「薬剤師」とは

医薬品の専門知識を持ち、処方箋に基づく薬の調剤や、患者さんへの服薬指導を行う。

薬剤師は、病院や薬局で、薬剤の調剤と服薬指導を行う仕事です。

調剤とは、医師の処方箋に従って、医薬品を調合することであり、服薬指導とは、どの薬をどのようなタイミングで飲めばいいかを患者にわかりやすく説明することです。

医薬分業が進み、これまで以上に薬剤師の専門性が求められてきています。

勤務先には、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあります。

薬剤師として働くためには、薬学部にて6年間学び、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

薬剤師になるまでに勉強しなければならないことは多く、薬学部の学費も高いですが、就職後の給料は安定しています。

特に地方においては薬剤師が不足している状況であり、就職に困ることもありません。

「薬剤師」の仕事紹介

薬剤師の仕事内容

大きく分けると二つの道がある

薬剤師のおもな仕事は、処方箋に基づいた薬剤の調剤と患者さんへの服薬指導です。

町の調剤薬局や病院内にある院内薬局などに薬剤師として勤め、医師が出した処方箋に従って薬を用意し、患者さんに飲み方のアドバイスを行いながら間違いのないよう確実に渡します。

患者さんの薬歴は、店舗にあるデータベースで管理し、お薬手帳などを参照しながら、飲み合わせやアレルギーにも厳重に注意した上で調剤を行います。

処方箋に疑問点や誤りと見られる内容がある場合は、処方箋を発行した医師に問合せて確認をする疑義照会なども薬剤師の仕事です。

そのほか、ドラッグストアや製薬会社、大学などの研究機関等に勤める薬剤師もいるなど、活躍の場はさまざまです。

薬剤師の就職先・活躍の場

就職先は薬局や製薬会社など

一般的によく知られている薬剤師の活躍の場は、調剤薬局です。

「調剤」とは、医師が出した処方せんをもとに正しい分量で薬を調合することで、その際、医師が指示した薬がその患者さんにとって問題がないか、確認をする作業も薬剤師の大切な業務です。

近年急速に進められている医薬分業という方針に従って、医師から独立して薬剤を確認することによって、投薬ミスによる医療ミスを防ぎます。

また、病院で働く薬剤師もいます。

近年、医師、看護師、栄養士などで役割を明確に分担するチーム医療を進める病院が増えています。

調剤薬局と比較し、病院に勤務する院内薬剤師には、より高度な知識が必要とされています。

薬剤師1日

流れは大きく違わないが、薬局によって様々

調剤薬局の薬剤師は、開局後閉局まで、基本的には調剤、監査、服薬指導、薬歴指導管理記録などを行います。

隣接する病院やクリニックからの処方箋に基づき調剤していきます。

その際、患者さんとコミュニケーションを取りながら体調の聞き取りや副作用の説明などを行い、薬歴に登録していきます。

診療科目の多い総合病院の処方せんを応需している場合は、複雑な調剤業務も多く幅広い対応力が問われます。

薬剤の補充発注なども薬剤師の仕事です。

調剤薬局の薬剤師の1日


調剤薬局の薬剤師は、開局後閉局まで、基本的には調剤、監査、服薬指導、薬歴指導管理記録などを行います。

8:30 出勤・開局準備
薬局を開局します。隣接する病院やクリニックが開院すると、時間差で患者さんが来局し始めます。

9:00 受付開始
患者さんが持ってくる病院やクリニックなどの処方箋に基づき調剤していきます。
その際、患者さんとコミュニケーションを取りながら体調の聞き取りや副作用の説明などを行い、薬歴に登録していきます。

13:00 休憩
隣接するクリニックの午前診察が終わり、患者さんの来局が落ち着くと順番に休憩を取ります。

14:00 午後の業務開始
診療科目の多い総合病院の処方せんを応需している場合は、複雑な調剤業務も多く幅広い対応力が問われます。

17:00 在庫確認
患者さんの来局が落ち着いてくると、薬剤の在庫確認や補充発注などを行います。
自家製剤なども空いたタイミングで準備しておきます。

19:00 閉局
すべての処方が終わると、その日の業務は終了です。
FAXなどで受け取った処方箋などの調剤を準備し、次の日以降に取りに来る患者さんの準備もしておきます。

薬剤師になるには

薬学系の大学へ進学すること

薬剤師は、国家資格である薬剤師資格を取得している人だけが就くことができる職業です。

薬剤師資格を得るためには、大学の薬学部か薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を卒業することが条件となります。

薬剤師をめざす人は、薬学系の大学に入学し、「有機化学」や「生化学」「薬剤学」「疫病学」などの授業から調剤薬局での実習まで、6年間にわたって薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

かつて薬学部は4年制でしたが、平成18年4月の入学者からは6年制の課程を終えなければ薬剤師国家試験を受験できなくなりました。

薬剤師の学校・学費

6年制の薬学科を卒業する必要がある

日本で薬剤師として勤務するためには、薬剤師免許を取得することが必須です。

大学の薬学部には4年制の「薬科学科」と6年制の「薬学科」の2つの学科が設けられていることがあり、薬学領域の幅広い知識を習得し研究者を目指す薬科学科と、高度な職能を身につけ薬剤師を目指す薬学科とに分けられている場合があります。

薬剤師を志す場合は、受験しようとしている学科が薬剤師国家試験の受験資格が得られるのかどうか、入学前にしっかりと確認しておくことが必要です。

また、私大の薬学部はその他の理系学部よりも実習費などが高額であることが多く、6年制になってからはさらに卒業までの総額が高額になりました。

国公立大学の薬学科の学費は他の学部と同じ金額になっています。

薬剤師の資格・試験の難易度

薬剤師国家試験の難易度は難関レベル

薬剤師になるためには、薬学系の6年制大学を卒業し、薬剤師国家試験に合格しなければいけません。

薬剤師国家試験は、「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「病態・薬物治療」「法規・制度・倫理」「実務」の7領域に分かれて出題される、極めて広範囲に及ぶ試験で、薬学に関する幅広い知識が問われます。

年によって難易度が若干変わりはしますが、合格率は平均で80%に達しないケースもあり、相当難度の試験であることは間違いありません。

薬剤師の給料・年収

高収入で安定している

薬剤師は非常に専門性が高く、責任の重い仕事でもあることから、収入も安定していることで知られています。

大手の薬局や病院に就職すると、新人の平均年収がおよそ400万円となっています。

経験年数によって昇給し、大手のドラッグストアで店長クラスになると、さらに年収はアップします。

また、製薬会社にMRとして就職した場合、さらに給料が高いことが多く、実力次第で年収800万円を超えることも可能です。

独立開業して調剤薬局やドラッグストアを開くことで、より高い報酬を手にできる可能性もあります。

薬剤師のやりがい、楽しさ

患者さんにより近い医療の専門家

薬局で働く薬剤師は、薬を調剤・処方するときに必ず患者さんに薬について説明することになっています。

投薬された薬の説明によって患者さん自身が薬の正しい知識を持ち、確実な服用につながります。

医療現場での「インフォームドコンセント(患者さんが医師から十分な説明を受けた上で治療方針に合意すること)」が重視され始め、自分の使っている薬に関心をもつ患者さんも増えてきました。

医師には聞きづらかった小さな質問や、相談するほどでもない些細な悩みなどをより身近でくみ取れることが、薬剤師のやりがいや魅力のひとつです。

薬剤師のつらいこと、大変なこと

調剤・投薬には高度な集中力が必要

投薬される薬の種類によっては少しの誤差でも患者さんの体調への変化や副作用が出ることがあるため、薬剤師はこの数値からずれないように確実に計測し、薬を作らなければなりません。

隣接する病院やクリニックのピーク時や、休み明けのような患者さんの多い日には、朝から晩まで休みなく調剤作業が続くこともあります。

長時間にわたってミスなく緻密な作業を続けることができる集中力を保つことが、薬剤師にとっての大変なことのひとつだといえるでしょう。

薬剤師に向いている人・適性

几帳面で細かな作業が得意な人

薬剤師にとって最も重要な仕事のひとつは「薬を調剤すること」です。

医師の処方箋に従って、正しい分量や配合で調剤しなければいけません。

少しぐらいの誤差を軽視して薬剤師がいい加減な分量で配合をしてしまえば、薬の副作用で患者さんの健康を奪うことにつながる可能性もあります。

細かい作業の連続であっても決して手を抜かず、几帳面で責任感のある人が、薬剤師には求められる適正です。

薬剤師志望動機・目指すきっかけ

専門職であり、安定性が魅力

専門職であり、高時給が見込め、比較的安定して仕事ができる薬剤師をめざす人には、職業柄女性が多い傾向にあります。

志望動機として「結婚や出産で退職してもパートやアルバイトに困らない」「仕事を長く続けることができる」といった高い安定性が魅力のようです。

また、パートなどの非常勤であっても、国家資格を生かすことによって短時間でしっかりした収入が見込めるというような待遇面の魅力を感じている人も少なくありません。

薬剤師の雇用形態・働き方

調剤薬局やドラッグストアが主

薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで調剤業務をする働き方と、院内薬局で医療チームの一員となって活躍する働き方など、いくつかの選択肢があります。

調剤薬局やドラッグストアなどで勤務する場合は、正社員やパート・アルバイトなど、様々な雇用形態を選ぶことができますので、子育てや介護などと両立しながら薬剤師として活躍することが可能です。

また、MRや研究者として勤務する場合は、就職する先の企業にもよりますが、おおむね一般の就業形態と同様の雇用形態で勤務するケースが多いといえるでしょう。

薬剤師の勤務時間・休日・生活

薬局勤務の場合はカレンダー通り

調剤薬局で働く薬剤師の場合、店舗の開業時間に合わせて9時?17時頃で勤務するのが一般的です。

比較的日々の残業は少ないと考えられますが、研修などで診療時間後に残らなければならないこともあります。

隣接するクリニックなどの休診日には、合わせて閉局する薬局もあります。

また、病院の外来やクリニックは日曜日や祝日など、世間の休日には休診することが多く、合わせて薬局も閉局になるのが一般的です。

ドラッグストアなどは、店舗のシフトなどに合わせて休みを取ることになるでしょう。

薬剤師の求人・就職状況・需要

薬剤師は増えるが需要は減少する可能性が

処方箋や薬歴の電子化が進んだことで、かつては薬剤師が自分の手で行ってきた入力作業がどんどん簡略化されていき、薬局の人手そのものが少なくても調剤作業ができるようになってきました。

また、規制緩和の流れでコンビニやインターネットなどでの医薬品販売が可能になったことなどで、薬局での対面販売も減る傾向にあり、薬の種類によっては、薬剤師ではなく「登録販売者」という資格があれば販売できるようになったことなどから、薬剤師の需要が減少傾向にあるとみられています。

しかし薬剤師養成のための薬学科は新設されており、薬剤師の供給過多が懸念されています。

薬剤師の転職状況・未経験採用

転職は大いにある業界

薬剤師にはキャリアアップだけでなく、結婚や出産などの環境変化により、転職する人も少なくありません。

薬剤師は資格があれば全国どこでも勤務することができ、求人も多いため、転職しやすい職業といえます。

この場合の薬剤師のおもな就職先は、調剤薬局や病院、またドラッグストアなどになりますが、製薬企業の医療情報担当者(MR)も転職先として安定して人気があります。

薬剤師の資格がなくてもMRとして働くことは可能ですが、薬学の専門知識が求められるため、薬剤師免許は就職の際有利になります。

薬剤師の現状と将来性・今後の見通し

供給過多で薬剤師あまりが懸念される

薬剤師は、少し前までは「資格さえ持っていれば一生就職に困らない」と言われている手堅い専門職でした。

全国どこに行っても病院や調剤薬局はあるので、就職先を探すのにも苦労することはなく、専門性が高くて時給も高いため、女性が安定して高給を得られる職業のひとつでしたが、近年の薬剤師養成学科の増設や薬剤師が携わる業務のAI化などにより、都市部では需要が減りつつあるといわれています。

しかし、地方によってはまだまだ薬剤師不足であることが多く、求人が常にいくつも出ていることから、しばらくは安定した雇用が見込める職業です。