「助産師」の仕事とは

助産師の仕事内容

助産師は、妊娠や出産、出産後の育児に関して総合的なサポートを行う仕事です。

お産を介助するだけでなく、妊婦さんの体調管理や心のケア、ときには家庭環境や育児に関するカウンセリングも行うため、出産前後の女性にとっては心強い存在です。

また性に関する知識を生かして、思春期の女性の性の悩みや不妊治療に関する相談業務も行います。

ハードな仕事ですが、人の命の誕生を間近で見られる喜びと感動は、何物にも代えがたいものがあります。

助産師になるには

助産師として働くには、国家資格である助産師免許と看護師免許両方の取得が必要です。

助産師養成課程のある看護大学(4年制)を卒業するか、看護師養成所を卒業したのち、助産師養成所(1年間)を卒業すると、助産師国家試験の受験資格が得られます。

助産師になるには看護師免許が必須なので、助産師は看護師として働くことも可能です。

なお、看護師は男女制限がありませんが、現在、助産師として活躍しているのは女性のみとなっています。

助産師の給料・年収

助産師の給料は看護師よりも高めに設定されている職場が多く、年収400万円~600万円程度が相場となっています。

夜勤がある病院勤務の場合は夜勤手当が付くため、その分収入は増えるでしょう。

給料や待遇に満足している人は多くても、お産の件数が多い病院はとても忙しく、残業や夜勤も増えがちです。

体力勝負の面もありますが、女性が長く働けるという点は、この仕事のメリットといえるでしょう。

助産師の現状と将来性・今後の見通し

少子化が進み、昔に比べてお産の件数は減りつつありますが、人間にとって出産という大事なイベントがある以上、助産師は必要不可欠の存在です。

助産師不足の病院もあるため、まだまだ需要のある仕事だといえます。

また、近年では助産師免許に加え、ベビーマッサージやマタニティヨガ、アロマカウンセラーなどの民間資格をとり、女性向けのクリニックや地域施設などで、女性と乳幼児の総合的なケアに携わる助産師も増えています。