このサイトは歯科助手を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「歯科助手」

仕事内容
歯科助手の代表的な仕事は、歯科医院での受付や患者さんの案内、事務全般です。電話対応やカルテの整理、お会計、後片付け、掃除やタオルの洗濯など、実にさまざまな業務をこなします。他にも治療で使う器具の準備をしたり、治療中もセメント・印象材を練る作業やバキュームなどに携わることもあります。歯科医院によって仕事内容は異なりますが、国家資格を持った歯科医師や歯科衛生士のように、直接患者さんの口の中に手を入れる行為はできません。
なるには
歯科助手は、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。「未経験可」としている求人も決して少なくはないため、まったくの未経験からスタートすることも可能です。ただし、歯科助手の民間資格はいくつか存在し、日本歯科医師会などが行う講習や講義を修了して資格認定を受けることで、就職の際に大きく有利になることが多いです。講習は仕事をする上でも役立つ内容となっているため、受講者も年々増えているようです。
給料
歯科助手の仕事は正社員としてだけでなく、パートやアルバイトで働いている人も多くいます。正社員の場合は年収250万円~300万円程度、パートやアルバイトは時給900円~2000程度が一般的です。それほど大きな収入は望めませんが、経験を積むことで昇給するケースが多いようです。待遇は、各種保険制度や有給休暇、交通費手当など充実している場合とそうでない場合と、歯科医院によって随分と異なります。
将来性
高齢化社会が進み、通院できない患者さんのための訪問診療の需要が高まっています。歯科医師一人だけでは治療が困難なことも多いため、今後も歯科助手の活躍の場は広がっていくでしょう。また、人々の健康や美容への意識が高まり、定期的な検診やホワイトニングなど、若い世代でも治療以外で積極的に歯科医院に通う人が増えています。患者さんへの思いやりを大事にしながら、常にスムーズな診療ができるようテキパキと行動できる人材が求められます。

仕事体験談