1分でわかる「ジュエリーメーカー社員」

仕事内容
ジュエリーメーカー社員とは、おもに人々が身につける宝石や貴金属製品の製造加工を行う企業で働く人のことをいいます。

大手企業であれば自社製品をブランド展開して店舗を持ち、販売まで一貫して手掛けている場合もよくあります。

そのようなジュエリーメーカーでの仕事は、大きく企画・デザイン、製造、販売などに分けることができます。

また、他の業界の会社と同じように総務や経理といった管理の仕事に携わる人もおり、一人ひとりの社員が役割を持って働いています。
なるには
ジュエリーメーカー社員になるには、学校を卒業後、ジュエリーメーカーへ就職する必要があります。

職種によって求められる基礎的なスキルや知識、あるいは応募資格となる学歴が異なることがありますが、総合職の場合は大卒以上の人が採用されやすく、専門職や技術職では専門学校や美術大学の卒業生も多いといわれます。

特別な資格は求められないことが多いですが、まずはどのような職種を目指すのか考えていくことが重要です。
給料
ジュエリーメーカー社員の給料は、勤務先の企業によっても異なりますが、平均年収は大手企業で400万円~500万円程度、中小企業になると300万円~400万円程度のところが多いようです。

ジュエリー業界はピーク時に比べると市場の縮小傾向が続いていること、また景気の影響も受けやすいといった事情があり、平均年収は他業界と比べてやや低めとなっているようです。

各種手当が充実している会社では、基本給以外のところで比較的よい収入を得ている人もいるようです。
将来性
現代は不況などの影響から経済的な余裕がない人も増えているといわれ、人々の将来に対する不安感が増しているために、ジュエリー業界はとくに厳しい状況に陥っているといえるでしょう。

景気や流行の影響を受けやすいビジネスであることから、各社とも独自のブランドを展開したり、販売時のコンサルティングに力を入れたり、海外進出したりと、さまざまな戦略で生き残りをかけています。

そのような場で働く一人ひとりの社員にも、変化に対応する力が求められているといえるでしょう。