このサイトは医療事務を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「医療事務」

仕事内容
医療事務は、病院や診療所で事務全般を行う仕事です。診察券の確認や診察料の徴収といった受付窓口業務や、「レセプト」と呼ばれる診療報酬明細書の作成を筆頭に、幅広い業務を担っています。特にレセプト作成業務は、医療費の計算が必要となり、医療事務の仕事のうち最も専門知識を要します。ただし、事務といっても受付窓口などで直接患者さんと接する機会も多いため、思いやりの心やコミュニケーション能力も求められます。
なるには
医療事務は、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。ただし、業務の中にはある程度専門的な知識を必要とするものもあるため、「医療事務技能審査試験」や「診療報酬請求事務能力認定試験」といった民間資格を持っていると就職・転職の際に有利になることが多いようです。これらの資格試験の勉強は専門学校やスクールに通うほか、通信講座で学ぶことも可能です。未経験の場合、まず派遣社員として働きスキルを身につけ、正社員を目指す人もいます。
給料
医療事務は正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態で働く人がいます。給料や待遇がよいのは正社員で、平均年収は300万円~400万円程度が一般的です。時給制の場合、800円~1300円程度が多いようですが、地域によっても随分差があるため一概には言えません。全体的に、個人経営の病院よりも大きな病院のほうが、給与水準や待遇は高い傾向にあります。
将来性
医療事務が人気を集めている理由のひとつは、スキルを生かして女性が長く働けるという点にあるようです。結婚・出産を機に仕事を辞めても再就職しやすく、パートやアルバイトとしても働き口が多いというメリットがあります。病院や診療所、介護施設まで活躍の場は広く、少子高齢化により保健医療分野へ注目が集まっていることから、今後も医療事務のニーズは高まっていくものと思われます。業務のIT化が進み、特にコンピュータに強い人材は需要があります。

仕事体験談