「医療秘書」とは

医療秘書_画像

医療機関における事務職のスペシャリスト。医師や他スタッフの活躍を裏方でサポートする。

医療秘書は、医療機関における事務職のスペシャリストです。

病院や薬局、製薬会社などで働いており、来客のもてなしや電話応対、郵便物の整理など一般企業の秘書と同じような業務もあれば、学会の資料作成の手伝いといった医療現場ならではの業務もあります。

この職業に就く上で国家資格や免許は必要ありませんが、医療秘書の技能検定に合格してから採用試験を受ける人が多いようです。

給料は月収15万〜25万円ほどで、正規雇用だけではなく非正規雇用も多いという現状があります。

「医療秘書」の仕事紹介

医療秘書の仕事内容

医療機関でスタッフをサポートする

医療秘書は、医療機関における事務職のスペシャリストともいえる職業であり、事務職の技能に長けているだけでなく、医療分野における幅広い知識も持ち備えた職種です。

病院や薬局、製薬会社などで働いており、来客のもてなしや電話応対、郵便物の整理など、一般企業の秘書と同じような業務もします。

ときには患者さんと医師、看護師、ソーシャルワーカーなど、スタッフの間の連絡やスケジュール調整などの業務もこなします。

また、学会で発表する研究論文の資料作成を手伝うなど、医療現場ならではの業務もあります。

医療秘書と間違われやすい職業に「医療事務」という職業がありますが、医療事務の場合は診察費の会計やカルテ整理など、患者への対応がメインです。

医療秘書の場合は、一緒に働くスタッフへのサポートをメインとしているところが、医療事務は違う点になります。

医療秘書の就職先・活躍の場

ある程度規模の大きい医療機関

規模の大きくないクリニックなどでは、医療秘書的な業務は看護師や医療事務などが兼務することが多く、あまり活躍の場はありません。

ある程度規模が大きく、院内スタッフの種類や人数も豊富で、間を取り持ったり、煩雑な事務作業が多い病院で、医療秘書は活躍します。

規模の大きい病院では入院施設があるところが多く、その場合、医療秘書も外来担当・病棟担当などと分かれて仕事をします。

外来担当では、外来患者さんの受付や診療補助、事務作業の代行、外来医師のスケジュール管理などをします。

病棟担当では、入院患者さんの診療補助や事務書類の作成、病棟医師のスケジュール管理、リハビリスタッフと医師や看護師の間の連絡調整などを担当します。

医療秘書の1日

医療秘書は担当する場所によって仕事内容が異なり、外来担当の場合は、病棟担当よりもさまざまな患者さんと接する機会が多くなります。

ここでは、ある病院の外来診療を担当する医療秘書の1日を例に挙げてみましょう。

<外来担当の医療秘書のスケジュール>
08:00 出勤
着替え、本日の予約患者の把握、作業の準備などを行います。

08:20 ミーティング
看護師などのスタッフと共に、必要な連絡事項を共有します。

09:00 午前診療開始
患者さんの受付の手伝い、問診票受付、診療の補助、検査をする患者さんの案内などをこなします。

11:30~14:00 交代で休憩
午前の患者さんの診察が終わりに差し掛かると、交代で休憩をとります。

16:00 午後診療開始
午前と同じく患者さんの診療補助などをこなしつつ、診断書の作成補助、予約調整、患者データの代行入力や書類整理などを行います。

18:00 終業
午後の患者さんの診察が終わり、事務作業などを済ませたら本日の業務は終了です。

医療秘書になるには

医療秘書技能検定を受けておくとよい

医療秘書は、特定の国家資格や民間資格を取得していなければ就くことができない職業ではありません。

学歴や年齢制限もなく、病院などの求人に応募して採用されれば、誰もが医療秘書として働くことができます。

しかし、医療に関する知識と高い事務の技能をあわせ持っていないと、スムーズな対応ができないという実情から、医療秘書の技能検定に合格した上で就職活動をする人も多いようです。

専門学校や通信教育でも医療秘書の講座を開いているので、こうした講座を受講してから就職すると即戦力として重宝されるでしょう。

また数は少ないですが、一部の薬科大学や福祉大学でも医療秘書になるための知識を習得できるところがあります。

医療秘書の学校・学費

医療秘書になるための学校がある

医療秘書になるためには、必須の資格や学歴はありません。

しかし医療秘書になるためには、事務の高い技能に加え、医療に関する基礎的な知識や、医療事務に関わる知識も必要になってきます。

現在では医療秘書になるための養成学校もあり、診療受付での対応や患者さんに応対する際のマナー、医療分野に関する知識に加え、事務作業に使用するPC操作など様々な勉強ができます。

医療秘書専門学校の学費は、2年間で約200万円前後になります。

医療秘書の資格・試験の難易度

医療秘書技能検定がある

医療秘書になるにあたって、自分の技能が医療秘書としてふさわしい水準に達している指標として「医療秘書技能検定」を受けておくのもいいでしょう。

医療秘書技能検定は、医療秘書教育全国協議会が主催する検定試験で、医療分野における事務職としての技能を認定するものなので、受けておいて損はないでしょう。

この技能検定は誰でも受験可能で、検定試験対応のテキストも協議会のホームページで紹介されているので、やる気さえあれば独学でも受験できます。

医療秘書の給料・年収

勤務する医療機関によって差がある

医療秘書の給料や年収に関しては、勤めている医療機関の規模や経営状態によって大きく差があります。

また、正規雇用か非正規雇用なのかによっても違いがあるため、一概にはいえないところがあります。

一般的には、総合病院で働く正社員の場合、月収が15万円〜25万円ほどになることが多いようです。

また、派遣社員や契約社員の場合は月収15万円以下、パートやアルバイトの場合は時給が800円〜1000円ほどの場合もあります。

給料に関しては一般的な事務職とそれほど変わらないというのが実情のようです。

病院正職員の場合、勤めている勤務先の福利厚生を受けることができます。

医療秘書のやりがい、楽しさ

院内スタッフを陰ながら支える

医療秘書は、院内スタッフのサポートに徹する仕事ですが、いるといないとでは大きな差が出てきます。

医療秘書がさまざまな事務的処理を請け負ってくれるおかげで、それぞれのスタッフが専門とする仕事に集中することができます。

ですから、スタッフが専門外の事務処理に追われることなく、スムーズに職務に取り組んでいる姿を見られることが医療秘書のやりがいといえます。

また、スタッフ間の意思疎通を適切にサポートでき、チーム医療の一員として職務をまっとうできたと実感するときにやりがいを感じるでしょう。

医療秘書のつらいこと、大変なこと

中間管理職的な立場になることも

医療秘書の仕事は院内の事務処理だけではなく、医者と患者や、院内スタッフの間の連携をとることも重要な仕事です。

ですが、人を相手にしている以上、考え方や仕事の進め方などはそれぞれであり、そういった人たちの間を上手に取り持つためには神経を使うこともままあるでしょう。

患者さんからも声を掛けられやすい場所にいることも多いため、いろいろな不調を抱えた患者さんの相手をしなくてはなりません。

また、たくさんの事務仕事が重なってしまうと、ひとつひとつをこなすのに時間がかかり、大変です。

医療秘書に向いている人・適性

影で活躍したい人、人が好きな人

医療秘書はスタッフのサポート約であり、決して表舞台で目立つような仕事ではありません。

ですので、あまり目立たない立場で人の役に立ちたい人、縁の下の力持ち的な立場で役立つのが得意な人には特性があるといえるでしょう。

さらに、医療秘書の大切な仕事として、患者さんや院内スタッフ、また院内スタッフ同士の間で調整を行うといった業務があります。

円滑に間をとりもつためには、人と接することが苦にならない、むしろ好きな人のほうが長く勤めるうえでも向いているといえます。

医療秘書志望動機・目指すきっかけ

医療秘書ならではのやりがいがある

医療秘書は、医療機関にいるスタッフの中でも医療行為に関わることのない人材です。

ですが、医療行為にたずさわるスタッフが自分の職務に集中できるようにサポートできるのは、医療秘書などの事務職がサポートしてくれているからです。

病院の受付などで働くスタッフを見て、医療行為を自分がするのには抵抗があるが、患者さんの役に立てる仕事として医療秘書を目指す人は多くいます。

医療秘書の勉強をしておけば、事務職の中でもたずさわることができる範囲が広がり、より多くのことをこなすことで、間接的に患者さんの役に立てるというのも、動機のひとつとしてあります。

医療秘書の雇用形態・働き方

派遣社員や契約社員が多い

医療秘書の雇用形態で多いものは、派遣会社に登録した人が病院に派遣されるかたちです。

派遣社員の場合、給与は月給ではなく時給換算になり、勤務先にもよりますが福利厚生もそこまで手厚くない場合が多いです。

ただ、派遣中に良い業績を残しておくと、正社員として登用されることもあります。

契約社員の場合はあらかじめ任期が決まっている社員で、任期が満了すると退職になります。

こちらもそれほど待遇は良いとは言えず、更に任期が決まっているので、次の勤務先についても考えておく必要があります。

一方、任期が決まっていることで職場の人間関係にそれほど左右されないという利点もあります。

医療秘書の勤務時間・休日・生活

残業や夜勤のある職場もある

医療秘書の勤務時間は、就職先によって違いがあります。

基本的には8:30~17:30くらいの時間帯での業務になりますが、職場によっては早番や遅番、夜勤がある職場もあります。

ただし、休日は週に2日の割合でとれるところがほとんどで、土日祝日が休みであったり、4週8休のこともあります。

また、パート勤務だと、週に2~3日、1日5〜6時間というところもあり、この場合、子供が幼稚園にいる間だけ働くことも可能です。

医療秘書の求人・就職状況・需要

事務的な立場での需要が多い

医療秘書は、医療施設における事務のエキスパートであることから、医療事務的な立ち位置での業務のできる人材を求める求人が多くあります。

そのため、診療報酬明細書(レセプト)作成や、診察受付、カルテの準備と整理、事務作業代行など、幅広い業務を任される可能性が高いでしょう。

さらに電子カルテの入力代理や管理、患者さんの案内も任されることがあるため、診療情報管理士や医療クラークの資格もあると就職に有利に働くことがあります。

医療秘書の転職状況・未経験採用

医療事務系・医療情報系の資格は有利

医療秘書は、未経験でも歓迎という求人も多くありますが、その場合アピールポイントとして医療事務系の資格や診療情報管理士の資格もあると有利です。

転職する際も同じく、医療の事務的な認定資格を多く取っておくとよいでしょう。

具体的には、医療秘書の他に医療事務、診療情報管理士、医療クラーク、医事コンピュータ技能検定、診療報酬事務技能検定、調剤報酬事務技能検定、パソコン技能検定などです。

これらは医療秘書を養成する専門学校に通うことでひと通り学ぶことができます。

医療秘書の現状と将来性・今後の見通し

専門化・細分化が予想される

医療秘書という職業はまだその歴史も短く、世間での認知度も高いとはいえない職業であり、求人自体もそれほど多いわけではありません。

しかし、医師や看護師の不足により過重労働やスタッフ間の連携を図ることが難しい医療現場も少なくありません。

そのような状況下において、医療機関での事務的作業を一手に引き受けることのできる医療秘書の存在に注目している病院もあるようです。

診療科の専門化や細分化に伴い、医療系の事務職もさらに専門性を増し、細分化されていくと考えられています。

今後、医療秘書という職業の認知度や需要の高まりには大いに期待ができる状況といえるでしょう。