「病棟クラーク」の仕事とは

病棟クラークの仕事内容

病棟の患者やスタッフをサポートする

病棟クラークは、入院病棟において、医師や看護師、入院患者さんをサポートし、診療をスムーズに進めるための補助をする仕事です。

入院施設のあるような大きな病院には、病棟ごとにクラークが配置されており、医療従事者が患者さんのケアに専念できるようにさまざまな仕事をしています。

たとえば、入院患者さんの手続きや病室の手配、ベッドにつけるネームプレートの用意や、患者さんの名簿作成、カルテの管理などを担当します。

病院によっては、医師が診療を行う前に患者さんに簡単な問診をして問診票に記入をしておいたり、診療に使う器具の準備をするなど、看護助手に近い仕事を任せられることもあるようです。

病棟クラークの就職先・活躍の場

入院病棟がある規模の病院

病棟クラークはその名の通り入院病棟に所属するクラークのことです。

ですので、勤務先はおのずと入院病棟のある、ある程度の規模の病院に絞られてきます。

あまり規模が大きくない病院ですと、病棟クラークも人数が少なく、複数の病棟を担当することもあります。

大学病院などの大規模な病院では病棟クラークの人数も多く、担当する病棟が決まっていることが多いです。

クラークの仕事がどこまでかは病院によっても違いがありますが、入院患者さんのお世話をすることには変わりありません。

病棟クラーク1日

病棟看護師の補助作業が多い

病棟クラークの仕事内容は、その病棟の看護師のサポート業務が多くあります。

ここで、とある病棟に勤務している病棟クラークの1日をあげてみます。

病棟クラークのスケジュール



08:30 出勤
着替え、ナースステーション等の整理、夜勤担当者からの申し送りなどを行います。
また、医師の回診スケジュールや病棟患者さんの他科への受診がないかもチェックします。

09:30 各種補助業務
・退院する患者さんの手続きや、精算の準備
・入院予定の患者さんの到着時間の確認、カルテや検査の準備
・緊急患者さんがいた場合、病棟受け入れの準備
・患者さんやご家族からの問い合わせの対応
など

12:30 休憩
お昼休みをとります。

13:30 各種補助業務
・面会者やお見舞い客への応対
・医師と患者さんやご家族の面会時間の調整
・患者さんやご家族からの問い合わせの対応
・病棟患者さんの検査結果のまとめ・整理
・他科を受診中の入院患者さんの次の診察日時を確認
など

16:30 翌日の準備
入院患者さんの明日の検査内容を確認したり、消耗品の補充、薬品の受け取り、新規入院患者さんのベッド準備などを済ませ、業務終了です。

病棟クラークになるには

学歴による制限や必須資格はない

病棟クラークには、必須の資格や学歴、年齢制限はなく、病院の求人に応募して採用されることで誰もが病棟クラークとして働くことができます。

ただし、入院患者さんのカルテを管理したり、医療器具の用意など専門的な仕事も多いので、医療系の知識や事務系のスキルを身につけた上でこの職業をめざす人が多いようです。

民間の専門学校や通信教育で「医療事務」の勉強をしておくと、就職の際に有利になるケースもあるようです。

病棟クラークの学校・学費

クラークになるための学校がある

病棟クラークを含め、クラークになるためには必須の資格はありません。

ただ、医療機関内で働くため、医療の基礎的な知識や医療事務の知識を得る勉強をしたり、学校に通っておくのは、のちのちの仕事のやりやすさを考えると損はないでしょう。

また現在では、クラーク養成のための専門学校もあります。

クラークに必要な医療や事務の知識・実技を学習するほか、患者さんとの接し方などの練習ができるところも多く、一考する価値はありそうです。

病棟クラークの資格・試験の難易度

医療秘書技能検定を受けておくとよい

病棟クラークの専門資格というものはありませんが、実務に役立つ資格としては「医療秘書技能検定」や「医事コンピュータ検定」などが挙げられます。

医療秘書技能検定に合格できるだけの実力がともなっていれば、患者さんやスタッフとの接し方もスムーズになり、事務処理に関しても正確に早く行うことができるでしょう。

そして、現在では入院施設のあるような大きな病院だと、電子カルテを導入している病院が多いので、医事コンピュータ検定を受けておくと有利です。

病棟クラークの給料・年収

一般事務と同じくらいの待遇

病棟クラークの給料や年収は、雇用形態が正職員なのか、派遣社員か契約社員などの非正規雇用なのかによって差が出てきます。

また、正職員の場合は勤めている病院の福利厚生を受けることができる点でも違いが出てきます。

正職員の場合は月収が15万円〜25万円ほどで、派遣社員や契約社員の場合は月収15万円前後ということも多いようです。

年収にすると、150万円〜300万円ほどになります。

パートやアルバイトの場合は時給が800円〜1000円ほどになります。

病棟クラークは医療行為そのものに携わることはなく、専門の資格や免許を必要としない職業ということもあり、給料に関しては一般的な事務職とあまり変わらないのが実情のようです。

病棟クラークのやりがい、楽しさ

入院患者さんに近い場所で働ける

病棟クラークは、いろいろな場面で入院患者さんと接する仕事であるため、患者さんからも身近な存在として認識されやすい職種です。

入院日数が長い患者さんなどとは、特に近しい存在となり、いろいろな話のできる相手として心の支えになることもあります。

医療の資格を持たないため、患者さんの病気を直接的に治すようなことはできませんが、入院患者さんを精神的にサポートできる点は、病棟クラークの魅力といえるでしょう。

病棟クラークのつらいこと、大変なこと

医療行為は何もできない

病棟クラークは、入院病棟でさまざまな仕事をしてまわっていますが、医療行為をすることはできません。

ですが患者さんにとっては、病院に勤務している人はみな一様に頼れる存在であり、苦しいときにすぐなんとかしてくれる、と思っている人も少なくありません。

そういった期待に応えられないことで、悔しい思いやつらい気持ちを味わうこともあります。

患者さんに対しても、そのような誤解を生まないよう、院内クラークという人がどのような立場で仕事をしているのかについて、もっと周知を徹底していく必要があるでしょう。

病棟クラークに向いている人・適性

一人ひとりに気遣いができる明朗な人

病棟クラークは、入院を必要とする患者さんの身の回りのお世話を中心にする仕事です。

入院患者さんはある程度症状の重い人、移動する際に注意が必要な人も多いので、一人ひとりの患者さんの事情を理解できる、思いやりと気遣いのある人はこの仕事に向いているでしょう。

また、そこまで病状が重くない人、症状が軽くなってきた人でも、入院している間は心細さが先立つことが多くあります。

そのような人の心を和ませ明るくすることができる明るさを持つ人、お世話好きの人なども、この仕事に向いているといえるでしょう。

病棟クラーク志望動機・目指すきっかけ

患者さんと身近に接し、役立ちたい

病棟クラークは、ナースステーションや病棟内をまわって仕事をするほかにも、患者さんの付き添いで診察室に行ったり、検査室に行くこともあります。

病棟内でナースコールが鳴ってもすぐに対応できるよう、看護師が待機している間に、病棟クラークは色々な場所を回ってさまざまな人と関わります。

ですから、患者さんとより身近に関わって、役に立てるという理由から病棟クラークになることを希望する人は多いです。

自分や周囲の人が入院したときにその存在を知って、患者側からも親しみを持って接することができる病棟クラークに魅力を感じる人も多くいます。

病棟クラークの雇用形態・働き方

正職員、派遣職員やパート勤務

病棟クラークの雇用形態はさまざまなものがあり、病院や介護施設の正職員からパート勤務までいろいろとあります。

正職員(正社員)の場合は、安定した収入を得ることができ、各種福利厚生が利用できるほか、勤務日や時間も決まっているのでスケジュール管理はしやすいと思われます。

まだ子供が小さく、長時間働けない場合や、家事の合間に週に数日だけ働きたい人にはパート勤務が適しているといえます。

働きたい曜日や時間帯など、相談すれば融通の利くところもあります。

派遣社員の場合は正職員とほぼ同じ時間帯でフルタイム勤務となりますが、給与が時給換算で正職員より安いことがあります。

病棟クラークの派遣社員の求人は多いため、仕事は見つけやすい傾向にあるといえます。

病棟クラークの勤務時間・休日・生活

外来診療時間と同じくらいの勤務時間

クラークは、主に看護師などの手が回らないところを補助する仕事なので、検査や他科への診療などで忙しい時間帯に勤務します。

だいたい外来診療の時間と同じで、平日8:30〜17:30くらいの時間帯に7〜8時間勤務、というところが多いようです。

また、土曜日に外来診療がある病院では、8:30〜12:30くらいの時間帯に勤務するところもあります。

正職員や派遣社員で土曜勤務が求められる場合、平日のうち1日が半日勤務になる勤務先も多いです。

病棟クラークの求人・就職状況・需要

結婚退職も多く、常に求人がある

病棟クラークには性別による制限はないものの、実際に病棟クラークとして働いている人はほとんどが女性という状況です。

そのため、結婚や妊娠・出産をきっかけに退職する人が一定数おり、欠員が生じるので、常にどこかしらで求人があるといえます。

就職活動に際しても、仕事をきちんとこなす姿勢があれば狭き門ではありません。

病棟クラークとしてある程度専門的に学べる学校を卒業していれば、就職にはさらに有利になるでしょう。

また、病棟クラークは病院などの医療施設にいる入院患者さんのお世話が仕事なので、一般企業からの求人はほぼありません。

病棟クラークの転職状況・未経験採用

クラーク養成課程を修了していると有利

病棟クラークは特別な資格は必要としないものの、医療の専門的な知識がある程度必要となる職種であるため経験者は優遇される傾向にあります。

また、女性が大多数を占める職種であることから、子育てのために退職する人が常に一定数おり、欠員を埋めるための求人をどこかしら出しています。

そういった点では、経験者の復職・転職は、未経験者の就職よりも有利になるといえるでしょう。

また、未経験者の応募であっても、病棟クラークの養成学校を卒業したり、医療秘書や医療事務の認定を受けていると就職に有利になります。

病棟クラークの現状と将来性・今後の見通し

クラークの仕事内容の周知が必要

病棟クラークという職業は、院内でも他の職種と見分けがつきにくいため、病院で働いている際にも患者さんから看護助手や医療事務と間違われて仕事を頼まれることもあります。

また、周囲の人に仕事のやりがいや大変さをわかってもらいにくいという現状があります。

契約社員や派遣社員といった非正規雇用の求人が多いので、不安定な雇用環境に悩む人も少なくありません。

このように、病棟クラークの置かれている状況を考えると、雇用を取り巻く環境や働き方に関しては、まだまだ改善が必要だということができるでしょう。