「臨床検査技師」とは

臨床検査技師_画像

医師の指導の下、病気の診断や治療に必要な心電図・脳波・血液などの各種検査を行う。

臨床検査技師とは、病院や保健所などにおいて、医師の指示の下で、病気の診断や治療のために、各種の検査を行う仕事です。

心電図や脳波など患者本人の体の生理的反応や機能を測定する「生理学的検査」、患者の体の組織や血液や尿などを採取し、それらの成分や細菌の有無などを調べる「検体検査」などを行います。

データの分析力や根気の強さが求められます。

臨床検査技師になるためには、臨床検査の養成課程がある学校で3年以上学び、臨床検査技師国家試験に合格することが必要です。

新しい機器や検査法が次々に生まれ、医療の専門化が進んでいる状況において、検査のスペシャリストである臨床検査技師の役割は高まってきています。

「臨床検査技師」の仕事紹介

臨床検査技師の仕事内容

あらゆる検査のプロフェッショナル

臨床検査技師は、病気の診断や治療を目的として、医師の指示の下で各種検査を行う仕事です。

検査は大きく「検体検査」と「生理学的検査」の2つに分けられます。

検体検査は血液や尿、便、医師の採取した髄液などの検体を調べるものです。

検体中の物質濃度や働きを調べたり、組織の細胞を染色し、細胞に異変が無いかを検査します。

生理学的検査は、心電図や脳波、スパイロメーター、聴力検査、超音波検査など、身体の働きを直接検査するものです。

臨床検査技師に許可されている医療行為は「採血」のみで、放射線の照射をしたり、注射や点滴をすることは許されていません。

採血を行うおもな検査は、血液検査のほかに「糖負荷試験」といって、糖尿病の疑いがある人にほどこす検査があります。

臨床検査技師の就職先・活躍の場

病院、研究職、製薬会社の営業など

臨床検査技師の就職先としていちばん多いのは、病院の検査部です。

輸血部に所属して、手術前に準備する輸血パックの検査をしている人もいます。

また、検査を専門に行う検査センター、保健所などで検査業務を行ったり、製薬会社の営業職(MR)なども活躍の場となっています。

そのほか、大学院を出たあと製薬会社や研究所に勤務し、研究員として働く人もいます。

珍しい職場では、科捜研(科学捜査研究所)で科学捜査を行ったり、監察医の下で司法解剖助手として働く道もあります。

臨床検査技師として病院で働き、臨床経験を積んだあとは、短期大学や専門学校の講師になる可能性もあります。

臨床検査技師の1日

通常業務のほか、病院では当直もある

病院の正職員として働くと、自分の受け持つ検査の他に、持ち回りで緊急検査の当直があります。

ここで、病院勤務の臨床検査技師の1日を見てみましょう。

臨床検査技師の1日のスケジュール



07:00 病棟患者さんの採血
入院している患者さんのうち、歩行可能な人には採血室に来てもらい、採血をします。

07:45 朝礼
検査部長、技師長による朝礼で、伝達事項の確認をします。

08:00~17:00 外来受付
外来患者さんに対し、医師に指示された検査を順次行います。

17:30 補充物点検、清掃
採血針、アルコール綿、マスクなど消耗品の補充と点検を行い、清掃をして業務終了です。

臨床検査技師になるには

臨床検査技師の国家資格を取る

臨床検査技師として働くには、国家資格である「臨床検査技師」の資格取得が必要です。

高校卒業後、厚生労働省が指定した臨床検査技師養成課程のある4年制大学、または短期大学か専門学校(3年)で所定の過程を修了すると、国家試験の受験資格を得ることができます。

国家試験に合格すると、臨床検査技師の資格を得ることができます。

臨床検査技師になるために特に必要な科目は、数学、生物、化学、物理なので、高校時代にこの4つをきちんと勉強しておくと、入学後の勉強も比較的楽になります。

また、臨床検査技師の仕事の一つである採血は、苦痛に感じる患者さんがとても多いため、在学中にしっかり練習をして、手技を磨いておくとよいでしょう。

臨床検査技師の学校・学費

国家試験の受験資格が得られる学校へ

臨床検査技師になるには、厚生労働省指定の4年制大学で検査技術学を専攻するか、医療技術系の短期大学・専門学校に3年間通い、国家試験の受験資格を得る必要があります。

4年制大学では、1学年次に教養部において第二外国語、化学、物理、社会心理学などの一般教養を学ぶことができ、卒業すると学位が得られます。

しかし、病院での実務においては短期大学や専門学校出身の臨床検査技師と違いはありません。

医療専門学校は、他の分野の専門学校と違い、書類選考だけでなく筆記試験があります。

学費は入学する年度によっても違ってきますが、臨床検査技師コースのある私立短期大学(3年制)を例に挙げると350万円~400万円程度は必要です。

臨床検査技師の資格・試験の難易度

在学中に専門知識をよく理解する

臨床検査技師になるには、「臨床検査技師」の国家試験に合格し、国家資格を取得せねばなりません。

臨床検査技師の国家試験は、200点満点中120点以上得点出来ると合格になります。

在学中に真面目に勉強に取り組み、専門知識をきちんと理解していれば、さほど難しい試験ではありません。

ですが、卒業見込(新卒)の時点で不合格となると、卒業後の年数が長くなるごとに合格率が著しく低下する傾向があります。

なるべく新卒時に合格できるよう、在学中はしっかり勉学に励むことをおすすめします。

臨床検査技師の資格を得たあと、細胞の病変を検査する実務経験を積むと「細胞検査士」、心電図による心疾患の診療経験を積むと「認定心電検査技師」など、たずさわる検査経験により、各種の認定資格を得られます。

臨床検査技師の給料・年収

認定資格を取ると昇給の可能性がある

病院の正職員ですと、臨床検査技師の初任給はおおむね20万円前後、年収300万円~400万円です。

入院施設や救急外来のある病院では、緊急検査のため月に何度か夜勤がありますが、小さなクリニック勤務では日勤のみになります。

その代わり、クリニックでは複数人の臨床検査技師を雇用しないところも多いため、検査業務を一人でこなさなければいけない可能性があります。

病院で必要とされている検査(睡眠外来なら脳波検査、がんセンターなら細胞診など)の認定資格を取ることで特別手当が付いたり、昇給の対象になったりします。

臨床検査技師のやりがい、楽しさ

病気の人にも健康な人にも接点がある

臨床検査技師は、病気の患者さんだけでなく、健康診断などでは健康な人と接する機会もあります。

病気を治すためだけでなく、健康な人たちがより元気に過ごしていけるようにお手伝いができるのは、臨床検査技師のやりがいのひとつです。

もちろん、病気の患者さんに対しても、現在のご自身の状態を分かりやすく把握してもらい、より良い生活習慣を身につけてもらうために大切な仕事です。

自分の行った検査によって病気が早期発見でき、すぐに治療をして元気になってもらえたときなど、検査技師としての喜びはひとしおでしょう。

臨床検査技師のつらいこと、大変なこと

検体の取り扱い、採血は慎重に行う

検査技師が検査する検体にはさまざまなものがあります。

中には感染力の強い微生物のいる検体もあるため、サージカルマスク・ディスポーザブル手袋のような感染予防を行います。

必要なら手洗い・手指消毒をし、検査室もすぐに消毒するなど、検体の扱いには細心の注意を要します。

また、検査技師の業務の一つに採血がありますが、普通の注射の針より太く、血液を採取するのにある程度の時間がかかるので、苦手な人も多くいます。

中には「血管迷走神経反射」といって、採血の時の痛みで倒れてしまう患者さんもいます。

神経反射は仕方のないことなので、あらかじめベッドに横になってもらって採血するなど、患者さんに危険がないように気を配る必要があります。

臨床検査技師に向いている人・適性

気配りができ、慎重で器用な人

臨床検査技師はいろいろな検体を扱うので、二次感染を防ぐためにも清潔に常に気を配れることは必須の条件といえます。

検体はあらかじめ自宅で取ってきてもらうこともあり、少量しか採取できないこともあるため、慎重に扱える人であることは重要です。

直接患者さんの体に触れる生理検査では、患者さんが不快な思いをしないように気遣いのできる人であることが好ましいです。

また、機械ではできない採血、心電図、超音波検査などは、器用な人のほうが向いているでしょう。

臨床検査技師志望動機・目指すきっかけ

実験好き、医療に興味がある人など

高校などで、化学の実験が好きだった人が臨床検査技師の業務に興味を持つことが多いようです。

化学のほかに、生物の授業が好きで、生物としての人に興味があって臨床検査技師の道に進む人もいます。

小さなころから医療の道に進んで人の役に立ちたいと考えていた結果、臨床検査技師になるという人も多くいます。

中には、親戚や近しい人が臨床検査技師として働いていて、自分も同じ仕事がしたいと臨床検査技師を目指す人もいます。

臨床検査技師の雇用形態・働き方

臨時職員の雇用が増えている

臨床検査技師を目指す人の多くが病院勤務を希望しますが、検査のオートメーション化により必要な人員数が減っている今、正職員として働くのは難しい傾向にあります。

いちど正職員としての採用が決まると、辞める人は少ないので、常に正職員の求人は倍率が高いと思って間違いありません。

そのため、1年契約や3年契約の臨時職員として働きながら経験を積み、超音波検査士や細胞検査士の認定資格を取って正職員を目指す人が多くいます。

子育てをしながらパート職員として働きたいという女性にとっては、仕事探しのしやすい環境といえるかもしれません。

臨床検査技師の勤務時間・休日・生活

職場により土曜勤務や当直がある

臨床検査技師の勤務時間は、大抵外来患者さんの受付時間と同じで、8:30~17:30前後の場合が多いです。

ただし、土曜の午前中に診療がある病院では、ローテーションで半日勤務があります。

また入院施設があったり救急外来がある病院は、緊急検査に備え、夜間の当直もローテーションで回ってきます。

しかし、看護師などと比べると必要とされる人数は少なく、日勤もある程度時間が決まっているため、さほど大変なスケジュールにはなりません。

臨床検査技師の求人・就職状況・需要

病院職員、医療メーカー勤務や研究職

検査の機械化・簡易化が進んでいる現状では、病院における臨床検査技師の正職員の求人は軒並み減少してきています。

新卒の就職活動でも、病院正職員の求人は人気が高く、常勤で病院勤務を目指すのは難しい傾向があります。

病院職員以外では、検査センターからの求人や、医療機器メーカー社員、研究職に就く道もあります。

最近では、医療専門学校の教職員として、臨床検査技師の資格を持った人を募集していることがあります。

臨床検査技師の転職状況・未経験採用

生理検査の実務経験が必要

臨床検査技師の病院への転職に関しては、生理検査の実務経験があるかどうかで大きく違いがあります。

生理検査、特に超音波検査の実務経験があると、転職には有利にはたらきます。

逆に生理検査の実務を行ったことがない臨床検査技師の病院への転職は難しく、病院以外の検査センターや移植コーディネーター等の業種への転職に限られます。

また、病院での臨床検査技師の未経験採用はほとんどが新卒のみで、他業種からの転職は臨床検査技師の資格があっても難しいといわざるをえません。

臨床検査技師の現状と将来性・今後の見通し

人の目でないとできない検査に需要が

検査機器・キットのめざましい発達によって検査の簡易化が進み、病院で必要とされる検査技師数は減少しています。

しかし、心電図や脳波を取って波形を調べたり、超音波検査や細胞診など「人の目でないとできない検査」に関しては変わらず需要があります。

また、病院勤務ではなく、医療機器メーカーなどで検査キットの開発にたずさわったり、臓器移植コーディネーター、不妊治療を手助けする胚培養士などとして活躍している人も増えています。

製薬会社に勤めたり、動物医療の臨床検査に携わったりする人も増えつつあります。

臨床検査技師として勤務するのが困難である昨今、臨床検査技師の資格を所持していることが受験資格となる、さらなる認定資格を得て専門性を高める努力が要求されています。