このサイトは医療秘書を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「医療秘書」

仕事内容
医療秘書は、医療機関における事務職のスペシャリストです。病院や薬局、製薬会社などで働いており、来客のもてなしや電話応対、郵便物の整理など一般企業の秘書と同じような業務もあれば、学会の資料作成の手伝いといった医療現場ならではの業務もあります。「医療秘書」と似ている職業として「医療事務」という職業がありますが、医療事務の場合は会計やカルテ整理など患者への対応がメインであるのに対して、医療秘書の場合は一緒に働くスタッフへのサポートを主な仕事としているという違いがあります。
なるには
医療秘書は、特定の国家資格や民間資格を取得していなければ就くことができない職業ではありません。学歴や年齢制限もないので、病院や薬局などの求人に応募して採用されることで誰もが医療秘書として働くことができるようになります。ただし、医療に関する知識がなければスムーズな対応ができないという事情があり、医療秘書の技能検定を受けて合格した上で就職活動をする人も多いようです。民間の専門学校や通信教育でも医療秘書の講座を開いているので、こうした講座を受講してから就職すると即戦力として働ける可能性が高まるでしょう。
給料
医療秘書の給料や年収に関しては、勤めている雇用先の規模や経営状態によって大きく差があります。また、雇用形態が正社員なのか、派遣社員か契約社員などの非正規雇用なのかによっても違いがあるので一概にはいえませんが、一般的に総合病院で働く正社員の場合は月収が15万円〜25万円ほどになることが多いようです。また、派遣社員や契約社員の場合は月収15万円以下、パートやアルバイトの場合は時給が800円〜1000円ほどになることもあります。給料に関しては一般的な事務職とそれほど変わらないというのが実情のようです。
将来性
医療秘書という職業はまだその歴史も短く、世間での認知度も高いとはいえない職業です。求人自体もそれほど多いわけではありません。しかし、医師や看護師不足で疲弊している医療現場が多いなか、事務仕事を一手に引き受けてくれるスペシャリストである医療秘書の存在に注目している病院もあるようです。今後は医療系の事務職もさらに細分化し、それぞれの職業の専門性が高まっていくと考えられているので、医療秘書という職業の認知度や需要の高まりには大いに期待ができる状況といえるでしょう。