このサイトは臨床工学技士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「臨床工学技士」

仕事内容
臨床工学技士は、医師の指示の下、生命維持管理装置の操作や保守点検を行う仕事です。扱う代表的な機器としては「人工心肺装置」、「人工透析装置」、「人工透析装置」などがあり、多くの臨床工学技士は腎不全の患者さんに対して行う人工透析治療に携わっています。一歩間違えれば患者さんの生命に関わるため、集中力と責任感を持って確実に操作しなければなりません。安全に治療を行うため、機器の日常的な保守点検も重要な業務となっています。
なるには
臨床工学技士として働くには、国家資格である臨床工学技士の資格取得が必要です。高校卒業後、臨床工学技士養成課程がある4年制大学、短大または専門学校(3年)で所定の課程を修了することで、国家試験の受験資格が得られます。また、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師いずれかの養成校を卒業している場合、1年間専門科に通えば診療放射線技師の国家試験が受けられるため、看護士と診療放射線技師両方の資格を取得している人も多くいます。
給料
病院、クリニック、医療機器メーカーが臨床工学技士の代表的な就職先で、平均年収は400万円~500万円程度となっています。勤務先の規模や地域によって給料も待遇も異なりますが、規模が大きくなればなるほど条件が良いことが多いです。また、透析を専門に行う透析クリニックは、比較的高待遇となっているところもあり、人気が高まっているようです。夜勤や当直が入ると、1日当たり数千円程度の手当が付きます。
将来性
必要な時に、必要な医療機器をスムーズに動かすためには、臨床工学技士の存在が必要不可欠です。医療機器は時代とともに進化しているため、常に新たな機器についての勉強や情報収集を続けることが大事です。また、勤める病院によっては臨床工学技士が医療機器の選定に携わることもあります。専門知識と確かな技術が求められる責任の重い仕事ですが、ときに病院経営の一端を担える将来性のある仕事だといえるでしょう。