銀行員の仕事内容

「預金業務」と「貸付業務」とは

「銀行員」は金融業界を代表する職業であり、日本では誰もがよく知っている職業のひとつです。銀行員の仕事内容を一言でいうと、お金に関するさまざまな取り引きをサポートすることです。

まず、一般の人が一番イメージしやすい業務として、「預金業務」があります。預金業務というのは銀行口座を通してお金を預けたり引き出したりするお客さんの預金を管理する業務です。

銀行の窓口やその後方で入出金の手続きをしているスタッフの姿を見たことがある人は多いでしょう。

さらに、銀行に欠かせない業務として、「貸付業務」があります。貸付業務は、その名の通り、資金を必要としている人にお金を融資する業務のことで、銀行はその利率(元本に対する支払利息の割合)をもらうことで利益を得ています。

貸付業務は、企業が事業拡大のための運転資金を確保するときや、個人が住宅を建てるために大金を必要とするときに、その資金繰りの土台を支える役割を果たします。

一方で、万が一にも融資先が倒産したり破産したりして資金を返せなくなってしまったら、銀行は大損害を被ることになります。

そのため、融資にあたっては、金額や貸付の期間が妥当かどうかの判断を含めて、銀行員の調査や審査が大変重要な意味をもちます。融資を担当する銀行員は、とても責任の重い仕事をすることになるのです。

便利な社会を支える「為替業務」

「預金業務」と「貸付業務」以外で、一般の人たちの生活に深くかかわっている銀行の仕事と言えば「為替業務」です。為替業務というのは、債権や債務の決済をするために振り込みや送金を行う業務のことです。

よく知られているものとして、電気料金やガス料金、水道料金や電話料金など公共料金の口座振替があります。

銀行の機能が発達して、こうした口座振替での決済が広く用いられることによって、利用者にとっては大きな利便性がもたらされたと言うことができるでしょう。

こうした業務以外にも、貸金庫の管理、手形の引き受けなど、銀行にはお金に関するさまざまな業務があります。

仕事体験談