「臨床工学技士」とは

臨床工学技士_画像

病院で使用する生命維持のための機器操作や保守点検を行い、医療現場を支える。

臨床工学技士は、医師の指示を受け、生命維持管理装置の操作を行ったり、それらの機器の保守点検を行う仕事です。

臨床工学技士が扱う医療機器には「人工心肺装置」、「人工透析装置」、「人工透析装置」などです。

人工透析の仕事が多いですが、勤務先によっては手術中や集中治療室などで機器を操作する業務もあります。

最新の機器が次々と開発されている領域であり、機材の扱いに慣れていることが求められます。

臨床工学技士になるには、臨床工学技士養成課程がある学校で3年以上学び、国家試験に合格する必要があります。就職先は、診療所(透析クリニック)が多いですが、病院での求人もあります。

臨床工学技士の数はそれほど多くないため、就職先は比較的見つけやすい状況です。

「臨床工学技士」の仕事紹介

臨床工学技士の仕事内容

医療機器の操作・点検を行う専門家

臨床工学技士は、医師の指示の下、生命維持管理装置の操作や、さまざまな医療機器の保守点検を行う仕事です。

扱う代表的な機器は、呼吸が十分でない患者さんを補助する「人工呼吸器」、心臓手術の際、体外で血液のガス交換を行う「体外循環装置」、血中の老廃物を浄化する「人工透析装置」があります。

これらの全ては人の体になくてはならない機能を補う機器であり、一歩間違えれば患者さんの生命に関わるため、集中力と責任感を持って確実に操作しなければなりません。

また安全に治療を行うため、機器の日常的な保守点検も臨床工学技士の重要な業務となっています。

特に多くの臨床工学技士がたずさわっているのが人工透析業務で、腎機能が失われた患者さんの血液を人工透析装置を通して浄化し、浄化した血液を再度患者さんの体に戻します。

人工透析の際に「穿刺(せんし)」といって、患者さんの血管から血液を透析のために出すのに一か所、また透析を終えた血液を患者さんに戻すために一か所、計二か所に「カニューレ」という管を刺します。

この「穿刺」は、臨床工学技士に許された医療行為です。

臨床工学技士の就職先・活躍の場

総合病院、透析センターなどが多い

臨床工学技士の扱う医療機器の多くが生命維持に関わるものであることから、ベッド数が多くICU(集中治療室)があるような総合病院に勤務する人が多くいます。

また、人工透析のみを行う透析センターは腎不全で透析を行っている患者さんにとっては命綱でもあるため各地に存在しています。

そういった透析センターで働く臨床工学技士も少なくありません。

その他では、医療機器メーカーの研究開発部や営業部に就職する人、大学院を出て研究職に就いたり、後進を育てるため、教育者になる場合もあります。

臨床工学技士の1日

オペ室、ICU、人工透析が中心

臨床工学技士の1日の流れは勤務先によって異なりますが、ここではの場合を例に透析室勤務の臨床工学技士の1日を挙げてみましょう。

透析室勤務の臨床工学技士の1日のスケジュール



07:00 始業
人工透析に必要な透析液の準備、人工腎臓と呼ばれる機器の準備をします。

07:30 ミーティング
本日の業務についてのミーティングを行います。

09:00 午前の人工透析開始
患者さんに針を刺し(穿刺)人工透析装置を始動させ、人工透析を行います。

10:00 患者さんの状態確認
透析がきちんと行われているか、患者さんの容体に変わりないかを確認するためにコミュニケーションを取るのも大切な業務です。

11:00 休憩
この後慌ただしくなるため、早めに休憩をとります。

12:00 午前の人工透析回収・午後の人工透析の準備
午前の患者さんの透析終了・患者情報の更新、午後の患者さんの透析準備と、忙しい時間帯です。

14:30 午後の人工透析開始
午前中と同様、穿刺をし、人工透析を開始します。

18:00 午後の人工透析回収
午後の患者さんの透析終了・患者情報の更新を行います。

20:00 人工透析装置のメンテナンス
安全して透析を行えるよう、日常的に装置のメンテナンスを行います。

21:00 業務終了

臨床工学技士になるには

養成機関に通ったのち国家試験を受ける

高校卒業後、臨床工学技士養成課程のある4年制大学、短大(3年)、専門学校(3年)に通い、所定の課程を修めると国家試験の受験資格を得られます。

国家試験に合格すると、晴れて臨床工学技士の資格を得ることができます。

既に看護師、診療放射線技師、臨床検査技師のいずれかの養成課程を修めている場合、専門課程に1年間通えば、臨床工学技士の国家試験を受けられます。

また、在学中に「第2種ME技術実力検定試験」を受けておくと、臨床工学技士の国家試験と重複する問題、実務に関する問題を復習することができるので、国家試験の予行演習に最適です。

第2種ME技術実力検定試験は国家資格ではありませんが、上記の理由から、多くの学生が受験しています。

臨床工学技士の学校・学費

4年制大学、医療系専門学校に進む

臨床工学技士は、4年制大学や医療専門学校など、指定の養成機関で必要な課程を修めないと国家試験が受けられません。

専門学校の場合は最短3年間で国家資格を得ることができ、大学よりも1年早く現場に出て実践を積むことができますが、他の専門学校と違い、入学時は書類審査だけでなく筆記試験があります。

大学では最短でも国家資格取得まで4年間かかりますが、その分幅広い知識を得ることができ、教育者となったり、大学院に行って研究職に就くといった道もあります。

大学でも専門学校でも、臨床工学技士としての手技を磨くには、自分自身の努力が必要です。

自分の希望とする働き方・学び方により、選ぶべき学校が変わってきますので、熟考して選びましょう。

学費は、4年制大学で約700万円、専門学校で約500万円のところが多いようです

臨床工学技士の資格・試験の難易度

他の国家資格と併せて取得する人もいる

臨床工学技士を目指す場合、医療系の国家資格を何も所持していない人は3年ないし4年の養成課程を修める必要があります。

しかし、臨床検査技師・診療放射線技師・看護師、どれかの養成課程を卒業している場合は、専門課程に1年通えば臨床工学技士の国家試験を受けられます。

国家試験の難易度としては、とくに難関資格というわけではなく、受験者の8割前後が合格している国家資格です。

養成課程において、しっかりと国試を意識した学習をし、対策をしていれば合格できる資格であるといえるでしょう。

ただし、どの国家資格でも言えることですが、新卒で不合格になってしまうと、卒後年数が長くなるごとに国家試験の合格率は激減していきます。

学生時代に集中して学び、新卒での合格を目指すことが最も合理的です。

臨床工学技士の給料・年収

勤務する職場によって幅が大きい

臨床工学技士の初任給は、基本給で17万円〜20万円程度が相場となっているようです。

年齢や経験が積み重なっていくと徐々に給料は上がり、平均年収は450万円〜600万円程度となるようです。

このほか、施設によって資格手当や住宅手当、通勤手当、育児手当、扶養者手当などの各種手当が加わります。

また、病状の重い患者さんに医療機器を設置することが多いため、容体の急変などにより残業が多く、その分残業手当が多くつく傾向があるようです。

臨床工学技士の給料は、勤務先となる病院の規模や地域、また個人の経験や能力によっても大きく異なるのが現状です。

比較的新しい資格であるため、厚生労働省によるモデル賃金の公的統計がまだありませんが、診療放射線技師と同程度と言われています。

病院だけでなく、医療機器メーカーや臓器移植コーディネーターとして働く人もおり、給与も千差万別といったところです。

臨床工学技士のやりがい、楽しさ

医療機器のプロとして頼られる存在

昨今の医療ではいろいろな面で機械化が進んでおり、それらを操作・管理するプロフェッショナルとして臨床工学技士は大切なポストをになっています。

他の医療従事者に先立って、新たな医療機器に触れることができるのも臨床工学技士の醍醐味でしょう。

医療機器は常に進化し続けており、それを扱うための高度な知識や専門性を持つ臨床工学技士には、医療業界全体が期待しているといえます。

医師をはじめ、さまざまな職種の人が「チーム医療」で患者さんを救う中で、命に関わるたくさんの機械を操作管理する役目を負う臨床工学技士の存在は重要です。

また、臨床に出て機器の操作管理に熟達したあと、医療機器メーカーで新たな機器開発をしたり、研究に進んだりと、可能性を秘めた分野であるといえるでしょう。

臨床工学技士のつらいこと、大変なこと

命の重みを背負って立つ

臨床工学技士が扱う機器の多くは命を繋ぎとめる役割を持つため、オンコール(呼ばれたら病院に駆けつけること)が多く、残業の有無が読めません。

医療従事者すべてに言えることですが、自分のミスが患者さんの命に関わる危険性もあるため、精神的重圧もあり、気力、体力ともに必要な職業といえます。

また現場によっては、臨床工学技士に「穿刺」が許されていることを知らず、穿刺をさせてもらえなかったり、機械の管理や点検しか任されないということもあるようです。

こういった誤解をとくためには、自ら動き、自分にできることを公に伝えていく努力も必要になってきます。

臨床工学技士に向いている人・適性

精神力と体力がある、物理に強い人

医療の世界は日進月歩で進化しており、新たな医療機械も次々と導入されることが予想されます。

そのため、新たな機器でもすぐにメカニズムから把握して操作できる、工学に強い人が求められます。

また、臨床工学技士は一人で治療に当たるのではなく、常に看護師や医師らと連携して動きます。

医療機器のプロとして、また医療従事者として周囲と密にコミュニケーションの取れる人材が必要とされます。

また、ICUに入っている患者さんなどは容体が急変したりするため、いつ病院から呼び出しがあるか分かりません。

そのような不規則なスケジュールでもきちんと体調管理ができ、患者さんの命を救うことを焦点に置いて働き続けることのできる精神力も必要となるでしょう。

臨床工学技士志望動機・目指すきっかけ

生命・医療への興味が根底にある

・人工心肺や透析装置を見る機会があり、「なぜこんなに大きな機械になってしまうのか?」と興味がわいた

・医療に興味があり、最新のテクノロジーを扱うセクションで働きたいという気持ちから臨床工学技士になった

・透析をする人口が増えていて、透析装置を扱う臨床工学技士になれば多くの人に貢献できると思ったから

など、さまざまな理由で臨床工学技士になることを選びますが、根底には「医療にたずさわり、人の役に立ちたい」という思いが一様にしてあるようです。

臨床工学技士の雇用形態・働き方

正社員が多いが、パートの求人もある

病院でも、医療機器メーカーでも、臨床工学技士の募集は正職員(正社員)がほとんどですが、パート勤務の求人も見受けられます。

パート勤務では、透析患者さんの対応をすることが多く、1日の勤務時間は5時間程度なので、子育て中でも比較的無理なく働ける環境です。

一方、正社員や正職員になると、妊産婦が急な対応をすることは困難なため、勤務時間を調整してもらう等の工夫も必要となってきます。

しかし、正職員・正社員ならば産休や育児介護休暇が取れる職場が圧倒的に多いため、子供を保育園に入れることが出来れば、キャリアを手放すことなく働くことも可能です。

臨床工学技士の勤務時間・休日・生活

早番・遅番があることもある

臨床工学技士の勤務時間は、おおむね8時間(日勤8:00~17:00、休憩1時間)といったところです。

また日勤に加え、準夜勤(13:15~22:00)や、通し勤務(8:00~22:00)がシフトで入る職場が多い印象です。

休日は4週8日制、または月8~10日で、シフトによって休める日が変わってくるようです。

それ以外に、夜勤などはないがオンコールがある職場もあり、患者さんの容体が急変したときには病院に駆けつけないといけないこともあります。

育児をしながら仕事をする場合は、通し勤務やオンコールの有無には留意したほうがよいでしょう。

臨床工学技士の求人・就職状況・需要

新たな技術をになう重要な業務

臨床工学技士は、医療機器が革新的な進歩を続けていることから、今後求人は増えていくことが予想されます。

平成19年には、医療法の改正により医療機器の安全使用と管理体制の整備が明文化され、臨床工学技士は重要な立ち位置として需要が高まっています。

新卒の臨床工学技士ですと、個人の希望と病院側のニーズもあり、病院勤務に就くことが多く、中でも透析患者を多く診療している施設での需要が多くあります。

それ以外にも心臓血管外科や、ICU、NICU、CCUなどのある総合病院では、臨床工学技士を必要としている病院がまだまだあります。

自分がその病院で初めて採用される臨床工学技士となるかもしれませんので、自分の出来ることをしっかりとPRすることで、後進の技士が働きやすい環境を作っていくことができます。

また、ある程度実務経験を積んだ臨床工学技士を募っている医療機器メーカーもありますので、興味がある場合はチェックしておくとよいでしょう。

臨床工学技士の転職状況・未経験採用

病院で実務経験を積んでおくと良い

ある病院に就職して実務経験を積んでおくことは、他の病院に転職する場合に有利になります。

今後も新たな医療機器は続々と導入される傾向にありますので、自分の求める条件の病院に転職するのも難しくはないと思われます。

一定以上の年数、実務経験のある臨床工学技士は、医療機器メーカーでも営業兼危機管理・修理ができる貴重な人材として求められています。

新卒(未経験)採用も、医療機器のさらなる導入に伴い必要とされる人材のため、さほど難しくはないといえるでしょう

臨床工学技士の現状と将来性・今後の見通し

ますます活躍の場を広げる職種

医療に限らずさまざまな分野において、オートメーション化が破竹の勢いで拡大してゆく昨今、機器の管理操作ができる人材はますます必要とされることは想像にかたくありません。

特に透析の分野は、国民病と呼ばれる糖尿病とも深い因果関係があり、患者数も増えていくと考えられます。

今は1回あたりの透析に2~3時間かかりますが、新たな医療機器の開発により、さらに素早く、患者さんにも負担の少ない方法が出てくる可能性もあります。

そのような局面においても、医療機器のプロフェッショナルとして臨床工学技士が活躍できる場面はますます増えていくと思われます。

さらに、経験を積んだ臨床工学技士が研究開発にたずさわることで、医療機器の進化スピードも加速していくかもしれません。

機器の進化に遅れをとらぬよう、常に新技術に興味を持ち続けることが重要となってくるでしょう。