「助産師」の仕事とは

助産師の仕事内容

妊産婦や育児のサポートをする仕事

助産師は、妊娠や出産、出産後の育児に関して総合的なサポートを行う仕事です。

お産を介助するだけでなく、妊婦さんの体調管理や心のケア、ときには家庭環境や育児に関するカウンセリングも行うため、出産前後の女性にとっては心強い存在です。

また性に関する知識を生かして、思春期の女性の性の悩みや不妊治療に関する相談業務も行います。

ハードな仕事ですが、人の命の誕生を間近で見られる喜びと感動は、何物にも代えがたいものがあります。

助産師の就職先・活躍の場

病院の産婦人科や助産院、保健所など

助産師のおもな就職先は、病院の産婦人科や助産院です。

妊婦さんの定期健診や院内でのお産教室を担当したり、産気づいた妊婦さんの様子を見守り、タイミングを見てお産に入り、赤ちゃんが生まれるのを介助します。

お産が済んだあとも、一ヵ月検診や母乳に関する相談や措置、育児相談などを受け、適切なアドバイスをします。

また、保健所で地方公務員として働く助産師もいます。

自治体で行われる母親教室・父親教室の講師をつとめたり、赤ちゃんの健康診断、お母さんからの授乳や育児に関する相談に対応します。

助産師1日

お産はいつ始まるかわからない

助産師の大きな仕事の一つである分娩介助に関しては、お産がいつ始まるかかわからないため、イレギュラーな業務になります。

ここでは産科医院に勤める助産師を例に挙げてみましょう。

産科勤務の助産師のスケジュール



08:00 出勤
着替え、今日の受け持ち患者さんの情報把握をします。

08:30 申し送り
夜勤の看護師・助産師から、入院患者さんの状態などについて報告を受けます。

09:00 病室訪問
お産の済んだお母さんと赤ちゃんの様子を見てまわります。

10:00 産婦さんのケア
陣痛真っただ中の妊産婦さんのサポートに入ります。

11:00 分娩セット展開
妊産婦さんの様子を見つつ、分娩の準備に入ります。

12:00 休憩
交代で休憩をとります。

13:00 分娩介助
お産が始まると、赤ちゃんが生まれてくるのをサポートします。
お産が終わると、お母さんにはそのまま2時間ほど休憩を取ってもらいます。

14:00 分娩1時間後
お母さんと赤ちゃんの様子を見ます。
陣痛や分娩は重なることがままあり、実際にはとても慌ただしく過ぎていきます。

15:00 部屋移動の介助
お母さんの状態が落ち着いたら、車いすで病室まで移動します。

15:30 助産記録・報告
リーダーに、助産記録の報告をします。

16:00 申し送り
夜勤担当者に、入院患者さんの状態などの申し送りをします。

17:30 退勤
院内が慌ただしいときは帰りが遅くなるときもあります。

助産師になるには

助産師の国家資格を取得する

助産師として働くには、国家資格である助産師免許と看護師免許両方の取得が必要です。

看護師養成課程のある4年制大学もしくは看護師養成所(3年)を卒業したのち、助産師養成所(1年)または大学院の博士前期課程(2年)を修了すると、助産師国家試験の受験資格を得ます。

助産師国家試験に合格すると、助産師として仕事ができるようになります。

4年制大学の中には、看護師と助産師の国家試験受験資格を同時に取得できるところもあります。

以上のことから、助産師になるには最短でも4年間かかります。

なお、看護師は男女制限がありませんが、現在のところ男性が助産師になることはできません。

助産師の学校・学費

看護学でトップの成績が求められる

助産師になるには、看護師と助産師の国家試験の受験資格が同時に取れる4年制大学に行く、看護学校に通って看護師になったのち助産師学校に行くなどの方法があります。

ただし、助産師は母体と胎児の命に関わる仕事であるため、大学や看護学校での成績が常にトップクラスでないと入学を許可されないことがほとんどです。

現在では高学歴志向により、保健師とともに助産師も大学院の博士前期課程修了後に国家試験を受けることも多くなってきました。

こういったことから、高学歴の助産師が少しずつ増えていますが、職場での待遇に差が出ることはあまりありません。

また、育児がひと段落ついた主婦が助産師を目指し、再び学校へ行くこともあります。

しかし実際は、学業成績が常に優秀でなくてはいけない、毎日20時近くまで実技の練習、臨床実習では夜勤や泊まり込みがあるなど、厳しい道のりです。

助産師の資格・試験の難易度

難易度は高いが合格率も高い

助産師国家試験の合格率は、例年90%台で推移しており、決して低い合格率ではありません。

しかし助産師国家試験が簡単だというわけではなく、在学中の実習や座学、レポート提出などが厳しく、勉学に励まないと卒業さえ危ぶまれることに起因するものと考えられます。

医師国家試験の合格率が例年80%だからといって、医師になるのが簡単なわけではないのと同じ、と考えてもらうとよいでしょう。

ただし、保健師になるための1年間(大学院の場合2年間)にしっかりと勉強をしておけば、問題なく合格できる試験であるともいえます。

助産師の給料・年収

看護師よりも好待遇の傾向

助産師の給料は看護師よりも高めに設定されている職場が多く、年収400万円~600万円程度が相場となっています。

夜勤がある病院勤務の場合は夜勤手当が付くため、その分収入は増えるでしょう。

給料や待遇に満足している人は多くても、お産の件数が多い病院はとても忙しく、残業や夜勤も増えがちです。

お産の始まりは予測不可能なため体力勝負の面もありますが、女性が長く働けるという点は、この仕事のメリットといえるでしょう。

助産師のやりがい、楽しさ

新しい命の誕生に立ち会える

助産師の魅力は、出産という新たな命が誕生する瞬間に立ち会えるというところが大きいでしょう。

初めて赤ちゃんを産むお母さんだけでなく、二人目、三人目の出産でも、命の生まれる瞬間は常に感動的であり、そこに寄与できるのが助産師のやりがいの一つです。

また、赤ちゃんを産んだあとのお母さんたちとの交流を通じて、赤ちゃんの成長とともに、お母さんが母親として成長する姿を見守ることができるのも助産師の魅力の一つでしょう。

助産師のつらいこと、大変なこと

赤ちゃんや母体を守る責任は重大

出産といえば幸せなイベントに違いありません。

ですが、時にはお腹の赤ちゃんや母体に危険が迫ることもあります。

そのようなときに、いかにして母体と赤ちゃんを無事な状態でお産を終えるかが非常に重要であり、その責任は重大です。

また、先天的になんらかの障害を持って生まれる赤ちゃんもいます。

その場合、お母さんは「自分の責任だ」と自責の念を持ってしまい、立ち直るのに時間がかかることもあります。

それは確率的なものであって決してお母さんのせいではないということ、生まれてくる命には全て意味があり、全ての赤ちゃんは愛される資格があるのだということ。

それらを忍耐強く、お母さんの気持ちも受け止めながら理解してもらうことは、ときに大変な仕事となります。

助産師に向いている人・適性

母体と胎児を見守る体力と判断力

助産師は、いつ妊産婦さんの陣痛が始まるか分からないため、どうしても不規則な時間の勤務になってしまいます。

独立した助産院では、お産が何件も重なると2日~3日ろくに眠れないようなことも想定されます。

ですので、まずは体力があり、自分の健康管理をしっかりとできる人でないと務まりません。

また、母体やお腹の赤ちゃんに危険が迫っているときは、迅速に産科医の指示を仰がなければいけません。

そのため素早い判断力も必要になってくるでしょう。

助産師志望動機・目指すきっかけ

出産に立ち会う経験や自分の出産の経験

助産師になりたいと思う人の多くは、赤ちゃんの生まれる瞬間を見て感動を覚えたのがきっかけで助産師を目指します。

身内や友人の出産に立ち会った経験がある人や、自分自身が助産師に我が子を取り上げてもらい、その時の対応が素晴らしかったので、自分も…と思う人も多いです。

身近な人が助産師として働いていて興味を持ったという人もいます。

みんなきっかけはそれぞれですが、命が誕生する瞬間の驚きと感動が、助産師を目指す原点となるようです。

助産師の雇用形態・働き方

正職員が主だが、夜勤専用パートもある

助産師の求人の多くを占めるのは正職員としての求人です。

正職員の場合、勤務先によっても違いはありますが、2交代制で日勤と夜勤の両方をこなすシフト制になっているところが多いです。

2交代制だと長くて16時間勤務ということもあるのですが、助産師が不足しているため、3交代制は難しいのが現状のようです。

体力的にはきついものがありますが、その分夜勤手当の他に母子手当が付いたり、託児所完備のところもあります。

中にはパートの募集もちらほら見かけられますが、多くは夜勤専門で午後4時くらいから翌日10時くらいまでが勤務時間となります。

生活のリズムが夜型で安定してもOKという方には夜勤パートもよいかもしれません。

助産師の勤務時間・休日・生活

雇用形態により差がある

助産師の勤務時間は、正職員の場合はたいてい2交代制で、日勤が8:00~18:00、夜勤が16:00~10:00くらいの時間帯です。

日勤の次に夜勤が入っていたり、夜勤の翌日が日勤だったりすると、24時間以上拘束されることがあり、現在働き方改革によって改善の余地を探っている状態です。

しかし、陣痛の来た妊婦さんを常に受け入れる体制を整えておかなければならないため、ある程度拘束時間が長くなるのは仕方がない面もあります。

パートの場合は、日勤のみや夜勤のみ、勤務する曜日など選択できるため、正職員よりは時間の融通が利く働き方ができるでしょう。

助産師の求人・就職状況・需要

助産師は増えているが、まだ不足傾向

助産師の資格所持者は、年々数千人の単位で増えてきています。

それでも助産師の不足が解消されないのは、そもそも助産師の養成施設が少ないということもありますが、過重労働により辞めてしまう助産師が多いからです。

陣痛はいつ来るかが全く予測できないため、特に独立開業した助産院などではどうしても勤務が不規則になったり、休みが取れなかったりします。

病院勤務でもそれは同じであるため、現在は2交代制勤務のところが多いですが、それだと勤務時間が非常に長くなってしまうことがあり、体力的にも厳しい職種です。

助産師の転職状況・未経験採用

新卒採用も積極的に行われている

助産師は現在絶対数が足りない状況であり、そのため新卒の正職員採用も積極的に行っている場合が多く、そのため助産師の年齢のボリュームゾーンは20台後半と若い傾向です。

また、助産師は看護師より年収が良いため、産科の看護師が助産師になって再就職することもあります。

昨今の自然なお産ブームの流れに乗り、病院などで実務経験を積んだベテラン助産師は、自分の助産院を独立開業することもあります。

どのような道を選択するにしろ、その職場が自分の生活リズムを壊しすぎないかという点は、長く働くうえで大切になってくるでしょう。

助産師の現状と将来性・今後の見通し

人類が存在する限り必要とされる

少子化が進み、昔に比べてお産の件数は減りつつありますが、人間にとって出産という大事なイベントがある以上、助産師は必要不可欠の存在です。

独立開業する助産師は比較的多く存在しますが、病院勤務の助産師は不足しているところが多いため、まだまだ需要のある仕事だといえます。

また、近年では助産師免許に加え、ベビーマッサージやマタニティヨガ、アロマカウンセラーなどの民間資格を取り、妊産婦や乳児に対し、更なるサービスを提供する助産師も増えています。