このサイトは保健師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「保健師」

仕事内容
保健師は、人々の病気の予防や健康増進・健康管理を目的として、保健指導や相談業務、日常生活支援などを行う仕事です。民間企業で働く「産業保健師」のほか、学校で働く「学校保健師」、保健所などの行政機関で働く「地域の保健師」がいます。産業保健師や学校保健師が従業員、学生・教職員を対象とするのに対し、地域で働く保健師は地域住民全般を対象とするため、さまざまなバックグラウンドを持つ人や幅広い年代の人と接するのが特徴です。
なるには
保健師として働くには、国家資格である保健師免許と看護師免許両方の取得が必要です。高校卒業後に保健師養成課程のある4年制の看護大学を卒業するか、看護短大もしくは看護専門学校で学んだのち保健師養成所(1年間)を卒業すると、保健師国家試験の受験資格が得られます。2つの国家試験に合格しなければなりませんが、病気の予防に重点を置く保健師だけでなく、診療行為にも関われる看護師としても働ける力を備えられるのは大きな強みといえます。
給料
保健師の給料は、民間企業で働く場合は、一般的に大手企業になればなるほど高収入・高待遇が望め、年収500万円以上稼ぐ人も少なくありません。また、保健師は学校や保健所などで働く公務員になることもできます。公務員はそれほど高い稼ぎが得られなくても、給料も福利厚生など待遇も安定・充実しているため人気があります。また、基本給に加え、別途保健師手当を支給する職場もあります。看護師ほど労働時間が厳しくないという理由で、保健師を選ぶ人もいます。
将来性
現在の医療現場では、病気を未然に防ぐ「予防医学」の考え方が重視されるようになり、保健師の存在意義も見直されています。会社や地域では積極的に検診が実施され、保健師の活躍の場はますます拡大しつつあるといえるでしょう。また、高齢化社会が進むにつれて介護分野に携わる保健師も必要とされており、老人介護施設等で入所者やその家族の心身両面のサポートを行う専門家として、今後もさらに需要は高まっていくものと考えられています。

仕事体験談