看護師の1日のスケジュール・生活スタイル

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

看護師の業務スケジュール

看護師の1日のスケジュールは、勤務先や配属、担当業務などによって大きく異なります。

病院の場合、入院患者さんを受けもつ病棟では24時間体制で動いています。

看護師はシフト制勤務となり、他の看護師と交替で勤務し、日によっては夜勤が入ります。

ただ、すべての看護師が夜勤をしているわけではありません。

病院勤務の場合でも、外来のみを担当する看護師は日勤で働きますし、地域の小さな診療所の診察時間は一般的に朝から夕方であるため、夜勤をすることはまずありません。

さらに、看護師の勤務先は医療機関以外にも、介護保険施設や訪問看護ステーション、地域の保育所・保健センター、一般企業など多岐にわたります。

勤務先によって業務スケジュールや仕事の進め方は異なります。

看護師の病院以外の勤務先・活躍の場

外来で働く看護師の1日

病院の「外来」では、病気や怪我をしている患者さん、健康に関する不安を抱いている患者さんの診察をし、必要な検査や処置を行います。

ここでは診療所の外来で働く看護師の1日を紹介します。

8:00 出勤
白衣に着替えて身だしなみなど準備を整えます。
8:15 カルテや器具の準備
外来には1日に多くの患者さんが訪れます。

朝一番でカルテや医療器具を準備し、消耗品の残量もしっかりと確認して補充も済ませておきます。

8:30 ミーティング
スタッフ全体で共有すべき事柄を伝達します。
9:00 診療開始
日にもよりますが、外来の診察が始まると休む間はなかなかありません。

受付を済ませた患者さんを診察室へ誘導し、医師の指示を仰ぎつつ採血や血圧測定、その他の検査を行います。

12:30 昼休み
食事は休憩室でとります。同僚と会話をしてリフレッシュ。
15:00 午後の診療開始
多い日には、1日に100人近くの患者さんが訪れることもあります。

バタバタと忙しく動き回りますが、最後の患者さんの診察が終わるまで気を抜かずに仕事をします。

18:00 診療終了
すべての患者さんがお帰りになったら、診察室の清掃と片付けをし、診察や検査に使用したシーツの交換、医療用廃棄物をまとめ、書類の整理などを済ませます。
18:30 退勤
翌日のスケジュールを確認し、自宅に帰ります。

病棟で働く看護師の1日

病院の「病棟」では、入院中の患者さんの身の回りのお世話や、検査の介助、日常的な検温・投薬・点滴などを行います。

病棟では24時間体制で患者さんをケアすることから、複数の看護師が交替制で勤務しています。

ここでは例として、「日勤・準夜勤・深夜勤」の3交替制をとっている職場での、深夜勤で働く看護師の1日の流れを紹介します。

0:30 勤務開始
準夜勤で働いている看護師から、申し送りを受けます。
1:00 巡視
患者さんの様子を見て回ります。多くの患者さんは就寝中ですが、異変がないかを注意深く観察します。
2:30 記録
巡視がひと通り終わったら、患者さんの状態などをカルテへ入力します。
4:00 点滴準備
朝、使用する分の点滴を準備します。
4:30 休憩
6:00 検温・採血・点滴交換
患者さんが起床すると、日常の基本的な検査を行います。
6:30 朝食準備
食前薬も配ります。
7:00 朝食の配膳
食事の介助が必要な患者さんには、看護師が介助します。
8:00 食事の片付け・摂取量チェック
食後薬を配り、各患者さんが食事をとれているかを確認。
8:30 申し送り
日勤として出勤してきた看護師に、患者さんの容態や夜間の出来事についての情報を伝達します。
9:00 退勤

その他の看護師の1日

ここで紹介した看護師のほか、「オペ室看護師」や「ICU看護師」として働く人もいます。

それぞれの仕事の流れや特徴は、以下のページで紹介しています。

オペ室看護師の仕事内容・役割

ICU看護師の仕事内容・役割

看護師の勤務時間・休日・夜勤や残業は多い?