「保健師」の仕事とは

保健師の仕事内容

人々の健康を支援するアドバイザー

保健師は、人々の病気の予防や健康増進・健康管理を目的として、保健指導や健康相談、日常生活支援などを行う仕事です。

保健師の活動は「保健指導」と称され、育児支援、予防接種、高齢者支援など、幅広い年齢層の人々と接し、保健指導を行います。

民間企業で働く「産業保健師」のほか、学校で働く「学校保健師」、保健所などの行政機関で働く「行政保健師」がいます。

産業保健師や学校保健師が従業員、学生・教職員を対象とするのに対し、地域で働く保健師は地域住民全般を対象とするため、さまざまな生活背景を持つ人や幅広い年代の人と接するのが特徴です

また最近では、高齢化にともない介護施設などで活躍する保健師も増えています。

保健師の就職先・活躍の場

地域や企業、介護現場でも活躍

保健師の活躍の場は、おもに自治体や企業、学校、介護施設などが挙げられます。

自治体で働く保健師は行政保健師と言われ、公務員として地域の健康福祉課や保健所を中心に働きます。

その地域の住民全員の健康を支援するため、乳児から老人まで幅広い年齢層に対応し、その内容も、感染症や難病、心身の障がい、思春期、虐待、自殺防止など、多岐にわたります。

企業で働く保健師は、産業医や人事部と連携し、従業員全員の健康管理をします。

特に現代社会では、うつ病などの精神疾患への予防対策が重要視されており、体だけなく、心の健康を予防することも保健師の大事な役割となっています。

また、近年は高齢者の増加とともに、介護施設などでも保健師の活躍の機会が多くなっています。

保健師1日

人々のニーズに沿った1日を過ごす

保健師の仕事は、勤務先によって異なります。ここでは一例として、保健所に勤める保健師のある1日を見てみましょう。

・保健所勤務の保健師のスケジュール

08:30 出勤
ミーティングを行い、情報共有や各自スケジュールの確認を行います。

10:00 乳児訪問
3か月児のいる家庭を訪問し、体重測定をしたり、お母さんの相談にアドバイスをします。

11:45 休憩
食堂、コンビニのお弁当など、その日の予定によって異なります。

12:45 予防接種
問診・予防接種をし、接種後30分間は別室に待機してもらい、様子を見ます。

16:00 片付け
医療廃棄物をまとめ、部屋を片付けて掃除をし、問診票の書類の事務処理をします。

17:15 業務終了
業務内容や時期により、残業があります。

保健師になるには

保健師として働くには、国家資格である保健師免許と看護師免許両方の取得が必要です。

看護師養成課程のある短大か専門学校(3年)もしくは4年制大学を卒業し、看護師国家試験に合格したのち、保健師養成所に1年通い、保健師の国家試験を受けます。

または、保健師と看護師の国家試験受験資格を同時に得ることのできる4年制大学に通う方法もあります。

平成24年から、大学の多数が卒業要件から保健師の国家試験受験資格を外し、保健師養成課程は一部の成績優秀者のみが受けられるようになってきています。

保健師養成課程を大学院に移行している大学も出てきており、今後も増加していくようです。

保健師の学校・学費

保健師になるには、現在3つの方法があります。

ひとつは、看護師と保健師の国家試験受験資格を同時に取得できる大学に4年間通う方法です。

ふたつめは、看護学校で最低3年学び、看護師の国家資格を得たあと、保健師養成所に最低1年通い、保健師の国家試験受験資格を得て、試験に合格し、保健師となります。

これらは最短で4年あれば、保健師の国家資格を得ることができますが、最近は4年制大学の看護科を卒業後、大学院(前期課程)に2年通い、保健師の国家試験を受ける人が増えています。

学歴は、大学院卒では看護学修士、4年制大学卒で看護学学士となり、専門学校を卒業すると看護学専門士の学位が取得できます。

学費は、看護師・保健師の国家資格を得られる4年制大学では、約600万円のようです。

看護学校から保健師養成所を経て国家資格を得る場合の学費は、学校により差が大きいため、一概にはいえません。

大学院を目指す場合は、国立大学の場合は入学年度により違いがありますが400万円弱、私立大学ですと1000万円前後かかることもあります。

保健師の資格・試験の難易度

保健師の国家試験の難易度は、看護師国家試験に比べると難易度が高い傾向にあるようです。

そのため、保健師養成課程のある大学でも、一部の成績優秀者しか履修できないようになっています。

また、最近では高学歴志向が浸透し、4年制の看護大学で学ぶことを選択する人が増えてきています。

保健師国家試験の合格率は81.4%と高い基準にありますが、これは大学院卒業者など勉学に励む人が受験しているのも一因であり、一概に難易度が低いとは言えません。

保健師養成課程において十分な試験対策をしておくことが重要でしょう。

保健師の給料・年収

保健師として働く人には、地方公務員(行政保健師)として保健所などで働く人や、産業保健師として働く人などさまざまであり、それにより年収も変わってきます。

民間企業で働く場合は、一般的に大手企業になればなるほど高収入・高待遇が望め、年収500万円以上となります。

また、保健師は学校や保健所などで働く公務員になることもできます。

公務員はそれほど高い稼ぎが得られなくても、給料も福利厚生など待遇も安定・充実しているため人気があります。

また、基本給に加え、別途保健師手当を支給する職場もあります。

保健師のやりがい、楽しさ

様々な人に寄り添い、サポートする

保健師を必要としている人は多岐にわたり、その内容も人によって違います。

それら一つ一つに親身に寄り添い、対話しながら、専門的な知識でもって適切な指導します。

自分の働きで人の健康が保たれた実感を得たときには、やりがいを感じるでしょう。

また、保健師は体の不安だけでなく、心の不安を支える立場でもあります。

精神的に支えの必要な人は、仕事に疲れた人から、介護や育児で相談相手もおらず、疲弊した人までさまざまです。

そのような立場の人の思いも汲みつつ、専門的なアドバイスもできるのが、保健師の魅力といえるでしょう。

保健師のつらいこと、大変なこと

思考力、分析力が試される

保健師という立場上、多くの人に対し指導的役割をこなさなければなりません。

たとえ新人であろうと、頼れるアドバイザーとしての働きを全うしなければならない立場にあり、慣れるまでは苦労も多いでしょう。

また保健師の仕事は、育児指導、予防注射、成人健康診断、高齢者介護など幅広い年齢層にわたり、業務も幅広くあります。

そのため、一人ひとりの検査データや生活背景、医療知識などを統合分析し、判断していく力が必要になります。

相手と対話する力だけでなく、論理的思考力、分析力なども求められるところは、この仕事の大変な部分だといえるでしょう。

保健師に向いている人・適性

向学心があり、論理的思考力のある人

保健師の仕事でもっとも必要とされるのは「その人の現状を的確に察知し、先を読む力」といえます。

そのためには、多角的専門的視点から個人を捉える力、論理的に考え、予測する力が試されます。

また、予防医学はアメリカを中心に日進月歩の拡がりを見せており、新しい発見が続々となされている分野です。

人々の健康を維持し、病気を未然に防ぐため、常に新たな情報に対してアンテナを張り、向学心を失わない人材が求められるでしょう。

保健師志望動機・目指すきっかけ

自分や知人の病気、看護師からの転身

保健師を目指す人の志望動機として、大きくまとめると「人々が病気になることで生じるリスクを減らしたい」というものがあります。

例えば、病院で処方された何十憶円分もの薬が廃棄されている現実を目の当たりにしたり、知人がうつ病になったことをきっかけに、メンタルケアのできる職種に就きたいと思った、などです。

前職で看護師として働いていた人が、病気の患者さんのお世話をしながら「もっと他にできることはないだろうか」と考え、保健師に転身することもあります。

共通することは、病気になることを食い止める力になり、それによって人を笑顔に導きたいという思いであるといえるでしょう。

保健師の雇用形態・働き方

正社員のほか、パートや派遣でも働ける

保健師は、行政保健師や企業保健師として正職員・正社員として働くほか、パート勤務をしたり、派遣社員として働く人もいます。

正社員の場合、残業で帰りが遅くなることもありますが、休日が固定しているところが多く、計画を立てやすいと言えます。

給与も正社員ならば一定以上の給与が見込めますし、ボーナスや昇給が見込めることもあります。

パート勤務の場合は昼または夜間の数時間勤務するという形態が多く、拘束時間が短く、残業もありませんが、収入は正社員より低くなります。

派遣社員の場合、主に健康診断や特定健診のシーズンに求人が多くなり、単発でのお仕事が中心なので、自分の希望や予定に合わせやすいのがメリットです。

デメリットは、求人が安定していないため、収入も安定しないことなどが挙げられます。

保健師の勤務時間・休日・生活

勤務先・勤務形態によって違いがある

病院勤務で看護師としても働いている場合は、夜勤や休日勤務もありますので、生活パターンは定まりづらいといえます。

看護師の業務をしていない場合、外来時間のみの勤務になり、休日出勤もありません。

保健所や学校勤務の場合、保健所・学校の開いている時間に、準備・片付けの時間を足した時間となります。

自治体によって差がありますが、土日に地域の人の検診があるときなどは、休日出勤もあります。

また、検診センターなどですと、4月の健康診断の時期はとても忙しく、残業もありえますが、スケジュールが前もって分かっているため予定は組みやすいでしょう。

保健師の求人・就職状況・需要

求人は少ない。志望に沿った対策が必要

現在、保健師の求人は、正社員・派遣社員を含め、都心部・地方都市部で数十件、郊外になると数件程度と少ない状態です。

保健師の離職率が低いことや、ひとつの施設あたりに所属する保健師が少ない(1名のこともある)ためといわれています。

保健師の就職先として最も多いのは行政保健師ですが、地方公務員になるため公務員試験を受ける必要があります。

その内容は自治体によって差があり、希望する自治体の試験形式に沿った対策も必要になるでしょう。

今後注目される就職先としては、地域包括支援センターや老人ホームなど、高齢者に関わる施設が増加するとともに、保健師の求人も増えることが予測されます。

保健師の転職状況・未経験採用

転職は30代まで。派遣で経験を積む

保健師は離職率が少ない職種ではありますが、もし転職する場合は、年齢制限も視野に入れておいたほうがよいでしょう。

転職先によっても異なりますが、募集年齢を40歳未満としている場所が多く、40歳以降の転職は難しいと思われます。

また、新卒で正社員としての就職先がない場合は、派遣会社に登録し、派遣保健師として働くのも一つの選択です。

派遣先で経験を積みながら、正社員の就職活動をするという選択肢があることも覚えておくとよいでしょう。

保健師の現状と将来性・今後の見通し

高齢化・予防医学の方面に需要がある

現在の医療現場では、病気を未然に防ぐ「予防医学」の考え方が重視されるようになり、保健師の存在意義も見直されています。

会社や地域では積極的に検診が実施され、保健師の活躍の場はますます拡大しつつあるといえるでしょう。

また、高齢化社会が進むにつれて介護分野に携わる保健師も増えつつあります。

老人介護施設等で入所者やその家族の心身両面のサポートを行う専門家として、今後もさらに需要は高まっていくものと考えられています。