看護師と保健師の違い

看護師と保健師の仕事内容の違い

看護師と保健師は、どちらも医療の専門知識をもち、人の健康を支えていく仕事です。

ただ、両者の仕事内容にはさまざまな違いがあります。

最もわかりやすい違いは、仕事でどのような人に接するかです。

看護師は、基本的に病気や怪我を抱えている人の看護的なケアや、医師の診察のサポートをします。

一方、保健師は企業で働く人や地域で暮らす住民などに対して、病気にならないためのアドバイスや、健康増進・健康管理の指導や支援を行います。

保健師の仕事内容は、勤務先によって健康診断や予防注射、健康相談、乳幼児の検診など多岐に渡ります。

保健師の仕事

看護師と保健師のなる方法・資格の違い

看護師として働くには看護師の国家資格が、保健師として働くには保健師の国家資格が必要です。

看護師の国家資格を得る方法は、看護師養成課程がある学校で3〜4年学んだのち、看護師国家試験に合格することです。

一方、保健師の国家資格を得るには、前提条件として看護師国家資格を取得しなくてはなりません。

すでに看護師として働いている人であれば、大学や大学院、専門学校などの「保健師課程」を1年履修して保健師国家試験を受験し、合格を目指します。

もしくは4年制の看護系の大学・専門学校に設けられている統合カリキュラムで学べば、看護師国家試験の合格を前提として、卒業と同時に保健師の受験資格の取得も可能です。

看護師と保健師の資格・必要なスキルの違い

看護師と保健師はどちらも国家資格です。

それぞれ別の役割を担いますが、保健師の国家試験受験資格のひとつには「看護師資格所有者」と設定されていることから、看護師の上位免許という見方もできます。

ただ、看護師と保健師は活躍の場や立場が異なりますから、簡単に難易度の高さ・低さを語るのは難しいです。

看護師は、医師など医療専門職と連携し、医療現場で患者さんに接する機会が多いことから、医療全般の専門知識が深く求めらます。

一方、保健師は幅広い世代の健康増進のサポートや社会全体の健康づくりに取り組むため、より広い視野を持って、地域や社会の人々が健康に暮らせるためのサポートをする知識・スキルが必要です。

看護師と保健師の学校・学費の違い

看護師養成課程のある学校は、大きく分けると看護系の4年制大学と3年制の看護専門学校があります。

また、同じ大学でも国公立もあれば私立もあり、どのような学校を選ぶかによって学校生活や学費には違いが出ます。

専門学校では、臨床実習の時間が多くとられているケースが多く、現場の様子を学生時代からより体感しやすいことが特徴です。

一方、大学は4年間という時間をかけて、幅広い知識・技術を身につけやすい環境があります。

4年制大学の学費は、国立で年間70万円程度、私立大学では年間150~200万円ほどかかることが多いようです。

専門学校も年間で100~150万円ほどは必要です。

看護系の学校は、実習費や教材費などもやや高めとなっているため、私立に4年間通うと1000万円近く必要になる場合もあります。

一方、保健師になるための学校は、保健師養成課程のある4年制大学と、看護師資格を取得してから通うことを想定した1年制の保健師課程があります。

また、4年制大学の看護科を卒業後、大学院前期課程に2年通い、保健師国家試験を受ける人もいます。

最近では、看護師と保健師を同時に目指せる学校も増えています。

看護師と保健師の給料・待遇の違い

看護師は、比較的給料がよいといわれることが多い職業です。

ただ、実際には勤務先や勤務体系、雇用形態によって収入は大きく変わってきます。

看護師の給料は「基本給+夜勤手当+時間外手当および各種手当」で支給されるケースが多く、夜勤の有無で手取り収入に差がつきやすい特徴があります。

一方、保健師のほとんどは日勤で、夜勤をする職場はあまり多くありません。

保健師は一般企業に勤務する人のほか、公務員として働く人も比較的多くいます。

企業で保健師を採用するのは大企業が中心であることから、保健師の給料・待遇は全体として安定しています。

平均年収は保健師のほうが50~100万円ほど高くなるケースが多いとされますが、看護師も経験を積んで役職が上げることで、収入アップは可能です。

看護師と保健師はどっちがおすすめ?

看護師と保健師は、どちらも医療の専門知識を身につけて、人の健康をサポートしていく仕事です。

しかしながら看護師の勤務先は病院が中心、保健師は企業や地域の公的機関が中心となり、仕事の進め方や役割はずいぶん異なります。

医療の最前線で、病気や怪我を抱える患者さんの命を救ったり、医師や医療スタッフと連携して患者さんが元気になるお手伝いをしたいと考えるのであれば、看護師を目指すのがよいでしょう。

一方、地域や社会全体を見回して、専門家として人々の健康づくりのお手伝いをしたい思いがあるのなら、保健師がおすすめです。

膨大な勉強量が必要になりますが、看護師と保健師の両方の資格を同じタイミングで取得することも可能です。

将来どのような仕事がしたいかをよく考えながら、看護師もしくは保健師を目指すためのルートを選択していくとよいでしょう。