「医療情報技師」の仕事とは

医療情報技師の仕事内容

医療情報技師は、医療分野の情報システムの開発や運用を担当することで、医療スタッフと患者双方の負担の軽減をめざします。

病院や医療機器を取り扱う企業に就職することが多く、電子カルテやWebでの診察予約など病院内のシステムの開発、運用、保守に携わります。

医療業界に特化したシステムエンジニアというイメージを持つとわかりやすいでしょう。

近年ではIT技術の進化とともに「遠隔医療」という概念も生まれ、オンラインでの診療やレントゲン映像の解析など仕事の可能性が広がってきています。

医療情報技師になるには

医療情報技師は、非常に専門性の高い職業です。

この仕事に就くためには医療関係の最低限の知識に加えて、プログラミングやシステムのメンテナンスをするための専門的なIT技術が必要となります。

医療関係やIT関係の専門学校、高等専門学校や大学の理工学部などで情報工学を学んでおくと即戦力として働ける可能性が高まります。

また、医療情報技師の検定試験に合格すると就職試験の際に役に立つことがあるでしょう。

医療情報技師の給料・年収

医療業界の給料は世間の景気に左右されにくいので、医療情報技師の給料は安定した傾向にあると考えられます。

情報システムを取り扱う専門性の高い職業ということもあり、一般的な事務職に比べると給料はやや高い傾向があります。

医療情報技師の求人票を見てみると、新入社員の月収は20万円前後、年収は300万円前後となることが多いようです。

ただし、これは働く土地や勤める病院の規模の大きさによって異なり、資格や経験の有無によっても差が出てくるので参考程度に考えておくとよいでしょう。

医療情報技師の現状と将来性・今後の見通し

電子カルテやWEBでの診察予約を始めとした医療関係のシステムを築き上げることは、医師や看護師や薬剤師などの医療スタッフの負担を減らすだけではなく、患者とその家族に安心感を与えます。

また、既往歴や手術の記録などの個人情報を的確に管理することが医療ミスの防止に、遠隔医療の実現が地方に住む人々の命を守ることにも繋がるのです。

医療情報技師はまだまだ世間の認知度が高くはない職業ですが、これからの時代に必要とされる職業といえるでしょう。