「治験コーディネーター」の仕事とは

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターとは、治験(製薬企業などによって開発された新薬が、実際の薬として使用されるために必要な臨床研究)を行う際に、医療機関や製薬会社、患者さんの間に立ち、それがスムーズに進行するようサポートする人のことをいいます。

具体的には、治験内容についての勉強をはじめ、治験に参加する患者さんへの募集や治験内容の説明、さらには治験を行う医師の書類作成のサポートや報告書の作成まで、多様な業務を担当します。

治験コーディネーターになるには

治験コーディネータ(CRC)は、主に医療機関に直接雇用される人と、治験施設支援機関(SMO)に所属して医療機関へ派遣される人の2通りに分けられます。

病院では、看護師や薬剤師、臨床検査技師などとして所属している人が部署異動によってこの仕事に携わるケースも多いため、医療機関に所属していない人がこの仕事を目指すには、SMOへの就職を目指す方法が一般的です。

特別な資格は求められませんが、医学や薬学などの知識が必要とされることから、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療系資格があると優遇されることが多いようです。

治験コーディネーターの給料・年収

治験コーディネーターの給料は、勤務先や経験などによって幅がありますが、だいたい300万円~500万円がボリュームゾーンといわれています。

ただし、実績を積むことで給料は徐々にアップし、治験業務全体を一人で担当できるようになれば、年収1000万円を超える人もいるようです。

この職業は、主に病院内で働く場合と、治験施設支援機関などの民間企業に所属する場合の2通りがあり、所属先によって待遇や給料にはだいぶ差が出てくるようです。

治験コーディネーターの現状と将来性・今後の見通し

新薬が開発される際に、治験は必ず必要とされるものです。

新薬の開発が盛んな日本では現在、年間150件程度の治験が計画されており、この傾向は今後も続くと予想されます。

また、国が治験を活性化させるための方針を打ち出したことも追い風となり、治験コーディネーターは、これからさらに需要が拡大していくことが期待できるでしょう。

アウトソーシング業界自体が拡大傾向にあることから、SMOに所属する治験コーディネーターも増加していくと予測されます。