外来看護師とは

外来看護師とは

「外来」とは

病院の中で、「外来」は、病気を持つ人、あるいは怪我や健康異常を感じた人が訪れ、疾患の診断を受け、治療方針が下される場所です。

外来には、一日にたくさんの人が訪れます。その中には、治療の必要の無い人、在宅で継続的に治療が必要となる人、緊急に処置、あるいは入院が必要となる人など、様々なケースがあり、医療チームはそれらを適切に、迅速に対処していかなくてはいけません。

外来で働く看護師は、診療科により仕事内容が違いますが、「医師の診察がスムースに行くための介助」が、どの科においても最も要求されます。

診察の介助

外来看護師の仕事で、最もウェイトを占めるのが、診察の介助です。診察の介助は、医師の仕事がスムースに運ぶように手助けをすることです。

例えば、腹痛を訴える患者さんなら、ベッドに寝かせ、医師が診察しやすいように服を脱がし、患部を露出させます。また、怪我のある患者さんは、包帯を外し、消毒に必要なものを用意します。

一日に多くの患者さんが訪れる外来で、円滑に診察が行えるよう介助することは、より迅速に患者さんに医療を提供する上でとても大切です。

病棟との連携

外来を訪れる患者さんの中には、入院が必要になる方もいらっしゃいます。そのような時、いくら必要だからと言っても、病棟に空床(空いているベッド)がなければ受け入れることができません。

ですから、外来の診察が始まる前に、その日の空床状況を把握しておくことは必要不可欠です。

また、入院が決まった患者さんの疾患や、病歴、検査の結果など、病棟のスタッフに、患者さんの情報を申し送ることも、今後、病棟において看護計画を立てる上で欠かせません。

患者さんへの説明、指導

外来の一番の特徴は、患者さんとの関わりが「点」だということです。入院患者さんは、24時間継続的に看護しますが、外来通院が可能な患者さんは、診察後、帰宅されます。

しかし、外来看護師の仕事は、患者さんが院内にいる時のことだけを考えればいいものではありません。

帰宅された患者さんが、医師の治療方針を理解し、服薬や食事制限、運動療法を行い、今よりも良い状態で、次の外来診察日に来院できるよう、患者さんに説明、指導することも外来看護師の大切な仕事です。

外来看護師の一日

診察準備

外来看護師の一日は、診察の準備から始まります。それは例えるなら、開店準備のようなもの。

患者さんを迎える前に、待合室、診察室を整え、物品を点検します。予約診察の場合は、その日に来院する患者さんと、検査や治療内容がわかるので、あらかじめ使用予定の注射や消毒の準備をしておくと、その後の診察が、効率良く行われます。

診察介助

外来が始まったら、医師の診察の介助を行います。診察の介助には、患者さんの体を支えたり、血圧を測ったり、診察器具を渡したりなどの他に、検査や投薬、次回診察日の説明など色々な仕事があります。

入院患者さんの診察

例えば、外科に入院してる患者さんが、耳鳴りがすると訴えた場合は、院内にある耳鼻咽喉科の外来で診察をします。患者さんの安静度によっては、病棟に往診することもあります。

どちらも、診察の結果、治療方針などを病棟のスタッフに的確に申し送ることが大切です。

翌日の診察の準備

予約診察制を取り入れている病院の場合、翌日に受診予定の患者さんのカルテを、前日に準備します。

診察室の掃除と、使用物品の後片付け・補給

一日の終わりには、診察室を掃除します。清掃業者が掃除を行ってくれる病院もありますが、診察台のシーツ交換や、使用した物品の片付けは看護師の仕事です。

また、薬品や滅菌物などの消耗品の補給もこまめに行います。

救急外来看護師の一日

救急外来に勤務する看護師と、一般外来看護師の一日は違います。一番の違いは、「いつどんな症状の患者さんが来るかわからない」と言うことです。つまり、一日の流れは、日によって違います。
「今日は落ち着いているね。」 と胸をなで下ろす日もあれば、一度に重篤な患者さんが重なることもあります。また、救急外来には、外科や内科、小児科など、様々な診療科適応の患者さんが訪れ、治療、処置が行われますから、幅広い知識も必要となります。

夜勤

救急指定病院は、24時間体制で緊急患者を受け入れるので、外来看護師にも夜勤があります。病棟の夜勤が3交替の病院でも、外来は2交替の当直制を取っている病院が多く、その場合の勤務は、夕方~翌朝までとなります。

仕事体験談