看護師に人気のある科は?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

総合病院では配属科の希望を出せることも

看護師の勤務先として最も割合が大きい場所は、病院です。

総合病院には複数の「科」が設置されており、入院患者さんの受け入れ人数も多いです。

看護師の仕事内容は、配置される科によってずいぶんと違いがあります。

そういった総合病院では、スタッフの人数にはよるものの、配属先の希望を聞いてもらえることもあります。

「看護師になったら何科で働きたいか」は、看護学生時代に少しずつイメージしておくとよいでしょう。

看護師に人気のある科は?

看護師に人気のある科は、その人自身が何を重視するかによって変わってきます。

一般的に、仕事選びで重視されやすいのは「給料が高い」だとか「仕事がハードでない」などです。

しかし、それよりも大切なことは自分自身の看護師としての目標と、自分にどのような資質があるのかということです。

科によって接する患者さんの特徴や、看護師に求められる立ち回り方が多少変わってきます。

ここでは、よくある希望のパターン別に、向いている科を紹介します。

最先端の医療現場で働きたい

看護師としての専門知識・技術を生かし、最先端の医療現場で働きたいと思う人には、救命救急や集中治療室(ICU)、手術室、外科病棟などが人気です。

こういった場では、緊急性の高い患者さんのケアを行うため、看護師にも臨機応変な動きが求められます。

毎日の仕事は変化が激しく、患者さんが回復する様子も間近で見られます。

一人ひとりの患者さんと、時間をかけて向き合いたい

一人ひとりの患者さんとじっくり向き合いたい人には、比較的入院期間の長い内科病棟が人気です。

患者さんとは信頼関係を少しずつ築き上げやすく、ゆっくりと患者さん本人と、そのご家族と関わっていきたい人にはおすすめです。

緊急性の低い部署で働きたい

どの科も「命」を扱うことに変わりありませんが、その緊急性は各科によって差があります。

育児などでブランクを経て職場復帰する場合など、緊急性の高い緊迫した現場に不安がある場合は、皮膚科や泌尿器科、耳鼻咽喉科が好まれる傾向にあります。

このような科は、内科や外科と比べると、患者数や処置が少なめの場合が多いです。

ただ、もちろん皮膚科や泌尿器科、耳鼻咽喉科にも緊急で処置を要する場面はあり、その科にあった看護技術が必要とされます。

働きたい科の考え方は?

希望を出す科を考えるにあたって大切なのは、「人気があるか」よりも「自分に合っているか」です。

それを決めるよい機会が、看護学生のときに行う「病院実習」です。

実習は、外来・病棟のさまざまな科で行われ、看護の現場を知るのに役立ちます。

この実習中にピンときた科があれば、就職後にそこで働きたいという希望を出してみるとよいでしょう。

しかし、希望が100%通るわけではないことは頭に置いておく必要があります。

医師と違い、もともと看護師は科を決める必要がありません。

言い換えれば、どの科で働くこともできますし、どの科に配置されるかもわかりません。

また一人ひとりの患者さんに対して真摯に向き合い、必要な看護ケアを行うという根本的な役割は、どの科に配属されようと同じです。

何科に行っても看護の仕事を遂行できるよう、看護学生時代には幅広い知識と技術、看護師としての大切な考え方を身につけておきましょう。