看護師の仕事内容

仕事内容

医師が患者の診察や治療を行う際に補助をしたり、病気や怪我の患者のケアを行う仕事です。

具体的には、血圧、体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの身のまわりの世話などを行います。1日の終わりには、次の担当の看護師のために、その日担当の患者の記録をつけたりと、非常に多くの仕事をこなしています。

大手病院では、手術の補助を専門としている看護師もいます。
手術室において、手術の準備や、執刀医へ器具を手渡しする業務などを担当します。

近年、医療の専門家が進んでいるため、看護師の仕事も専門性が求められるようになってきています。医師や薬剤師、栄養士など専門家でチームを組んで治療を行う「チーム医療」も進んできており、看護師はその中でも患者と最も接点がある医療従事者として、重要な役割を担ってきています。

看護職の種類

看護職には以下のような種類があります。それぞれの看護師の仕事内容については、リンク先のページをご確認ください。

担当別の看護師

看護師は、病院内での担当によって仕事内容が変わってきます。主な看護師の種類として、外来看護師、病棟看護師、オペ室看護師、ICU看護師があります。
外来看護師とは
病棟看護師とは
オペ室看護師とは
ICU看護師とは

看護師の専門資格

通常の看護師資格よりも高度な知識を求められる「専門看護師」や「認定看護師」という資格もあり、専門化が進んできています。
専門看護師の仕事
認定看護師の仕事

准看護師

医師や看護師の指示のもとで看護を行うことができる資格です。看護師免許と異なり、都道府県知事が交付する免許であり、国家資格ではありません。
看護師と准看護師の違い

保健師

病気の予防や衛生管理などを行います。保健師になるためには看護師の資格が必要です。
保健師の仕事

助産師

妊娠や出産などの助産行為に関わる仕事です。助産師になるためには看護師の資格が必要です。
助産師の仕事

活躍の場

看護師の活躍の場は、大学病院、公立・私立の病院、診療所などが一般的です。しかし、保健所や老人保健施設など、高齢化社会の進展に伴い、活躍の場は増えてきています。

就業場所別の看護師数

就業場所別の看護師数は病院が圧倒的に多く747,528人となっています。次に多いのが診療所の125,782人、介護施設の62,495人となっています。
就業所別の看護師数_24

仕事体験談