このサイトは移植コーディネーターを目指す人のための情報サイトです。

移植コーディネーターとは?

移植コーディネーターは、移植医療において提供者(ドナー)と移植者(レシピエント)を調整する仕事です。移植には「臓器移植」「組織移植」「骨髄移植」「死体移植」「生体移植」といった分類があり、たとえば臓器移植において臓器提供病院に出向く「ドナーコーディネーター」は、ドナー評価、家族への説明、承諾書作成、ドナー管理、臓器摘出計画、臓器運搬、移植の立会い、ドナー施設や家族への報告を行います。ドナーコーディネーターは主として「公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク」に所属する人と、日本臓器移植ネットワークから委嘱を受けた「都道府県コーディネーター」の2種類に分けられますが、人数は多くありません。アメリカに比べて臓器移植の発展が遅れている日本ですが、改正臓器移植法の施行で移植数が激増しているなか、移植コーディネーターの大幅な増員が実現する日も来るかもしれません。

移植コーディネーターの仕事内容

移植医療において提供者(ドナー)と移植者(レシピエント)を調整するのが移植コーディネーターの仕事です。

移植には「臓器移植」「組織移植」「骨髄移植」「死体移植」「生体移植」といった分類があります。

臓器移植の場合、1件のドナー情報に対して約10人のコーディネーターが関わります。

臓器提供病院に出向く「ドナーコーディネーター」は、ドナー評価、家族への説明、承諾書作成、ドナー管理、臓器摘出計画、臓器運搬、移植の立会い、ドナー施設や家族への報告を行います。

一般的に移植医師や看護師が兼任する「レシピエントコーディネーター」は、移植登録、移植希望者の意思決定支援、移植準備支援、移植手術の説明、移植の立会い、移植臓器機能の把握、精神的サポート、家族支援、生活・自己管理支援、データ管理を行います。

移植コーディネーターになるには・必要な資格は?

業務内容は同じですが、おもにドナーコーディネーターを務める移植コーディネーターには2種類あります。

公益社団法人「日本臓器移植ネットワーク」に所属するコーディネーターと日本臓器移植ネットワークから委嘱を受けた都道府県コーディネーターです。

移植コーディネーターになるための研修、セミナー、講習会、認定試験、公募は不定期に日本臓器移植ネットワークが行っています。

応募資格は、医療国家資格保有者(看護師、臨床検査技師など)、または大学卒業者かつ医療福祉分野(臨床心理士、社会福祉士など)の実務経験者です。

さらに普通自動車運転免許保有者、24時間対応や全国への出張、転勤が可能な人に限られます。

移植コーディネーターに向いている人

臓器提供は提供者および家族の善意で行われます。

ただ提供候補者(ポテンシャルドナー)であっても実際に提供するときには、ご家族のあいだで精神的な葛藤が起きることもあります。

人の話を聞くことが得意な人、細やかな気配りができる人は適性があるでしょう。

またドナー情報はいつ入るかわかりません。そのため昼夜を問わず、対応する心構えが必要です。

忍耐力のある人、どこでも眠ることができる人は移植コーディネーターに向いているといえるでしょう。

さらにチームワークが重要な職業でもあるため、コミュニケーション能力が高い人も適性があります。不規則になりがちな勤務形態のなかでもしっかり休むなど、気持ちの切り替えが上手な人も向いているでしょう。

移植コーディネーターの就職状況・雇用形態

移植コーディネーターの働き方として、公益社団法人「日本臓器移植ネットワーク」の全国8ブロックセンターに社員として所属するというものがあります。

ただし公募は不定期に行われ、年に2~3人程度で毎年とは限りません。

都道府県コーディネーターの雇用形態には3種類あります。

1.所属する病院や団体の職員として勤務しながらの兼任
2.臓器バンクの財団法人に専業の団体職員として所属
3.都道府県職員(地方公務員)として1人で業務を行うという形態

です。

ただし地方財政の関係で都道府県コーディネーターはフルタイムで稼働できない現状にあります。

あとはいわゆる「院内コーディネーター」のレシピエントコーディネーター、つまり移植医師や看護師といった医療福祉関係者になります。

移植コーディネーターの給料・年収・待遇

日本臓器移植ネットワークの全国8ブロックに所属する移植コーディネーターは約20人です。

年収は350~450万円程度といわれていますが、役職、地域、住宅、扶養などの手当があり、休暇や昇給などの待遇は手厚いでしょう。

そのほか都道府県コーディネーターは約50人です。医療福祉関係者として勤務しながら兼任する場合もあります。

また地方公務員や団体職員として勤務しながら、専業で移植コーディネーターを務める人もいます。ともあれ勤務先に準じた収入になるでしょう。

あるいは移植経験者がボランティアでレシピエントコーディネーターになることもあります。

また時給1500円程度で週5日、1日6時間勤務といった非常勤職員もいます。

移植コーディネーターの生活・勤務時間・休日

人数は非常に少ないですが、専業でフルタイムワーカーの移植コーディネーターは、土日祝が休日の平日週5日、9:00~17:30の1日8時間勤務が基本でしょう。

ただし、夜間や休日を含めた、緊急対応や待機が必要になります。

社内で事務作業をしたり、ドナー情報対応のため病院で勤務したり、病院やドナーファミリーを訪問したり、普及啓発イベントの対応をしたりします。

イベントやドナー対応で土日や夜間に出勤した場合は平日に代休を取ります。

また遠方の病院への訪問や勉強会、講義を開催するために出張することもあります。

決まった日に必ず休むことは叶わないかもしれませんが、休日はしっかりリフレッシュすることが重要になります。

移植コーディネーターの現状と将来性

1997年、脳死移植を認める「臓器移植法」が施行され、国内の移植医療がスタートラインに立ちました。

しかし年間7,000~8,000人のドナーがいるアメリカと比べると、ほとんどが生体移植の日本はまだ遅れているといわざるを得ません。

ただ、2010年に「改正臓器移植法」が施行され、提供者本人の意思が不明でも家族が書面で承諾すれば提供可能になるなど、移植数は激増しています。

また移植コーディネーターの増員も検討されるなど、国内の移植医療の発展に期待は高まっています。

現状、専業の移植コーディネーターは全国に70人程度しかいませんが、今後は提供者の家族に対する精神的なケアがさらに重要になるでしょう。

医療福祉関係者が兼任することの多い現状を打破するような業界全体を見すえた移植コーディネーターの出現が望まれます。