「MR」の仕事とは

MRの仕事内容

医薬品の適正使用を促し、販売する仕事

MR(Medical Representatives)は、日本語で「医薬情報担当者」を意味し、医薬品のスペシャリストとして医療現場に情報を提供する仕事です。

MRは錠剤や粉薬のような内服薬から軟膏などの外用薬、注射液や点滴で使う輸液など、あらゆる医薬品の知識や情報を持っています。

そして、医師や看護師に副作用や適応症に関する正しい情報を伝え、適正に使用してもらえるように促します。

同時に、医療現場からは副作用などに関する情報を吸い上げ、自社に報告することで、医薬品による被害を最小限に抑える役割も担っています。

また、自社の製品を医療現場で紹介し、販売をするのもMRの役目の一つですが、その際にも商品に関する専門的な情報を正しく伝えることが重要となります。

MRの就職先・活躍の場

製薬会社社員、またはCSOに所属

MRの仕事は医薬品に関する情報提供のほか、自社製品の営業職でもあるため、ほとんどのMRは何らかの製薬会社の社員として働いています。

MRの認定を受けたのち、医療機関や調剤薬局、医薬品卸売業など、医薬品を取り扱う施設をまわって、MRとしての職務を行います。

また、医薬品を作っている会社に身を置くことによって職務の発生する立場であることから、MRが独立開業するということはまずありません。

しかしながら、昨今はコントラクトMRと言い、CSOと呼ばれる企業に所属して、各製薬会社のMR業務を担う、派遣社員的なMRもいます。

MR1日

MRは製薬会社の営業職として、基本的には各エリアの病院をまわっています。

ここで、とある製薬会社勤務のMRを例に挙げてみましょう。

某製薬会社勤務のMRのスケジュール



08:00 医薬品卸売業者 一件目の営業
MRは各人員ごとに担当するエリアや業者が決められていることがほとんどです。

09:00 医薬品卸売業者 二件目の営業
MRがまわる施設は病院が最も多いですが、医薬品を取り扱うすべての施設を訪れ、MRとしての仕事をします。

10:30 病院 一件目 新薬の案内など
自社開発製品の営業をしながら、既存の製品に関するフィードバックを受けたりなどします。

12:00 病院 二件目 自社製品採用のお礼
自社の製品を扱ってくれた病院には、フィードバックも兼ねてお礼に向かうことが多くあります。

13:00 休憩
日中は外回りをしていることがほとんどなので、営業先との取引の合間に外で昼食を取ります。

13:30 ジェネリック医薬品代理店 営業、説明
ジェネリック(後発)医薬品を取り扱う代理店などもMRの営業範囲です。

14:00 病院 三件目 薬事審議会に関する資料を提出
薬事食品衛生審議会の委員となっている病院長へ、新薬の承認の可否を審議するのに必要な資料を提出します。

14:30 調剤薬局グループ社長と面会
グループ展開している薬局で、自社製品採用に向けた打ち合わせを行います。

15:00 その他の病院、クリニック、薬局など10件訪問
エリア内で担当している病院や薬局などを訪問し、営業や自社製品に関する説明、フィードバックを受け取ったりします。

19:30 自宅にて日報送信、メール返信、事務処理
自宅に直帰し、日報登録、メール返信、事務作業を行い、業務終了となります。

MRになるには

製薬会社やCSOに入社し資格を取る

MRになるには、特別な資格や学歴は必要ではありません。

製薬会社などの医薬品を取り扱う企業やCSO(MR派遣会社)にて、MR志望者として入社試験を受け、採用されることがまず必要です。

ただし、厳しい研修を受けなければならないこともあり、現実的には大学卒業以上の学歴を応募資格としている企業がほとんどです。

採用後半年ほどの研修を受けたのち、MR認定センター主催のMR認定資格試験を受け、これに合格するとMRと名乗ることができます。

MRの学校・学費

学歴不問の場合もあるがほぼ大卒以上

MRとして働くには、MR認定資格試験に合格するのが条件ですが、受験をする際には学歴は不問です。

しかし、MR認定資格を得る前の時点で、企業の採用試験の応募資格として大学卒業以上の学歴が求められることが多くあります。

卒業学部に関しては、認定資格試験に合格すればよいため不問になります。

文系学部を卒業して製薬会社にMR志望者として入社し、研修ののちMR認定試験に合格して、MRとして活躍している人もよくいます。

ただし医学部または薬学部卒業者の場合、MR認定試験全3科目のうち2科目が免除になるため、他学部よりは有利になります。

MRの資格・試験の難易度

難易度は高くないが、合格率は低下

2018年1月発表のMR認定試験の合格率は、過去最低の69.8%という結果になっています。

新規受験者のみの合格率でも80.1%と、例年より4%近く低い合格率となっており、理由は不明となっています。

MRの認定試験は、MR認定センターの発行するドリルから出題され、それぞれの科目において、正答率80%で合格となります。

ドリルの問題数もさほど多くはなく、きちんと学んでいれば全て回答することも難しいことではありません。

MRの給料・年収

専門知識を必要とするため収入はよい

MRは、医薬品に関する専門知識を網羅していることから、一般的なサラリーマンに比べると給料が高いことで知られている職業です。

医薬品の営業マンとして一日中病院を訪問して歩く仕事であるため、営業手当や外勤手当などがつくことも高収入の理由のひとつです。

大手製薬会社に勤める場合、平均年収は1000万円超となることも珍しくありません。

成果主義の仕事であるため、個人の売上実績に応じてインセンティブがつく企業も多く、頑張り次第でたくさんの収入を得やすい職業となっています。

MRのやりがい、楽しさ

自社の医薬品が貢献している実感

MRのやりがいはいろいろありますが、自社で開発された製品が導入されたあと、良いフィードバックが得られたときには特にやりがいを感じるでしょう。

また、さまざまな病院や薬局を訪れるので、医学や薬学の最前線で、現在どのようなことが課題となっているのかを直に見聞きすることができます。

それを再び自社の製品開発部に報告したりすることで、新たな製品をより良いものにするために貢献できることも魅力です。

患者さんと直接向き合うことはなくても、間接的に多くの患者さんに医薬品が役立っていると感じることも、大きな魅力といえるでしょう。

MRのつらいこと、大変なこと

外回りが多く、体力が必要

MRは、基本的に担当エリアの病院や薬局などへ営業や打ち合わせ、必要書類のやり取りなどのためにまわっていることがほとんどです。

一日に10件以上の施設を訪問することも多くあり、場所によっては徒歩で長時間かけて行く必要のある立地の病院などもあるため、体力は重要でしょう。

それに加え、自社製品の営業も大切な業務なので、いかに他社の製品より優れているかをプレゼンし続けないといけません。

そのため、体力に加え、何度か断られても自社製品を支持し、良さを伝えられる気力も使う仕事です。

MRに向いている人・適性

人と接すること・説明が上手い人

MRは病院の医師や薬剤師など、外部の多くの人と日々接する仕事ですので、人と接することが好きな人には適性があるといえるでしょう。

外部の人と上手に接し、医薬品に関する現場の声を適宜フィードバックできる人は、自社においても、外部機関からも重宝されると思われます。

また、専門知識を持っている医師・薬剤師が相手であっても、新しいタイプの作用機序を持つ医薬品などに関しては分かりやすく説明することが必要です。

そして、そこから考えられる効能や既往症、副作用などに関しても、筋道立てた説明ができることが重要になってくるでしょう。

MR志望動機・目指すきっかけ

医療系学部の人の志望が多い

MRには学部の制限はありませんが、医療系の学部・学科に所属している場合、病院で働くことを望まない人は、製薬会社や医療系の出版社など自分の知識を活かせそうな職場を志望します。

そこで、製薬会社のMRとして、大学での知識を生かして働きたいという理由で志望する場合が多くあります。

ただし、大学院卒業者はその限りではなく、営業職ではなく研究職を選ぶ人のほうが多いです。

医療系学部でない人でも、身内が医薬品によって病気がよくなったり、QOL(生活の質)が向上したとき、自分も医薬品の良さを正しく普及したいという動機でMRを志望することもあります。

MRの雇用形態・働き方

正社員もしくは派遣社員

MRは、担当エリアのさまざまな病院の元に足を運び、信頼性を築くことが大切であるため、ある程度長時間、長期に働くことのできる正社員として働くことがほとんどです。

相手の時間の都合もあるので帰宅時間が遅くなったり、時間は多少不規則になりがちですが、給与は高く福利厚生も充実している会社が多いようです。

またはCSOに就職し、派遣MR(コントラクトMR)として、正社員ではまかないきれないエリアを任されたり、新薬導入時の一時的な増員の際に正社員とともに働きます。

こちらも仕事内容としては製薬会社の正社員とほぼ同じですが、だいたい2~3年の契約であり、新しい職場に行くたびに違う薬について覚えないといけません。

どちらにせよ、子育てと両立するのは難しいといえるでしょう。

MRの勤務時間・休日・生活

勤務時間は不規則になりやすい

MRは相手の時間の都合に合わせて動かなければならず、時には先方に急な用事が入ったりして、訪問時間が遅くにずれ込むこともあります。

そのようなことから、勤務時間は比較的不規則になりやすく、生活のリズムも乱れやすい傾向にあるといえるでしょう。

また、相手方の都合により、休日出勤をしなければならないこともあります。

その分手当はつくので給与は高額になりがちですが、なかなか決まった休みを取るのが難しい職種といえます。

MRの求人・就職状況・需要

MRの求人は景気の影響を受けにくい

医薬品が新たに開発され続けている以上、MRの仕事に終わりはなく、需要が途絶えることもありません。

そのようなことから、よくも悪くも求人の増減が景気に左右されにくい職種であるといえます。

需要が一定の基準で安定していて、それ以上にもそれ以下にもならない、ということになりますので、応募人数の多寡により就職の難易度が左右されます。

また、ベビーブーム世代のMRが定年を迎える年は、求人が一時的に増えることが予想されます。

MRの転職状況・未経験採用

異業種からMRを志望する人もいる

まったくの未経験からMRを志望して転職する人もいますが、そういった人は製薬会社よりCSOに転職し、経験を積むことが多いようです。

新卒でMRを志望する場合、全員まだMRの資格を取得していない未経験採用になります。

また、MRの転職は、35歳くらいまでは比較的採用されやすいですが、それ以上の年齢になるとなかなか求人が見つからないこともあります。

タイミングによっては実力を伴う40歳以上のMR経験者を積極的に採用することもありますが、年齢が上がるほど転職活動が長期になる可能性は高くなります。

MRの現状と将来性・今後の見通し

今後の新薬開発状況にも関連する

MRは、製薬会社と医療現場の架け橋としての重要な役目を担っています。

しかし、MRの数が増えたこと、ジェネリック医薬品の増加によって大型の新薬の開発に携わる製薬会社が減ってきたことなどから、MRの採用数は頭打ちになりつつあります。

このような背景にともなって、今後MRの就職の倍率や難易度は、さらに上がる可能性も考えられます。

やりがいは十分にある仕事ですが、この職業に就いて活躍し続けるためには、新たな医薬の知識を取り込み続ける向学心が必要となるでしょう。