「ドラッグストア店員」とは

ドラッグストア店員_画像

ドラッグストアに勤務し、接客やレジ、商品管理、発注、清掃などの業務を担当する。

ドラッグストア店員のおもな仕事は、来店されたお客さまに対しての接客、レジ、商品管理、発注、清掃などです。

ドラッグストアでは一般用医薬品のほか、日用品、食料品、化粧品など多岐にわたっており、店員は豊富な商品知識を持ってお客さまの買い物のサポートをすると同時に、店舗運営に携わりながら売上向上を目指します。

ドラッグストア店員は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど多様な雇用形態で働く人がおり、給料は正社員で年収600万円前後がボリュームゾーンとされていますが、「登録販売者」あるいは「薬剤師」の資格を持っていると優遇されるケースが多くなっています。

「セルフメディケーション」の重要性が叫ばれる今、ドラッグストアでも、医薬品の専門知識を有したプロフェッショナルの活躍に期待が寄せられています。

「ドラッグストア店員」の仕事紹介

ドラッグストア店員の仕事内容

医薬品や食品・日用品などの小売業

ドラッグストア店員のおもな仕事は、ドラッグストアに来店されたお客さまに対しての接客、レジ、商品管理、発注、店内の商品陳列・清掃などです。

ドラッグストアで扱う商品は一般用医薬品のほか、日用品、食料品、化粧品など多岐にわたっており、とくに大型の店舗になればなるほど扱うアイテム数や種類も増えます。

また、昨今ではドラッグストアでもプライベートブランドを売り出していることも多く、そういった商品の取り扱いやPRなどをすることもあります。

そこで働く店員は、商品知識を身につけてお客さまが快適に買い物ができるためのサポートをすると同時に、店舗運営に携わりながら売上をアップさせるために働きます。

一般用医薬品を販売するために、「薬剤師」や「登録販売者」の資格を生かして活躍する人も多くいます。

ドラッグストア店員の就職先・活躍の場

ドラッグストアもしくは販売会社

ドラッグストア店員の中でも正社員である場合は、そのドラッグストアを展開または提携している医薬品販売会社に就職することになります。

そして各ドラッグストア店舗の担当として、店舗で接客販売をおこない、スーパーバイザーらと協力して各店舗の経営をおこないます。

また、パートやアルバイト勤務のドラッグストア店員は、勤務先のドラッグストアの店長がおもに採用を担当するので、雇用元と勤務先は同じということになります。

ドラッグストア店員の1日

接客販売・商品管理が業務の中心

ドラッグストアでは、商品を買いに訪れるお客さんとの接客や商品販売、品出し、発注などが主な業務になります。

ここでは、ドラッグストアの店長として働く人の1日の様子を見てみましょう。

<ドラッグストア店長のスケジュール>
09:30 メールチェック、情報管理
ドラッグストアに到着すると、まずメールをチェックし、本部やブロック長などからの商品に関する情報を確認します。

09:50 朝礼
早番の店員と共に朝礼をおこない、必要な連絡事項などについて共有します。

10:00 開店
お客さんの相談に応えたり、必要に応じて商品を紹介したりします。
合間に品出しや発注作業、スタッフの業務に関するアドバイスなどの人材育成も行います。

12:00 休憩
他の店員さんとの兼ね合いで休憩時間は前後します。

13:00 午後の業務
午前と同じく接客や販売、商品の補充などをおこないます。
季節によって商品の陳列を替え、その時期に必要とされやすい商品を分かりやすい位置に置きかえたりします。

18:00 申し送り
朝から勤務している場合、夕刻には業務終了になります。
閉店まで勤務するスタッフに必要事項の申し送りをおこない、業務を終了します。

ドラッグストア店員になるには

正社員やアルバイトとして採用される

ドラッグストア店員は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど、多様な雇用形態で働く人がいます。

正社員であれば、各企業に総合職といった形で就職し、各店舗に配属され、店舗の経営をになうこととなります。

店舗に配属される際、薬剤師・販売登録者・化粧品担当など、それぞれが担当を持つ場合もあります。

働きたい部門によっては薬剤師の国家資格が必要となったり、販売登録者を試験に合格していなければいけません。

一方、パート・アルバイトであれば学歴はほとんど問われず、求人数も多く、採用されればすぐに店員として店頭で働くことができます。

どちらにせよ、店頭でお客様と接する場で仕事をするため、清潔感を求める店舗が多く、髪色・髪型、ピアス・ネイルなどに関して制約のある店舗が多くあります。

ただし、マスク着用に関しては「感染予防」という名目でOKとする店舗と「お客様からの印象が悪い」という理由でNGとする店舗があり、店長の意向により異なります。

ドラッグストア店員の学校・学費

さまざまな学歴の人がいる

ドラッグストア店員となるにあたっては、必須の学歴や資格は特にありません。

そのため、さまざまな学歴や職歴の人とともに仕事をすることが多くあります。

ただし、薬学部を卒業していたり、薬剤師の国家資格を所持していると優遇されたり、業務を進めやすいことがあります。

またドラッグストアによっては、一角に調剤薬局を設け、病院で出される処方箋を受け付けていることもあるので、薬剤師の資格があると、そういった場所で働くこともできます。

ドラッグストア店員の資格・試験の難易度

薬剤師、登録販売者は有利

ドラッグストア店員になるために必須となる資格は、とくにありません。

ただし、薬剤師や登録販売者などの資格を持っていると、採用の面でも実務の面でも有利に働くことが多くあります。

また薬剤師の資格があれば、店員として働くほか、隣接する調剤薬局のスタッフとして働くこともできます。

薬剤師になるためには薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験に合格しなくてはいけませんが、登録販売者の認定試験は実務経験があれば受けることができます。

ドラッグストアで店員として働き、実務経験を積みながら、登録販売者の勉強をして認定を受け、キャリアアップを目指す人もいます。

ドラッグストア店員の給料・年収

雇用形態・所持資格により異なる

ドラッグストア店員の年収は、正社員として働く場合、薬剤師の資格を取得していれば600万円前後がボリュームゾーンとなっているようです。

ドラッグストアは比較的給料がよいといわれており、大手ドラッグストアの場合、店長やその他の役職者になると年収1000万円以上を得ている人もいるようです。

薬剤師の有資格者であれば、パートであっても時給2,000円~3,000円程度といった高時給で採用されることもあります。

ただし、ドラッグストアで扱う商品は種類も数も多いため、仕事は多忙になりがちで、店によっては残業が多くなることもあるようです。

ドラッグストア店員のやりがい、楽しさ

セルフメディケーションに貢献できる

昨今では「セルフメディケーション」といって、病院の過度な混雑や医療費の圧迫を避けるため、市販薬を活用し、体調管理を行う人が増えています。

ドラッグストアでは昔からある市販薬はもちろん、薬剤師の対面が必要な医薬品も取りあつかい、身近な場所で人々の体調管理に貢献できるのが魅力のひとつといえるでしょう。

市販薬をより正しく効果的に使用するため、利用頻度の確認をしたり、時には医療機関への受診を勧めたりと、病院へ行く・行かないのフィルター的役割もこなします。

ドラッグストア店員のつらいこと、大変なこと

医薬品は取扱いがむずかしい

市販薬とはいえ、薬はある化学物質を一定の量ふくんでおり、正しく使えば効果を望めますが、その反面で副作用を伴うこともあります。

薬物は作用機序に従って人体に何らかの影響を及ぼすものであり、人にとってメリットな面は「効果」、デメリットな面は「副作用」と呼称されるだけです。

ですので、最大限の効果を得ながら、副作用だけを最小限に抑えるのは、医師や薬剤師でも難しいことであり、特別な資格のないドラッグストア店員では、なおさら困難です。

そういった「薬の効き方」を上手に人々に伝えるには、ときには大変な思いをせねばならないこともあるでしょう。

ドラッグストア店員に向いている人・適性

情報収集力にたけている人

ドラッグストアにはいろいろなニーズを抱えたお客さんが訪れますが、おもには体調がかんばしくない人や、その家族であることが多いです。

お客さんのニーズを的確にとらえるための対話力も必要ですが、体調が悪い場合は言葉でコミュニケーションを取ることが難しい人もいます。

そのような場合でも、相手の状態を的確に把握できる、ノンバーバル(非言語的)コミュニケーションの得意な人は、その特性を生かせるでしょう。

お店に頻繁に来るお客さんの様子や、季節・気候、口コミで話題の化粧品など、いろいろな部分にアンテナを張り、店舗経営に活かせる人も、この仕事に向いているといえます。

ドラッグストア店員志望動機・目指すきっかけ

市販の薬への興味、接客をしたいなど

ドラッグストア店員になるきっかけはさまざまですが、セルフメディケーションにより市販薬に親しむ人が増え、興味がわいてくる人などもいます。

薬剤師などの国家資格を取得するのは難しいですが、ドラッグストアで働きながら登録販売者を目指して勉強をするなど、薬に関する向学心がある人の志望が多いようです。

特別な資格を持たずとも、身近なところで人と接しながら、暮らしの質を高めるお手伝いができる場として、ドラッグストアを選ぶ人もいます。

ドラッグストア店員の雇用形態・働き方

正社員またはパート・アルバイト

ドラッグストア店員は、店長が正社員、それ以外のスタッフはほぼパート・アルバイト勤務の場合が多くあります。

店長がパートやアルバイト勤務のスタッフをまとめながら、各地域の店舗を束ねるスーパーバイザーと協力して経営方針を練り、店員がそれを実務に反映することもあります。

正社員として働く場合、定収入が得られますが、本部社員とパート・アルバイト店員の橋渡しのほか、店の運営も一任されることが多く、責任がともないます。

パート・アルバイトとして働く場合、働く時間・曜日の融通が利きますが、収入は低めになることが多いでしょう。

ドラッグストア店員の勤務時間・休日・生活

店舗の営業時間・定休日に準ずる

ドラッグストア店員の勤務時間は、正社員の場合は営業時間内で7~8時間、週休2日というところが多いようです。

ただし、店舗運営以外に事務処理もこなさなくてはいけないので、パート勤務の店員と休日が違うことがあります。

それでも、基本的には大幅な残業があったり休日がなかなか取れない、といったことはあまりないので、生活のリズムは安定しやすいでしょう。

パート勤務ですと、より自分の生活に合ったシフトを組める可能性が高く、子育て中でも接客経験と共に薬の知識も得ることができるという点でメリットは多いといえるでしょう。

ドラッグストア店員の求人・就職状況・需要

エリア拡大競争により求人も多い

現在、大手ドラッグストアを中心として販売エリアの拡大競争が激化しており、あらゆるチェーン店の新店舗が続々とオープンしている関係で、求人は常に豊富にあるといえるでしょう。

パートやアルバイトの求人のほか、店長候補としてキャリアアップを前提にした募集などもあり、ドラッグストアで働きたい人にとっては就職しやすい状況です。

就職の難易度としても、とりたてて難しいということはありませんが、衛生に気を使う職場であり、また覚えることも少なくはないため、清潔感と真面目さは重視されるでしょう。

ドラッグストア店員の転職状況・未経験採用

オープニングスタッフの求人も多い

大手ドラッグストアを中心にしたエリア拡大競争にともない、新店舗のオープンも着々と行われています。

そのため、求人の数自体も多く、オープニングスタッフとして募集人数も多いことがよくあります。

ドラッグストア店員の経験がある人が別の店舗に転職する場合、ドラッグストアでの仕事のしかたや商品名などにも詳しく、即戦力として歓迎されます。

別の職種からドラッグストア店員として働く際は、接客経験がある・薬剤師の資格がある・登録販売者の資格があるなどのアピールポイントがあると、より採用されやすいでしょう。

ドラッグストア店員の現状と将来性・今後の見通し

セルフメディケーションによる需要増加

ドラッグストアで取り扱う多様な商品は、いずれも人々の快適で健康な暮らしを保持するために大きな役割をになっており、コンビニエンスストアのように常に求められるものとなっています。

そこで働く店員の需要も多く、店長候補として、より高いキャリアを目指してステップアップしながら、店員として貢献していくこともできます。

「セルフメディケーション」の重要性が叫ばれる今、ドラッグストアでも、医薬品の専門知識を有したプロフェッショナルのさらなる活躍に期待が寄せられています。