このサイトは医師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「医師」

仕事内容
医師は、大きく「臨床医」と「研究医」の2つに分けることができます。臨床医は、病院や診療所などに勤務し、直接患者さんの治療やリハビリテーション等 に携わります。一方、研究医は大学や研究機関に勤務し、病気の原因を発見する基礎医学の研究を行います。大学病院など大きな施設では、内科、外科、皮膚科など専門科ごとに分かれた診療を行いますが、町の診療所では一人の医師がいくつもの科にまたがる診療を行うことも多々あります。
なるには
医師として働くには、まず国家資格である医師免許の取得が必要です。高校卒業後に大学の医学部や医科大学で6年間学び、医師国家試験に合格しなければなりません。医学部の入試は難易度が高いですが、入学後も将来の希望に関わらず全ての科について学ぶため、勉強量はかなりのものとなります。医師免許取得後は病院で2年間の臨床研修、さらに最低5年の実地研修を行い、専門医試験に合格することで、内科や眼科などの専門医として働くことができます。
給料
研修期間中の年収は400万円程度、勤務医の平均年収は1000万円以上です。大学病院に勤める場合、講師、助教授、教授とキャリアアップしていくにつれて給料は上がり、待遇も良くなります。給料は高めですが、不規則な生活や長時間労働もあるなど、楽なことばかりではありません。独立した開業医の中には2000万円以上稼ぐ人も少なくありませんが、設備や人件費などの経費も多くかかるため、経営が軌道に乗るまでは厳しい生活になる可能性もあります。
将来性
医師は時代を問わず需要の高い仕事です。ただし、人気のある科とそうでない科に差が出ており、産科や小児科などは人材不足が課題となっています。また、医師は大都市圏に集中しやすく、地方都市や田舎町では病院の経営難や医師不足により、適切な医療行為が成されず苦労しているケースも増えています。今後は大病院だけにこだわらず、人材不足の病院や地域で働ける強い使命感を持った医師の存在価値が、ますます高まるものと考えられています。