このサイトはオプトメトリストを目指す人のための情報サイトです。

オプトメトリストとは?

オプトメトリストは、「視る力」に問題のある患者さんの視力をアップするために、さまざまなサポートを行う仕事です。「目が健康で疾患がないか」を重視して治療を行う眼科医とは異なり、薬や手術に頼らず、独自のトレーニング方法などで患者さんの訓練を行ったり、生活習慣のアドバイスをしたりします。勤務先は眼鏡・コンタクトレンズ専門店やメーカー、眼科病院が主となりますが、日本ではまだ公的な資格がないため、専門職としてのオプトメトリストの歴史が長いアメリカなどの大学院で学び、知識を深める人もいます。IT化による視力低下に悩む人が増加する現代ですが、さらにはスポーツ選手に必要とされる視力を高める訓練、さまざまな障害のある方の視力の問題など、オプトメトリストがスキルを生かせる場面は多岐にわたり、今後の活躍の場のさらなる広がりが期待されます。

オプトメトリストの仕事内容

視力が良く健康な目であっても、両眼を一緒に使うことができないなどの問題があると、文字やモノなどを「上手に視る」ことはできません。

「目が健康で疾患がないか」を重視して治療を行う眼科医に対し、薬や手術に頼ることなく、「視る力」に問題のある患者の視力をアップするために、さまざまなサポートを行うのがオプトメトリストです。

オプトメトリストが用いる手法は多岐にわたります。

「ビジョンセラピー」や「ビジョントレーニング」と呼ばれる方法で目の訓練を行うことによって視力を引き出すこともありますし、患者の食生活を始めとする生活習慣を見直すことで視力の改善につなげることもあります。

メガネやコンタクトレンズなど視力矯正具の処方をする機会も多いので、医学的、光学的な知識も欠かせません。

オプトメトリストは、総合的な観点から「視る力」を引き出す仕事といえるでしょう。

アメリカやカナダ、ヨーロッパなどの多くの国では、すでにオプトメトリストが高度な専門職として認められています。

オプトメトリストになるには・必要な資格は?

オプトメトリストは、日本ではまだ公的に認められていない職業であるため、公的な資格はありません。

眼鏡専門学校などでオプトメトリーに関する知識や技術を学んだ後、日本オプトメトリック協会(JOA)が実施するオプトメトリスト認定試験を受験し認定を受けるのが、オプトメトリストになる近道です。

オプトメトリストとして活躍するには、眼鏡・コンタクトレンズ専門店やメーカー、眼科病院に就職する方法があります。

その場合は、顧客と相対する臨床的な業務が多くなりますが、総合的な「視る力」の研究に深く携わりたいという方は、医療機器メーカーに就職したり、研究員として勤務する道もあります。

さらに、高度な専門知識を身に着けたい場合は、専門職としてのオプトメトリストの歴史が長いアメリカなどの大学院で学ぶこともできます。

アメリカでは100年以上の歴史があり、オプトメトリーの大学が設けられ、卒業後はドクター・オブ・オプトメトリーの称号を得ることができます。

オプトメトリストに向いている人

オプトメトリストは「目の健康」を通して、「視る力」を回復させる仕事なので、目に対する興味は必須です。

医師ではないので治療は行いませんが、オプトメトリストの守備範囲は広く、目の使い方や生活習慣のチェックから、視力矯正具などの処方まで及びます。

目に関する医学的な知識は重要ですが、従来の医学にとらわれない視点や、視力を生活習慣のレベルまで落とし込んで考える力も必要となります。

視力の低下は糖尿病や高血圧、脳腫瘍などの重大な病気が原因となることもあり、オプトメトリストが医療の入り口としての機能を果たすこともあります。

そのため、オプトメトリストには、医師と連携する協調性も求められます。

オプトメトリストの就職状況・雇用形態

オプトメトリストには、眼鏡・コンタクトレンズ販売店、眼科病院、眼鏡・コンタクトレンズのメーカー、医療機器メーカー、研究職など、さまざまな就職先があります。

どういった企業に所属するかで、仕事の内容は異なります。

眼鏡・コンタクトレンズ専門店であれば、眼鏡やコンタクトレンズの処方、顧客の目の健康チェックといった業務が主体となります。

日本ではまだ限られていますが、ビジョンセラピーを主体として視力の回復を促す治療院もあります。

その場合は患者とより緊密に関わり、視力回復のトレーニング等を行います。

オプトメタリストとして経験を積むことで、将来、独立開業を目指すこともできます。

オプトメトリストの給料・年収・待遇

オプトメトリストのお給料は、眼鏡・コンタクトレンズ専門店に就職した場合、月給20万円~25万円程度のことが多いようです。

眼鏡・コンタクトレンズのメーカーに就職する場合も初任給は同程度ですが、昇給や福利厚生などの待遇は、メーカー勤務の方が高くなります。

研究職では、研究成果によって年収アップを図ることも可能です。

いずれの場合も、オプトメトリストとしての技量を磨くことはもちろん、「SSS級認定眼鏡士」などの高度な資格を取得することで、年収がアップすることがあります。

独立開業する場合は「視力回復センター」などを開設し、目の使い方の訓練などに携わることが多いです。

まだ幅広い社会的認知が得られていない職業だけに、独立開業を成功させるためには、オプトメトリストとしてのスキルだけではなく、自ら顧客を開拓して情報を発信するマーケティング力なども必要です。

オプトメトリストの生活・勤務時間・休日

メーカー等に勤務する場合は、勤務時間や休日は定められているため、比較的規則正しい生活ができます。

眼鏡・コンタクトレンズの専門店であれば、勤務時間は定められているもののシフト制で勤務することが多く、土日祝日の出勤もあります。

いずれも残業は比較的少なく、出張なども少ない安定した職種ということができます。

正社員として勤務をした場合、社内での役職が付くことにより、オプトメトリストとしての仕事よりもマネジメント業務が多くなることも考えられます。

研究職の場合は、勤務時間に係わらず昼夜を問わず研究に没頭することができます。

オプトメトリストの現状と将来性

ITの発展などにより、現在、日本の眼鏡人口は約7,500万人に上り、人口の60%を占める割合であることから、何らかの視力矯正具を必要としています。

視力の低下が、パソコンなどの長時間の使用や間違った目の使い方が原因であることも多く、オプトメトリストの仕事が注目されています。

ゲームなどの普及によって視力が低下する子供も増えているため、学校教育の中での視力教育など、オプトメトリストの活躍の舞台は、今後ますます広くなると考えられます。

さらには、スポーツ選手が必要とされる視力を高める訓練、さまざまな障害のある方の視力の問題など、オプトメトリストが係わる仕事の範囲は多岐にわたっています。