このサイトは人材派遣会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「人材派遣会社社員」

仕事内容
人材派遣会社とは、派遣スタッフとして働きたい人に対して、派遣先となる企業での仕事をあっせんする会社です。具体的には、派遣先企業の「こんなスキルを持つ人材に来てほしい」といったニーズをヒアリングしたうえで、登録している多数の派遣スタッフの中からそれに見合う見合う人材をピックアップし、派遣先企業へと送り込みます。ときには派遣スタッフの教育やキャリアコンサルティングなども行い、企業と派遣スタッフの橋渡し役となり、双方にとってメリットのあるマッチングを行います。
なるには
人材派遣会社社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。大手では新卒採用として定期的な採用を実施しており、「総合職」として一括採用されたのち、本人の適性や希望に応じて「営業」「コーディネーター」といった各部門・職種に配属となる流れが一般的です。有利になる学部や学科はとくになく、理系出身者であっても就職は可能です。また、なかには既卒の未経験者を採用する人材派遣会社もあるため、未経験から人材派遣会社で働くことも不可能ではありません。
給料
人材派遣会社の平均年収は、400万円~500万円程度とされています。ただし、大手企業から中小零細企業までたくさんの企業があり、勤務先によって給料にはバラつきがあるでしょう。全体としては大手のほうが給与水準が高めの傾向にはあるようです。営業やコーディネーターの仕事に就く場合、人材紹介の契約が成立すると、売上の何パーセントかが「インセンティブ」として支給される会社もあります。成果を出せば出すほど給料に反映されるため、頑張り次第では、若くても大きな収入を得ることができます。
将来性
「人」でビジネスを手掛ける人材派遣業界は景気の波に左右されやすく、各社の業績は好況期と不況期とで大きく変わる傾向にあります。しかし、人材派遣会社は「企業と人材の橋渡し」的な役目を果たす存在として世の中から必要とされており、とくに最近では事務職のみならず、専門職、技術職、医療職など高度な専門性が要求される仕事でも派遣スタッフの需要が増しています。IT、医療、介護といったさまざまな業界の活性化や、人の可能性を引き出すことも、今後の人材派遣会社の使命だといえるでしょう。