の求人・就職状況・需要

志望する部門によって違いがある

医療機器メーカーの社員とひとくちにいっても、企画から販売までさまざまな事業部があるため、一概には語れません。

たとえば、営業職の中でもテクニカルサポート部を志望する場合は、臨床工学技士その他の医療系資格がないと応募できないこともあります。

一方、もっぱら自社製品の営業販売のみを行うセクションでは、文系大学の卒業者であっても応募でき、適性があると見なされれば採用となります。

また、研究開発部門の求人では理系の大学院卒以上が応募資格で、なおかつ後期課程を修了していなければ採用されないことも多いようです。

医療機器メーカー社員の転職状況・未経験採用

高学歴が求められることもある

別の医療機器メーカーからの転職である場合、とくに分析や設計などの開発にたずさわる部門では実務経験によって優遇されることもあります。

営業職ですと、メーカーによって主力製品や分野が異なるため覚えなおさなければならないことが多く、実務経験が有利に働くことは、研究開発職よりは少ないようです。

未経験採用、新卒採用で研究開発にたずさわる部門を志望するときは、理系の大学院を卒業していなければならないこともあります。

医療機器メーカー社員の現状と将来性・今後の見通し

海外でのさらなる躍進が期待される

日本の医療機器製造販売業界は、世界でアメリカに継ぐ第2位の売上高を誇っています。

医療機器の製造販売業は、常に病気やケガなどによる一定のニーズがあるため、景気の影響を受けにくいとされています。

また、世界規模での医療技術の向上、新興国の経済発展に伴う医療水準の向上などから、今後も世界規模でのシェア拡大が見込まれます。

世界的に活躍している医療機器メーカーはいずれも高収益を上げており、今後も日本国内の医療機器製造技術は、海外においても躍進が期待されるところとなっています。