このサイトは歯科衛生士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「歯科衛生士」

仕事内容
歯科衛生士は、歯科医師が患者さんの診療を行う際の補助や歯科予防措置、歯科保健指導を行う仕事です。国家資格を持っている歯科衛生士は歯科医師同様、患者さんの口の中に手を入れることも認められています。診療補助業務は幅広く、レントゲン撮影補助や診療器具の準備、歯の型どりなど、能力や経験によってできることも増えていきます。その他、虫歯を防ぐための歯石除去やフッ素塗布、日常の歯磨き指導をして、人々の口の健康をサポートしています。
なるには
歯科衛生士として働くには、国家資格である歯科衛生士の資格取得が必要です。高校卒業後に歯科衛生士養成課程のある4年制大学や短期大学、専門学校に通い、最終的に国家試験合格を目指します。歯科衛生士国家試験の合格率は例年95%程度と非常に高いため、きちんと勉強していれば合格は難しいものではありません。免許取得後は歯科医院などに就職し、直接患者さんと接しながら歯科衛生士としての腕を磨いていきます。
給料
給料も待遇も勤める歯科医院によってだいぶ差があります。歯科衛生士全体でみると、平均年収は330万円〜350万円程度となっています。待遇も各種保険制度や残業手当、退職金手当などが充実している医院もあれば、そうでない医院もあります。単純に医院の規模が大きければ給料が高い、待遇が良いというわけではないようです。年齢が上がっても給料にさほど変動がないため、あえてフリーランスで複数の勤務を掛け持ちしている人もいます。
将来性
世の中の高齢化が進む中、歯科診療の現場も変わりつつあります。例えば、体が不自由になり在宅診療を希望する人や、入れ歯の需要が増加しています。また、歯を失った部分に人口の根と歯を付けるインプラントへの注目も高まっています。インプラントは装着後の定期的なメンテナンスも必要となるため、歯科衛生士が果たす役割は大きいです。口腔ケアはどの世代の人にも重要なものであるため、今後も歯科衛生士の活躍が大いに期待されるところです。

仕事体験談