このサイトはドラッグストア店員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ドラッグストア店員」

仕事内容
ドラッグストア店員のおもな仕事は、ドラッグストアに来店されたお客さまに対しての接客、レジ、商品管理、発注、清掃などです。ドラッグストアで扱う商品は一般用医薬品のほか、日用品、食料品、化粧品など多岐にわたっており、とくに大型の店舗になればなるほど扱うアイテム数や種類も増えます。そこで働く店員は、商品知識を身につけてお客さまが快適に買い物ができるためのサポートをすると同時に、店舗運営に携わりながら売上をアップさせるために働きます。一般用医薬品を販売するために、「薬剤師」や「登録販売者」の資格を生かして活躍する人も多くいます。
なるには
ドラッグストア店員は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど、多様な雇用形態で働く人がいます。正社員であれば、各企業に総合職といった形で就職し、各店舗に配属されて経験を積んでいきます。一方、パート・アルバイトであれば学歴はほとんど問われず、求人数も多めとなっています。「登録販売者」あるいは「薬剤師」の資格を持っていると、他の一般スタッフよりも幅広い仕事ができるようになるため、就職・転職の際に給与面などで優遇されるケースが多くなっています。
給料
ドラッグストア店員の年収は、正社員として働く場合、600万円前後がボリュームゾーンとなっているようです。ドラッグストアは比較的給料がよいといわれており、大手ドラッグストアの場合、店長やその他の役職者になると年収1000万円以上を得ている人もいるようです。とくに薬剤師の有資格者であれば、パートであっても時給2,000円~3,000円程度といった高時給で採用されることもあります。ただし、ドラッグストアは扱う商品の種類や数が多いことから仕事はどうしても忙しくなりがちで、店によっては残業が多くなることがあるようです。
将来性
ドラッグストアで取り扱う多様な商品は、いずれも人々の暮らしに欠かせないものであり、もはやドラッグストアはコンビニエンスストアと同じように世の中になくてはならない店のひとつになっているといえるでしょう。そこで働く店員の需要も大きく、いち店員から、店長やマネージャーを目指してステップアップしていくこともできます。「セルフメディケーション」の重要性が叫ばれる今、ドラッグストアでも、医薬品の専門知識を有したプロフェッショナルのさらなる活躍に期待が寄せられています。

仕事体験談