看護師と准看護師の違い

看護師には、正看護師と准看護師という二つの資格があります。

正看護師とはあくまで看護師と准看護師とを区別するための呼称で、正式なものではありませんが、ここでは話をわかりやすくするために正看護師という書き方をさせていただきます。

法的な違い

正看護師と准看護師の厳密な違いは、保健師助産師看護師法に定められており、看護師は「厚生労働大臣の免許を受けて、療養上の世話、または診療の補助を行なう」となっています。

一方准看護師は「都道府県知事の免許を得て、医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて療養上の世話、または診療の補助を行なう。」となっており、国家免許でないこと、医師はもちろん、正看護師の指示を受けなくては業務を行えないことになっています。

待遇の違い

しかしながら実際の臨床の場においては、正看護師と准看護師はほぼ同じように仕事をこなしており、明確な業務の違いはありません。

ただ給与、昇格において、正看護師と准看護師との間には明確な差があります。

業務内容に違いがないこと、高度医療に対応できる看護の質の向上と保持のため、日本看護協会は准看護師制度の廃止を提案していますが、労働力の確保やその他の理由から論議は検討中となっています。

准看護師の採用は?

正看護師と准看護師は、学校で習得している知識も技術も違いますが、実務に違いはなく、安い賃金で雇用できるという点で、個人病院や診療所では広く就職先があります。

しかし、一方で、看護師数と患者数の対比で看護の手厚さを計る「看護配置基準」では、准看護師は数に入らないため、高い看護基準を目指す病院や、それによる診療報酬を得たい病院は准看護師の採用を行なっていないことがあります。

仕事体験談