このサイトは登録販売者を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「登録販売者」

仕事内容
登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などにおいて、一般用医薬品(第2類・第3類)を販売するために必要とされる資格であり、その資格を持っている人のことをいいます。薬剤師とは異なり、処方箋に基づく調剤や第1類医薬品の販売はできませんが、薬剤師に次ぐ医薬品のスペシャリストとして、さまざまな場所での活躍が期待されています。多様なお客さまと直に接するため、高いコミュニケーション能力や接客スキルも求められます。
なるには
登録販売者になるには、都道府県が行う登録販売者試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。この試験は国家資格ではなく、公的な資格となります。試験そのものは年齢や学歴問わず誰でも受験可能ですが、一定の実務経験を得るまでは、経験豊富な登録販売者の管理・指導の下に仕事を行う必要があるなどの制限があります。経験を積むことで、店舗管理者や管理代行者としてステップアップしていくことも可能になります。
給料
正社員として働く登録販売者の平均年収は、300〜400万円程度がボリュームゾーンとされています。なお、パートやアルバイトなど時給制で働く人も多く、その場合の時給は850円〜1100円程度となっています。店舗によっては登録販売者の資格を持っていることで、資格手当が基本給に1万円前後上積みされるケースもあります。特別に高い収入が得られる仕事ではありませんが、実務経験を積んでいくことで給料アップにつながる可能性は十分に考えられます。
将来性
近年、登録販売者の活躍の場は、コンビニやスーパー、家電量販店などにまで広がりを見せています。それに伴って登録販売者の需要も拡大している一方、登録販売者の資格取得者が年々増加したことにより、飽和状態にあるともいわれます。一部の企業では人件費削減のために国家資格である薬剤師の数を減らし、パート・アルバイトの登録販売者を増やす傾向が見られることからも、より良い勤務条件の下で働くためには、将来的に責任者や管理職を目指していく必要があるといえるでしょう。