このサイトは薬剤師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「薬剤師」

仕事内容
薬剤師のおもな仕事は、薬剤の調剤と患者さんへの服薬指導です。町の調剤薬局や病院内にある院内薬局等に勤め、医師が出した処方箋に従って薬を用意し、患者さんに飲み方のアドバイスを行いながら確実に渡します。患者さん個々の薬歴はデータベースで管理し、飲み合わせやアレルギーにも厳重に注意した上での調剤を行っています。その他、ドラッグストアや製薬会社、研究機関等に勤める薬剤師もいるなど、活躍の場はさまざまです。
なるには
薬剤師として働くには、国家資格である薬剤師免許の取得が必要です。大学の薬学部に6年間在籍し、国家試験に合格することで資格が取得できます。学校では有機化学や生物化学などを中心に学び、薬を作ることから人の体を理解すること、薬の働きを知ること、そして健康を守ることまで、医療に関わる一員になるために幅広い知識を身につけます。国家試験の合格率は70%~90%程度ですが、在学中にしっかりと勉強を続ける必要があります。
給料
給料は勤務先によって異なりますが、大手の薬局や大学病院に正社員(常勤)として勤める場合、平均年収は520万円程度となっています。女性の活躍が目立つ仕事であるため、育児休業制度を設けている職場も多いのが特徴です。派遣社員やパート・アルバイトの場合、時給1500円~2500円程度が相場です。比較的給与は高めであり、手に職をつけて、長期的に安定して働ける仕事であるといえるでしょう。
将来性
薬剤師の資格は生涯を通じて有効であるため、一度仕事を辞めても復帰しやすいのがメリットです。特に、町の調剤薬局の場合はパートタイマーの薬剤師を募集することも多く、子育てと仕事を両立したい女性にとっても働きやすい仕事といえます。近年は薬剤師法改正によって、一般用医薬品を売るドラッグストアにも薬剤師設置が義務づけられました。また、化粧品会社やバイオ関連会社などでも薬剤師を必要とするなど、活躍の場はますます広がっています。