ICU看護師とは

ICU看護師の仕事内容

ICUに収容されている患者さんは、手術直後であったり、急性機能不全であったりと、短時間に変化する可能性があり、集中的な治療が行われます。

ICUで働く看護師もまた、幅広い知識をもとに、集中的な治療介助、看護、観察を行い、患者さんの生命維持を支えていくことが求められます。

ICUの看護師は、特に下記のようなことが求められます。

患者さんに対する働きかけ

ICUにおいても、看護師の仕事の対象は、生身の患者さんです。

重篤であったり、急性期であったりして、意思の疎通が図れない場合、患者さんの理解や協力が得られない場合など、コミュニケーションがとりにくいことも多々ありますが、状況が許す限り、患者さん安全と快適を提供することを忘れてはいけません。

家族の精神的ケア

ICUは、面会や入室が一般病棟より厳しく制限されているため、入院患者さんの家族は、思うように様子を見ることができません。

特に、乳幼児を対象としたNICUでは、家族の不安ははかりしれません。そのような家族に対するケアも、ICU看護に求められます。

医療スタッフ間の連携

ICUでは、短時間に多くの職種が1人の患者さんのケアに当たります。この時、スタッフ間の連携が取れていないと、適切な治療を行うことができないばかりでなく、医療ミスになりかねません。

皆が医療チームの一員として、情報を共有していく意識を持ち仕事を行う必要があります。

医療機材に対する知識

ICU看護師は、病気や看護に必要な知識はもちろん、医療器械、機材に対する知識も要求されます。なぜなら ICUに収容されている患者さんは、呼吸器や心電図など、24時間生命を維持・管理するための器械が取り付けられているからです。

これらは、その必要性の高さから、就職後も何度も勉強会が行われていますから、苦手意識を持たず、むしろ「みんな苦手だけどできるようになる」と思った方がよいでしょう。

重篤で、継続的な治療・観察を要する患者さんのケアを行うICUは、非常に緊張感が高い部署です。

しかし、医療チームが一丸となり、短期間に集中して密度の濃い医療、看護を行うことで、患者さんが回復した時は、深い充実感に包まれます。

仕事体験談