このサイトは視能訓練士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「視能訓練士」

仕事内容
視能訓練士は、医師の指示の下、目に関する検査や目の機能を回復するための訓練をする仕事です。目は複雑な器官であるため、ときにいくつもの検査を行う必要があります。視能訓練士が検査したデータをもとに、医師は診療・治療方針を決定します。また、弱視や眼球運動の改善、子どもの未発達の視覚を育てるための訓練、ルーペなど補助具の選定と使い方の訓練を行うリハビリ関連業務、学校や職場での集団検診にも携わります。
なるには
視能訓練士として働くには、国家資格である視能訓練士の資格取得が必要です。国家試験はいくつかの受験資格があり、1.高校卒業後に指定の養成施設で3年以上学ぶ、2.大学・短大・医療系保育系専門学校卒業後、指定の養成施設で1年以上学ぶ、3.外国で視能訓練士養成学校を卒業するの3つのうち、いずれかを満たさなければなりません。国家試験合格後は眼科診療所や病院に就職し、視能訓練士としてのキャリアがスタートします。
給料
正社員の場合、平均年収350万円~450万円程度が一般的で、月給にすると約20万円~25万円の人が多いようです。アルバイトや非常勤で働く人もおり、その場合は時給1300円〜1700円が相場となっています。ただし、給与や待遇は勤務先によって差があるだけでなく、地域差も大きいと言われています。同じ新卒者でも、4年制大学卒と専門学校卒では初任給の設定が異なるケースもあります。
将来性
知名度が高まっていながらも、まだまだ人材不足の職業であるため、活躍のチャンスは大いにあるといえるでしょう。眼科検査には最先端機器が使われることが多く、眼科医一人で診察と検査を完璧にこなしていくのは難しいため、専門スキルを持った視能訓練士を積極的に配置する眼科診療所が増えています。ただし、国家試験合格者はここ10年間でおよそ2倍にまで膨れ上がっているため、数年先は就職が厳しくなることも予想されています。