信用金庫の仕事、業務内容

信用金庫の主な仕事

信用金庫は銀行と同じ金融機関ではありますが、株式会社ではなく非営利法人という位置付けになります。

取引先が中小企業と個人に限定されているのが大きな特徴です。

銀行のように営利を目的とするのではなく、地域経済の活性化のために金融サービスを行うのが信用金庫の役割なのです。

ここでは信用金庫の主な仕事を四つに分けてご紹介します。

窓口業務

まず、信用金庫の各店舗の窓口で顧客に対応する窓口業務があります。

銀行と同じように来店した顧客のお金を預かったり支払ったりすることに加えて、金融商品を紹介したりさまざまな相談に乗ったりもしています。

このような店舗の窓口はまさに信用金庫と地域の人たちを繋ぐ重要な架け橋となっています。

事務業務

窓口業務の後方支援を行うのが事務業務です。

窓口の担当者が顧客から預かったお金や書類を適切に処理することや、コールセンターとして顧客からの相談やクレームに対応したりすることが主な仕事です。

スピーディーにかつ正確に処理する能力が求められ、几帳面でまじめな性格の人に適している仕事ともいえます。

融資業務

中小企業や個人に対してお金を融資するための画策をしたり、審査の手続きをしたりするのが融資担当者の仕事です。

信用金庫の場合は大企業と取引をすることはなく、地域密着型の仕事をすることになります。

ときには廃れてしまった商店街に元気を取り戻すために商店主たちの相談に乗ることもあり、地域経済を立て直すための大きな力になることもあります。

営業業務

信用金庫には営業の仕事もあります。

限定された地域の中で営業活動を行うため、軽自動車や自転車、バイクなど小回りの利く乗り物を活用して一日中顧客のもとを訪問してまわります。

営業の内容としては銀行と同じように預金や金融商品に関する相談を受けたり手続きを行ったりします。

地域で循環させる資金

信用金庫の役割として何よりも重要なのは、資金を地域の中で循環させることです。

そしてそのことが地域で暮らしている人たちの事業や生活の基盤を支え、地域の繁栄や経済の活性化に繋げることが最大の目的とされています。

窓口業務や営業業務など仕事の内容自体は銀行と似通っているものが多いのですが、地域密着型で公共性の高い金融サービスを行っているという基本的な姿勢は大きく異なると理解しておくとよいのではないでしょうか。