看護師の仕事内容

看護師の仕事とは

看護師の仕事は、病気や怪我を抱えている患者さんの診察・治療の補助や、患者さんの医療的・精神的なケアを行うことです。

具体的には、血圧・体温・脈などの測定、注射・点滴・採血といった治療補助、さらには入院患者さんの食事・入浴・ベッドメーキングなどの身のまわりの世話などを行います。

患者さん本人と、その家族の精神的なケアをするのも、看護師の大事な役割の一部です。

看護師の代表的な勤務先は、病院や診療所を中心に、高齢者施設や保育園など多岐にわたります。

訪問看護ステーションのように、病気や怪我を抱えながら自宅で暮らす患者さんの家に訪問し、ケアをすることもあります。

病院勤務であっても、外来を担当する看護師、病棟で入院患者さんのお世話をする看護師、あるいはオペ室で手術の補助に関わる看護師など、さまざまな働き方があります。

いずれの場合でも、看護師は医師や他の医療専門スタッフとチームを組みながら、患者さんの健康と命を支えています。

看護師の業務の内容

看護師の業務は多岐にわたりますが、大きく以下2つに分けられます。

・診療の補助
・入院患者さんの援助・介助

それぞれについて詳しく解説します。

診療の補助

医師が患者さんの診療にあたるときに、その補助的な業務に携わります。

具体的には、以下のような業務があります。

・血圧や体温・脈拍などの測定
・注射や採血
・診療に使う器具の準備

など。

診療の補助とはいえ、すべてが患者さんの健康に関わることですし、万が一ミスをすれば大きな医療事故につながる可能性もあります。

看護師は、診療中は常に高い集中力を保ちながら、医師と連携し、診療がスムーズに進むように動かなくてはなりません。

また、次々に忙しく診療を行う医師の代わりに、患者さんの体調の様子をヒアリングしたり、診察結果の説明を行ったりすることもあります。

入院患者さんの援助・介助

入院患者さんを抱える大きな病院では、看護師は、入院中の患者さんのケアにも携わります。

具体的には、たとえば以下のような業務があります。

・食事を配膳する
・排せつの補助
・入浴時の介助
・体位交換

入院患者さんは病気や怪我によって、何かしらの不自由さを抱えています。

看護師は、そのような患者さんが日常生活を快適に過ごせるようにサポートするとともに、ときに患者さんの話を聞くなどし、不安をとりのぞく精神面のケアも行います。

また、日々のケアで患者さんの異変を感じたら、すぐに医師に報告して適切な処置を施します。

看護師の役割

専門的立場で、患者さんの看護業務に携わる

看護師の役割は、「保健師助産師看護師法」という法律によって、「傷病者、またはじょく婦(出産後の女性)に対し、療養上の世話や診療の補助を行うこと」と定義されています。

医師の診療補助や、病気や怪我を抱える人の日常生活の援助といった看護業務は「業務独占」にあたります。

つまり、医師や歯科医師、看護師、准看護師以外が看護の仕事を行うことは認められていません。(ただし臨床検査技師理学療法士作業療法士らが、自身の役割のなかで一部の看護業務に携わることは認められています)

ひとことで看護師といっても、日本全国には非常に多くの医療施設があり、勤務先によって仕事の進め方は多少異なります。

また、大きな病院ではひとつの診療科に何人もの看護師が所属し、お互いに業務分担をしながら働きます。

医療チームで最適な支援方法を検討する(カンファレンス)

現代の医療現場では、「チーム医療」の考え方で治療が勧められていきます。

チーム医療とは、医師や看護師をはじめ、薬剤師、リハビリ職、検査技師、栄養士といった、異なる立場の医療専門職のスタッフが連携し、お互いの専門性と能力を発揮しながら、患者さんの治療を行うことです。

そのなかで、看護師は「患者さんに最も身近な立場の一人」として、患者さんとコミュニケーションを図りながら、患者さんの身体状態を把握します。

患者さんのなかには、思うように話せない人や、精神面が不安定な状態になっている人などもいます。

そうした患者さんに対しては、言葉以外の部分からも情報を集め、心身の状態を医師らに伝えます。

このように、医療スタッフがチームを組んで、一人ひとりの患者さんに最適な治療計画を立てていくことを「カンファレンス」といいます。

看護師の勤務先の種類

医療機関以外にも多数の活躍の場がある

看護師の代表的な勤務先は、以下の通りです。

・病院や診療所などの医療機関
・介護保険施設
・訪問看護ステーション
・社会福祉施設
・保健所
・民間企業

など。

また保育園や学校、検診センター、美容クリニックなども看護師が活躍できる場です。

このように、人の健康を支える看護師は、多岐にわたる場所で必要とされています。

また、ひとことで「病院」といっても、配属先によって看護師の仕事の進め方は多少変わってきます。

たとえば大きな病院では外来だけでなく、病棟やオペ室、ICUといった場所で働くこともあります。

各部門で働く看護師の詳しい情報は、以下のページで紹介しています。

外来看護師とは

病棟看護師とは

オペ室看護師とは

ICU看護師とは

専門資格を取得して活躍する看護師も

通常の看護師資格よりも高度な知識を求められる「専門看護師」や「認定看護師」として働く看護師もいます。

これらの資格を持っていると、より高いポジションで看護に携われるチャンスがつかみやすく、さらに活躍の場が広がっていきます。

専門看護師の仕事

認定看護師の仕事

看護師の病院以外の勤務先・活躍の場

看護師の仕事の流れ

看護師の勤務先の種類は多岐にわたるため、どのような場で働くかによって、仕事の流れも大きな違いがあります。

入院患者さんを抱えている病院だと、1日24時間のなかで、複数の看護師が交替しながら働くことになります。

他の看護師としっかりと連携をし、常に情報共有を欠かさず、それぞれの患者さんに適切なケアをしていくことが看護師の中心的な業務です。

一方、外来担当や地域の診療所で働く場合は、診療時間内に次々に訪れる患者さんに対して、医師がスムーズに診察できるように補助していきます。

個人経営の小さな病院と、大勢の医療スタッフが働く大病院では、働く環境や雰囲気もかなり異なると考えておいたほうがよいでしょう。

看護師と関連した職業

看護師と関連した職業はいくつもありますが、代表的なものを紹介します。

看護師と准看護士の違い

看護師と最も似ている職業といえるのが「准看護師」です。

准看護師の定義は、「都道府県知事の免許を得て、医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて療養上の世話、または診療の補助を行なう」仕事とされています。

看護師のような国家資格ではないことと、医師や歯科医師、看護師の指示を受けなければ看護業務ができないことが、看護師との大きな違いです。

准看護師になるための学校は、高校卒業後に進学できる看護系の大学や短大、専門学校と、中学卒業後に進学できる准看護師養成所や高等学校の衛生学科があります。

いずれの学校への進学を選んでも、その後、准看護師試験に合格する必要があります。

准看護師は、手掛けられる看護業務の範囲に看護師との差はありません。

しかし、職場によっては看護師よりも准看護師の待遇がよくないことや、将来的に准看護師制度が廃止される可能性も議論されていることなどから、准看護師を目指す人は減少傾向にあります。

看護師と准看護師の違い

看護師と助産師の違い

「助産師」は、看護師と同じように医療に関わる専門職です。

助産師の最大の特徴は、妊娠や出産などの助産行為に関わる業務に携わることで、助産は医師と助産師にしか認められていません。

ただ、助産師になるためには前提条件として看護師免許が必要です。

そのうえで産科に関する専門的な知識を身につけ、指定の養成期間で1年以上の教育や実習を受け、助産師国家試験に合格すれば、助産師免許が取得可能です。

看護師免許と助産師免許を同時に取得できる学校もあります。

幅広く看護の知識・技術をもつ看護師と違い、助産師は出産・分娩のケアをするスペシャリストといえます。

助産師の仕事

看護師と保健師の違い

「保健師」は、病気の予防や衛生管理などに携わる職業です。

保健師は、人々病気の予防や健康増進・健康管理を目的として、幅広い年齢層の人々に対して保健指導を行います。

民間企業で働く保健師は「産業保健師」、学校で働く保健師は「学校保健師」、保健所などの行政機関で働く保健師は「行政保健師」とも呼ばれます。

保健師になるためには、助産師と同じように前提条件として看護師の資格が必須です。

まずは看護師養成課程で学び、看護師国家試験に合格してから、保健師養成所に通って保健師国家試験への合格を目指す必要があります。

また、保健師と看護師の国家試験受験資格を同時に得られる大学もあります。

保健師の仕事

看護師の「仕事内容」の口コミ投稿

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    クリニックの看護師 ひっぴぃさん

    33歳 女性 経験4年5ヶ月 東京都

    退職済み(その他)


    東京都内の整形外科クリニックに勤務していました。

    医師は1人、看護師は常勤2人、非常勤4人程度が在籍しており、その中でシフトを組み基本的に2~3人で仕事を分担していました。

    仕事内容は、患者さんのアナムネ(症状や既往歴、内服薬など)を聴取しカルテに記入、医師に検査の指示をもらう、診察介助、診察後は指示により採血や注射、リハビリへ案内するなどの対応をします。

    診察の介助は主に、医師

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    介護老人保健施設(老健)の看護師 ぴーさん

    24歳 女性 経験2年3ヶ月 北海道

    現職(正社員)


    勤務地は横浜で、規模は2フロア(最大50人×2)の介護老人保健施設です。

    仕事内容は、利用者の健康管理(バイタル測定・急変時対応・経管栄養・血糖測定・インシュリン注射・採血・導尿・バルーン管理・便処置・病院受診付き添い・内服薬管理等)やパット交換、離床介助、食事介助などになります。

  • 仕事内容
    4.50
    仕事内容
    4.50

    総合病院の看護師 キャリアさんさん

    30歳 女性 経験9年1ヶ月 北海道

    現職(正社員)


    市内で一番大規模な総合病院のがんの患者さんが入院する病棟で看護師の一般スタッフとして働いています。

    がんの治療のために手術や抗癌剤で治療をする患者さんの診療の補助を行います。

    また自分で清潔にできない方の身体拭きをしたり、シャワーの介助をします。

    痛みや呼吸困難感が強い患者さんには医療用麻薬を医師の指示のもと投与し、苦痛を少なく過ごすことができるように身の回り全体の援助します。

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    病棟の看護師 runaさん

    32歳 女性 経験11年 秋田県

    退職済み(正社員)


    秋田県の大病院で県の中心病院、救急病院で働きました。

    病棟看護業務全般を行いました。もちろん急変、手術前後の対応もすべて行いました。

    病棟の正看護師として働き、病棟ではチームリーダーなどもこなしました。

  • 仕事内容
    4.50
    仕事内容
    4.50

    専門外来の看護師 akariさん

    38歳 女性 経験17年8ヶ月 東京都

    現職(正社員)


    都内の大規模総合病院で働いています。以前は病棟での勤務でしたが、自分の看護の専門性を高めるために専門外来に従事しています。

    外来なので新規の患者さんも多いのですが、慢性疾患を抱え長期にわたって通院している患者さんも多く、継続看護を経験できています。

  • 仕事内容
    3.50
    仕事内容
    3.50

    急性期の病棟看護師 さざなみさん

    38歳 女性 経験5年 北海道

    現職(正社員)


    神奈川県、一般病院(約250床)、病棟看護師で、患者さんの身の回りのお世話や、医師の診療の補助を行います。

    それ以外に委員会や係などの分担作業もあります。

    委員会は他病棟、他部署のかたとの交流があります。

    研修や勉強会も割と頻回に行われます。

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    大学病院(高度急性期医療)の病棟看護師 華さん

    26歳 女性 経験1年8ヶ月 東京都

    現職(正社員)


    東京都の大学病院(高度急性期医療)の病棟看護師として勤務2年目になります。

    診療科は、腎臓内科と神経内科と眼科と精神科の混合病棟です。

    仕事内容は、医師の指示による医療措置・入院患者さんの食事と入浴と排泄の介助・入院中から退院を見据えた生活指導・検査時の器具の準備や医師の介助です。

    また、患者さんは24時間病院で療養しているため、自分以外の医療者(医師や看護師など)が患者さんの状

  • 仕事内容
    3.00
    仕事内容
    3.00

    看護士・ケアマネージャー ぽこにゃんさん

    39歳 男性 経験16年 岡山県

    現職(正社員)


    仕事内容は医師の診療介助や医師の指示にて注射や処置、薬の配薬、患者様の療養上の世話等になります。

    最近では訪問看護分野で看護師が担う役割も増えており、在宅で療養する患者様のニーズに会わせて看護を提供することもあります。

  • 仕事内容
    3.50
    仕事内容
    3.50

    介護施設の看護師 ピーママさん

    40歳 女性 経験8年 秋田県

    現職(契約社員)


    入居者50名程度の介護施設で、入居者に対する看護業務を行っております。

    急な体調不良やケガなどに対応するので、適切な判断力と処置などの対応力が求められます。

    パート勤務なので、特に役職にはついておりません。