このサイトは病棟クラークを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「病棟クラーク」

仕事内容
病棟クラークは、医師や看護師を陰からサポートするのが主な仕事です。入院施設のあるような大きな病院には病棟ごとに病棟クラークが配置されており、医療関係者が患者さんのケアに専念できるようにさまざまな仕事をしています。たとえば、入院患者さんの手続きや病室の手配、ベッドにつけるネームプレートの用意、患者さんの名簿作成やカルテを管理なども担当します。病院によっては、医師が診療を行う前に患者さんに簡単な問診をして問診票に記入をしておいたり、診療に使う器具の準備をしたりというように、看護助手に近いような仕事を任せられていることもあるようです。
なるには
病棟クラークは、特定の国家資格や民間資格を取得していなければ就くことができない職業ではありません。学歴や年齢制限もなく、病院の求人に応募して採用されることで誰もが病棟クラークとして働くことができるようになります。ただし、入院患者さんのカルテ整理や医療器具の用意など専門的な仕事も多いので、「医療系の知識」や「事務系のスキル」を身につけた上でこの職業をめざす人が多いようです。民間の専門学校や通信教育で医療事務について勉強しておくことで、就職の際に有利になるケースもあるでしょう。
給料
病棟クラークの給料や年収に関しては、雇用形態が正社員なのか、派遣社員か契約社員などの非正規雇用なのかによって大きく差が出てきます。正社員の場合は月収が15万円〜25万円ほどで、派遣社員や契約社員の場合は月収15万円前後ということも多いようです。年収にすると、150万円〜300万円ほどになります。パートやアルバイトの場合は時給が800円〜1000円ほどになります。病棟クラークは医療行為そのものに携わるわけではなく、専門の資格や免許を必要としない職業ということもあり、給料に関しては一般的な事務職とそれほど変わらないというのが実情のようです。
将来性
病棟クラークという職業はまだ世間での認知度が高くないため、病院で働いている際にも患者さんから看護助手や医療事務と間違われて仕事を頼まれることもありますし、周囲の人に仕事のやりがいや大変さをわかってもらいにくいという現状はあります。また、契約社員や派遣社員という非正規雇用の求人が多いので、不安定な雇用環境に悩む人も少なくありません。このように、病棟クラークの置かれている状況を考えると、雇用を取り巻く環境や働き方に関してまだまだこれから改善が必要だということができるでしょう。