「細胞検査士」とは

細胞検査士_画像

医療機関で、がん細胞の早期発見など細胞病理検査を専門的に行う。

細胞検査士は、病院をはじめとする医療機関で、細胞病理検査を専門的に行う仕事です。

細胞病理検査とは、医師が採取した人体の細胞の一部を顕微鏡で観察し、がん細胞を早期発見することで、細胞検査士は医師の指示の下に臨床検査を行います。

細胞検査士になるための一般的なルートは、「臨床検査技師」の養成機関で学び、臨床検査技師の国家資格を取得した後に1年以上の勤務を継続し、細胞検査士の民間資格取得を目指すという方法です。

おもな就職先は、がん専門病院、大学病院、一般病院のほか、大学や民間企業の研究機関、製薬会社などがあり、正社員のほか契約社員やパートとして働く人もいます。

平均年収は400万円前後といわれますが、大学などの研究機関や製薬会社は給料が比較的高めとなっているようです。

「臨床検査技師」自体、求人が極めて少ないため、就職は狭き門となるでしょう。

「細胞検査士」の仕事紹介

細胞検査士の仕事内容

異常な細胞がないか顕微鏡で調べる

医療機関の病理検査室や検査センターなどにおいて、細胞病理検査(細胞診)を専門的に行うのが細胞検査士の仕事です。

細胞診とは、医師が採取した患者さんの組織をしかるべき方法で染色したのち、顕微鏡で観察し、異常な細胞がないか検査するものです。

細胞診により、がん細胞や異型細胞、異形成細胞(前がん細胞)などを発見し、悪性疾患、特にがんの発見に貢献する職業です。

業務内容は、病理検体の受付や登録、標本の作製・染色・管理・保存、細胞診、検査結果の精度管理までを担当します。

医師以外の者が診断を下すことは許されていないため、細胞検査士の出した検査結果は医師のもとに送られ、医師により最終的な診断が下されます。

細胞検査士の就職先・活躍の場

病院の病理検査室、検査センターなど

細胞検査士のおもな就職先は、病院の病理検査室か、検査センターになります。

病理検査とは、その症状がどのようなメカニズムで起きているのかを検査するもので、健康診断のように健康な人を検査することはなく、すでに何らかの症状がある人を検査するものです。

細胞検査士は、何かしらの症状や病変のある人の組織を取り、しかるべき染色を施したのち、顕微鏡ですみずみまで観察し、異常な細胞の有無、悪性か良性か、どのくらいの悪性度かなどを調べます。

細胞検査士の1日

検査室にいることが大半

細胞検査士は、たいがい1日中検査室にいて、顕微鏡で検査をし続けることが多いです。

ここで、検査センター病理検査部に所属する細胞検査士の1日を見てみましょう。

検査センター勤務の細胞検査士のスケジュール


09:30 出社
白衣に着替え、前日からの引継ぎを確認します。

09:40 書類作成
前日までに結果が出た細胞診の報告書を作成し、抜け漏れがないかチェックします。

10:30 細胞診
運ばれてきた検体を必要に応じて染色し、顕微鏡で観察します。
左下から真上へ、少し右にずらして下へ…といったように、検体の全ての場所を漏れなく観察します。

13:00 休憩
顕微鏡を使う業務は、目だけでなく体全体も凝り固まりやすいので、しっかり休憩するのも大切になります。

14:00 病理組織検査前処理
検査する組織(検体)は、状況に応じてさまざまな薬品を使い、その状態を固定します。
前処理には時間がかかるため、タイマーをかけておいて、他の業務をすることもあります。

19:00 退社
本日行った検査の記録や、検体をしまって業務を終了します。

細胞検査士になるには

臨床検査技師の国家資格が必要

細胞検査士は臨床検査技師の上位認定資格であるため、臨床検査技師の国家資格が必須です。

臨床検査技師の養成課程のある専門学校または短期大学(3年)、4年制大学を修了したのち、臨床検査技師の国家試験を受け、合格すると臨床検査技師として働くことができます。

細胞検査士になるためには、まず臨床検査技師として病理検査室に所属し、細胞診の実務経験を積んだのち、日本臨床細胞学会主催の細胞検査士認定試験を受けます。

また、細胞検査士養成所や、細胞検査士養成コースのある大学で学び、臨床検査技師の国家試験と細胞検査士の認定試験を同時に受ける方法もあります。

ただし、病院で働く際には臨床検査技師の国家資格を取得していないと、細胞診を含む検査業務に就くことはできません。

細胞検査士の学校・学費

臨床検査技師の国家資格が必須

細胞検査士として働くには、まず「臨床検査技師」の国家資格を取得する必要があります。

検査技師養成課程のある4年制大学、または3年制の短期大学や専門学校を卒業し、国家試験に合格すると臨床検査技師になれます。

細胞検査士の認定試験を受けるためには、さらに日本臨床細胞学会認定の細胞検査士養成所に7ヶ月間通うか、病理検査室で1年以上実務経験を積む必要があります。

細胞検査士の認定を得るまでにかかる学費は、学校が私立か公立かによっても差がありますが、おおむね400万円弱くらいです。

また、近年は細胞検査士を目指す4年制大学もあり、卒後は臨床検査技師とともに細胞検査士の試験も受けられるところもあります。

細胞検査士の資格・試験の難易度

臨床検査技師の資格が必須

細胞検査士という国家資格はありませんが、臨床検査技師の上位認定資格となっています。

細胞検査士の認定試験は難易度が比較的高いといわれており、合格率も例年30%くらいで推移しています。

ただし、細胞検査士養成所の中では合格率90%という結果を出しているところもあります。

細胞検査士の資格を取っておくと、のちのち転職や再就職をする際に有利ですので、養成所に通い、本格的に合格を目指すのもよいでしょう。

細胞検査士の給料・年収

正職員だと各種手当がつく

細胞検査士の平均年収は、おおむね400万円前後です。

病院に勤務する場合は3年~5年契約の臨時職員が多く、検査センターの場合は大体が正社員ですが、給料は低めという傾向があります。

病院や検査センターに勤務する正職員の初任給は基本給16~20万円程度、勤続年数5年で基本給22~24万円程度になります。

正職員の場合、ここに夜勤手当や時間外勤務手当などが支給されます。

病院や検査センターにパート勤務する場合、時給制と単価出来高制があり、時給制の場合は1200~1800円程度です。

細胞検査士のやりがい、楽しさ

地道な作業が病気の早期発見につながる

細胞検査士はおもに病理検査部に所属し、医師などが採取した検体を相手にして、黙々と顕微鏡に向かう日々を送ることが日常的な職種です。

それゆえ患者さんとじかに顔を合わせることはほとんどありませんが、細胞検査士はつねに検体の向こう側にいる患者さんのために検査をしています。

自分の検査結果をもとに、患者さんの病気が正しく診断され、適切な処置を受けて回復することに貢献できたときには、やりがいを感じるでしょう。

細胞検査士のつらいこと、大変なこと

緻密作業による心身への負担が大きい

細胞検査士は、検体の前処理や染色、スライスなどを作る以外は、ほぼずっと顕微鏡に向かうことが多い職業です。

顕微鏡を長時間使用し続けると同じ姿勢が長く続くため、首から腰に掛けてが凝り固まり、場合によっては診察を受けなければならない状態になる可能性も否めません。

そうならないように、長時間顕微鏡を使うときには細切れに休憩をはさむなり、自己管理を行わなくてはいけません。

また、がんなどの確定診断に関わるセクションであり、見落としが許されないため注意深く検査をしなければならず、精神的なプレッシャーも少なからずあります。

細胞検査士に向いている人・適性

細かい作業が好きで緻密な人

細胞検査士は、医師が採取した検体から標本を作製して染色し、一日中顕微鏡で観察(スクリーニング)する仕事です。

肉眼では見ることができないミクロの世界を丹念に観察し、異常な細胞があるかどうかを注意深く確認しなければなりません。

そのためには、正確さ、緻密さが求められる地道な作業を淡々と続けることができる人が向いているといえるでしょう。

また、責任感のある真面目で慎重な人、観察力に優れた人にも細胞検査士の適性があるといえます。

細胞検査士志望動機・目指すきっかけ

病理検査で働くうちに興味を持つなど

細胞検査士を目指す人の多くは、始めに臨床検査技師として病理検査部に所属し、細胞検査士が活躍している姿を見て、自分も細胞検査士を目指す人が多いです。

細胞検査士という職種の人は日ごろから病理検査室にこもりきりで検査をするため、一般の人々にとっては知名度の高い職種ではないからです。

ですが、身近でその活躍を見ている人は細胞検査士という仕事の重要性を知っているため、認定資格を取得したいと思う人が多くなります。

細胞検査士の雇用形態・働き方

ほとんど正職員・正社員

細胞検査士の求人を見てみると、ほとんどの求人は正職員の募集です。

正職員の場合、基本給に加えて資格手当がついたり、夜勤がある場合は夜勤手当も付きます。

検査センター勤務の正社員ですと基本的に夜勤はありませんが、検診シーズンには検体数が増え、時間外勤務が生じることも考えられます。

ときどき臨時職員の募集もありますが、その場合は細胞検査ではなく細胞培養までしか職務に入らないこともあり、技能を使わないままだと忘れてしまうのでおすすめしません。

細胞検査士の勤務時間・休日・生活

パート勤務で職場復帰もしやすい環境

大学などの研究機関や製薬会社に勤務する正社員の場合は、土日祝の週休2日制、1日8時間労働が基本で、残業はあまりないことが多いようです。

病院や検査センターに勤務する正社員の場合は、週休1~1.5日、1日8時間労働が基本ですが、残業や夜勤がある場合が多くあります。

また、フレックスタイム制を採用している企業もあり、自分の生活スタイルに合わせた働き方がしやすくなっているようです。

ただし、勤務先により休みや忙しさに幅があるため注意が必要です。

病院や検査センターでは、細胞検査士としてパートやアルバイトで勤務する女性が増加しています。

結婚や出産、育児でブランクがある女性にとっては現場復帰の足掛かりとなるでしょう。

細胞検査士の求人・就職状況・需要

辞める人が少ないため、求人も少ない

検査のオートメーション化に伴う臨床検査技師の就職難により、細胞検査士などの上級資格を取る人が増えました。

そのため、現在活躍している細胞検査士はほぼ飽和状態であり、求人も決して多いとは言えないのが現状です。

また「細胞検査士」になってからも4年ごとに資格更新が必要で、期間内に実務が伴わなければ資格を失います。

そういったことから、実務を続けるため辞める人も少なく、それも求人の少なさの原因となっているようです。

細胞検査士の転職状況・未経験採用

病理部への転職はスムーズ

細胞検査士の認定資格を取ってからの未経験採用は、求人元が病理部の場合には、アドバンテージがあるといえます。

しかし、現在もっとも必要とされているのは生理検査、とくに超音波検査のできる検査技師なので、病理部の求人を探すのに一苦労するかもしれません。

また、細胞検査士として実務経験を積み重ねている場合にも、転職先の求人を探すのは少々困難するでしょう。

ただ、転職する年齢によっても違いはあるものの、未経験の細胞検査士よりは重宝される可能性が高くなります。

細胞検査士の現状と将来性・今後の見通し

求人は少ないが、まだしばらく必要

臨床検査技師の就職難により、さらに専門職である「細胞検査士」を志すことになるわけですが、こちらも志願者数に比べて就職先は少ないのが現状です。

また、神経を使う専門職であるにも関わらず、給与にはあまり反映されず、勤務先によっては当直などの長時間勤務もあり、過酷な労働環境といえるでしょう。

しかしながら、細胞の微妙な変化を見分けるためには、今のところ人間の目視による検査が必須であり、機械に頼れる段階にはまだまだ遠く及びません。

また、がん検診の啓蒙活動により細胞診の件数は多くなっており、今後も細胞検査士の活躍が期待されるところです。