このサイトは細胞検査士を目指す人のための情報サイトです。

細胞検査士とは?

細胞検査士は、病院をはじめとする医療機関で、細胞病理検査を専門的に行う仕事です。細胞病理検査とは、医師が採取した人体の細胞の一部を顕微鏡で観察し、がん細胞を早期発見することで、細胞検査士は医師の指示の下に臨床検査を行います。細胞検査士になるための一般的なルートは、「臨床検査技師」の養成機関で学び、臨床検査技師の国家資格を取得した後に1年以上の勤務を継続し、細胞検査士の民間資格取得を目指すという方法です。おもな就職先は、がん専門病院、大学病院、一般病院のほか、大学や民間企業の研究機関、製薬会社などがあり、正社員のほか契約社員やパートとして働く人もいます。平均年収は400万円前後といわれますが、大学などの研究機関や製薬会社は給料が比較的高めとなっているようです。「臨床検査技師」自体、求人が極めて少ないため、就職は狭き門となるでしょう。

細胞検査士の仕事内容

病院など医療機関の「(臨床)病理検査室」や「(臨床)検査センター」などで「細胞病理検査」を専門的に行うのが「細胞検査士」の仕事です。

「細胞病理検査」(細胞診)とは医師が採取した人体の細胞の一部を顕微鏡で観察し、がん細胞を早期発見することです。

がん細胞のほか、異型細胞(類似細胞)や異形成細胞(前癌病変)の発見も重要です。

実際には、病理検体の受付や登録、標本の作製・染色・管理・保存、検査結果の精度管理までの検査実務を「細胞検査士」が担当し、病理診断は医師が行います。

「細胞検査士」は事実上「臨床検査技師」でもあります。「臨床検査技師」は医師の指示のもと「臨床検査」を行います。

「臨床検査」には血液や尿などの「検体検査」のほか、心電図や超音波などの「生体検査」があります。

細胞検査士になるには・必要な資格は?

「細胞検査士」になるためには、公益社団法人「日本臨床細胞学会」が認定する「細胞検査士」(CT JSC)の資格を取得する必要があります。「

細胞検査士」の認定試験にはふたとおりの受験資格が存在します。

ひとつは「臨床検査技師」(MT)または「衛生検査技師」の国家資格を取得し、細胞診検査の実務経験が1年以上あることです。

ただし現在、「衛生検査技師」の養成は現在行われていないため、事実上「臨床検査技師」になります。

もうひとつは細胞検査士養成所または養成コースのある大学の卒業生および卒業見込み者です。

年に1度の1次試験(10月下旬頃)と2次試験(12月上旬頃)に合格したあと、勤務に就く際はいずれにしてもおおむね「臨床検査技師」の国家資格が必須です。

細胞検査士に向いている人

「細胞検査士」は、医師が採取した人体の細胞の一部から標本を作製して染色し、一日中顕微鏡で観察(スクリーニング)します。

肉眼では見ることができないミクロの世界を丹念に注視し、がん細胞があるかどうか、見逃すことなく確認しなければなりません。

正確さ、緻密さが求められる地道な作業を淡々と続けることができる人、責任感のある真面目で慎重な人、観察力や判断力に優れた人、生物や化学の分野が得意で血液や尿、便などの検体に抵抗がない人は「細胞検査士」の適性があるでしょう。

「細胞検査士」が行う「細胞病理検査」の結果は、人の命や病気に関わります。

場合によっては検体採取に際して患者と接することもあるため、不安を和らげるような気づかいができることも必要です。

細胞検査士の就職状況・雇用形態

「細胞検査士」の雇用形態は正社員、契約社員、パート、アルバイトなどさまざまです。

勤務先は、がん専門病院、大学病院、一般病院など医療機関の「(臨床)病理検査室」や民間企業の「(臨床)検査センター」、大学や民間企業の研究機関、製薬会社など。

企業の研究員に憧れる志望者は非常に多いですが、採用条件として細胞診の実務経験が必要な場合がほとんどでしょう。

「臨床検査技師」の国家資格は合格率が約75%、「細胞検査士」の民間資格は合格率が1次・2次試験それぞれ約50%です。

「臨床検査技師」も「細胞検査士」も養成機関の多さに比べ、求人枠が限られているため、就職難となっています。

また「細胞検査士」になってからも4年ごとに資格更新が必要で、期間内に実務が伴わなければ資格を失います。

細胞検査士の給料・年収・待遇

「細胞検査士」の平均年収は400万円前後でしょう。

病院に勤務する場合は契約社員やパート・アルバイトが多く、検査センターの場合はおおむね正社員採用ですが給料は低めという傾向があります。

大学などの研究機関や製薬会社は正社員勤務で給料は比較的高めでしょう。

病院や検査センターに勤務する正社員の初任給は基本給16~20万円程度、勤続年数5年で基本給22~24万円程度でしょう。ただし、当直や時間外、そのほか特別手当などが支給されます。

病院や検査センターに勤務するパート・アルバイトは、時給制と単価出来高制があります。時給制の場合は時給1200~1800円程度から始まります。

とくに病院や検査センターでは正規雇用、非正規雇用あわせて女性の割合が約6割と非常に高くなっています。

細胞検査士の生活・勤務時間・休日

大学などの研究機関や製薬会社に勤務する正社員の場合は、土日祝の週休2日制、1日8時間労働が基本で残業はあまりないことが多いようです。

病院や検査センターに勤務する正社員の場合は、週休1~1.5日、1日8時間労働が基本ですが、残業や当直があるでしょう。

フレックスタイム制を採用している企業もあり、その場合は勉強会や研修会、学会に参加しやすいという利点があります。勤務先により休みや忙しさに幅はあるでしょう。

いずれにしても予防医療は常に進化するため、日々の勉強は欠かせません。

また現実的には病院や検査センターにパートやアルバイトで勤務する女性が増加しています。

結婚や出産、育児でブランクがある女性が現場復帰して、ライフスタイルにあわせて働きやすい環境が整っているといえるでしょう。

細胞検査士の現状と将来性

一般的には「臨床検査技師」の養成機関で学び、「臨床検査技師」の国家資格を取得したあと、「臨床検査技師」として1年以上の勤務を継続し、「細胞検査士」の民間資格取得を目指す人が多いでしょう。

「臨床検査技師」の求人情報は極めて少なく、就職難という現状があります。

そのためさらに専門職である「細胞検査士」を志すことになるわけですが、こちらも志願者数に比べて就職先は少ないといわざるを得ません。

また専門職にも関わらず、薄給で勤務先によっては当直などの長時間勤務もあります。

ただし、がん検診の需要は高まっており、がんの早期発見に務めることで助かる命があるというやりがいの大きな職業です。志の高い「細胞検査士」の活躍が期待されます。