このサイトはMRを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「MR」

仕事内容
MR(Medical Representatives)は、日本語で「医薬情報担当者」を意味し、医薬品のスペシャリストとして医療現場に情報を提供する仕事です。錠剤や粉薬のような飲み薬から軟膏などの塗り薬、注射や点滴で使う液剤など、あらゆる医薬品の情報を持ち、医師や看護師に副作用や適応症に関する正しい情報を伝えます。同時に、医療現場からは副作用に関する情報を吸い上げ、報告することで、医薬品の被害を最小限に抑える役割も担っています。
なるには
MR(Medical Representatives)は、日本語で「医薬情報担当者」を意味し、医薬品のスペシャリストとして医療現場に情報を提供する仕事です。錠剤や粉薬のような飲み薬から軟膏などの塗り薬、注射や点滴で使う液剤など、あらゆる医薬品の情報を持ち、医師や看護師に副作用や適応症に関する正しい情報を伝えます。同時に、医療現場からは副作用に関する情報を吸い上げ、報告することで、医薬品の被害を最小限に抑える役割も担っています。
給料
MRは、一般的なサラリーマンに比べると給料が高いことで知られている職業です。医薬品の営業マンとして一日中病院を訪問して歩く仕事をしているため、「営業手当」や「外勤手当」などがつくことが、高収入の理由のひとつです。大手製薬会社に勤める場合、平均年収は1000万円超となることも珍しくありません。成果主義の仕事であるため、個人の売上実績に応じてインセンティブがつく企業も多く、頑張り次第でたくさんの収入を得やすい職業となっています。
将来性
MRは、製薬会社と医療現場の架け橋としての重要な役目を担っています。しかし、MRの人数が増えたことや、後発医薬品の増加によって大型の新薬の開発に携わる製薬会社が減ってきたことなどから、MRの採用数は頭打ちになりつつある傾向も見られます。このような背景にともなって、今後は就職の倍率や難易度がさらに上がる可能性も考えられます。やりがいは十分にある仕事ですが、この職業に就いて活躍し続けるためには、真剣に勉強を続けることが必要といえます。