信用金庫職員の仕事内容・企業の種類

信用金庫職員の仕事とは

信用金庫は、都市銀行や信託銀行などと同じ金融機関の一種であり、預金や振込、融資といった金融サービスを提供する組織です。

信用金庫職員の仕事内容も基本的には銀行と同じで、窓口でお客さまの対応をしたり、バックヤードで事務作業を行ったり、貸付を希望するお客さまを審査したりします。

しかし、信用金庫は、銀行のように自社の利益を目的とする「民間企業」ではなく、地域への貢献を目的とする「非営利法人」です。

営業エリアは信用金庫ごとに明確に定まっており、都道府県をまたいで仕事をすることはありません。

また、お金の貸出先も、各地域の中小企業と個人に限定されており、大企業を相手に融資することはありません。

利益を追求するのではなく、地域経済を発展させることが信用金庫の役割であり、また、信用金庫で働く職員一人一人に課せられた使命であるといえるでしょう。

信用金庫の種類・分類

全国信用金庫協会の統計によれば、2020年の信用金庫数は255庫と発表されています。

本店、支店に出張所を加えた店舗数は、全国合計で約7200店にのぼり、預金残高の規模は145兆円と莫大です。

北は北海道から南は沖縄まで、47都道府県すべてに信用金庫があり、地域密着型の金融サービスを展開しています。

また、信用金庫の関連団体として、クレジットを扱う「しんきんカード」や、各種情報を提供する「しんきん情報サービス」、リースを扱う「しんきんリース」といった企業もあります。

ほかにも、有価証券の扱いに特化した「しんきん証券」、年金などを運用する「しんきんアセットマネジメント」といった企業もあり、グループ全体の構成は、多用なニーズに対応できる体制です。

信用金庫職員の業務内容

窓口業務

信用金庫職員の仕事内容は、おおまかに4種類に分類することができますが、利用者にとって身近な業務は窓口業務でしょう。

窓口業務は、各支店の窓口でお客さまへの対応を行う仕事です。

新規口座開設、入金や出金、振込振替、住所や印鑑などの変更、定期預金の作成など、さまざまな手続きを行うとともに、資産運用など、お客さまの相談にも応じます。

地域で暮らすお客さまと直接ふれあう窓口職員は、まさに「信用金庫の顔」といえるでしょう。

事務業務

事務業務は、窓口職員がお客さまから受け取った現金や伝票、書類などの各種事務処理を手掛ける「後方支援部隊」です。

支店やコールセンターにかかってくる電話に応対し、お客さまからの問合せに回答したり、商品を案内したり、クレームに対処することも事務職員の仕事です。

大量の事務作業を正確かつ迅速に処理することが求められますので、几帳面でまじめな性格の人向きの仕事といえるでしょう。

融資業務

融資業務は、お金を貸してほしいお客さまからの相談に応じたり、申し込み書類を受け付けたり、お金を貸せるかどうかを審査するなど、貸付にかかる一連の仕事です。

信用金庫では、銀行などの金融機関のように大企業にお金を貸し付けることはなく、地場の中小企業や個人などが対象となります。

ときには商店街の店主たちとタッグを組んで街を盛り上げるなど、近年苦境が続く地域経済を立て直すための仕事を手掛けることもあります。

営業業務

営業業務を担当する職員の仕事は、自転車やバイク、自動車に乗ってお客様を訪問する外回りです。

「渉外係」とも呼ばれます。

忙しくて支店に来れない店主や、足腰が悪い高齢者などをまわり、窓口と同じように入出金手続きを代行したり、国債や保険などの金融商品を販売したりします。

相手先が個人事業主や企業の場合は、資金繰りの相談に乗り、融資担当者と連携してお金を貸し出すこともあります。

営業においては、それぞれの顧客と積極的にコミュニケーションを取り、親密な相談を持ち掛けてもらえるだけの関係性を構築することが重要になりますので、対人スキルの高い人向きの仕事といえるでしょう。

信用金庫の役割

信用金庫の最も重要な役割は、資金を地域のなかで循環させることです。

地域で暮らしている人々や経営している企業から預金を集めて、そのお金を運用して利益を出したり、お金を必要としている人へ貸し出したりします。

そうすることでお金は地域のなかをめぐり、住民の生活を豊かにするとともに、事業を営む人たちの支えとなります。

お金が循環するサイクルを生み出して、相互扶助、地域共生による自然な経済成長を促すことが、信用金庫職員の仕事の目的です。

同じ金融機関であっても、所属する企業の利益を最優先とする民間の銀行などと比べると、信用金庫の役割は大きく異なっているといえるでしょう。

信用金庫に特有の職種

信用金庫に特有の職種としては、まず店舗の窓口で来店客に応対する「窓口担当者」があります。

窓口担当者は、窓口業務の通り、直接お客さまと接する機会が非常に多い点が特徴です。

利用者として窓口担当者に接した経験があり、信用金庫の仕事というと真っ先に窓口業務をイメージする人も多いでしょう。

また、外回りをして営業を担当する「渉外担当者」や、お金の貸付や回収、審査を担う「融資担当者」も、金融機関である信用金庫ならではの職種といえます。

なお、信用金庫に就職する際は、特定の業務のみを担当する「一般職」と、職種を限定せずに数年単位でさまざまな業務を担当する「総合職」の2種類に分けられているケースがほとんどです。

信用金庫の有名な企業

信用金庫は、地域に密着したきめ細かなサービスを提供するため、それぞれの営業エリアはあらかじめ決まっています。

このため、ほかの業界の企業のように、全国クラスの知名度がある信用金庫というものは存在しません。

地域別にみれば、関東エリアでは預金残高トップの「城南信用金庫」、中部エリアでは「岡崎信用金庫」、関西エリアでは店舗数が100を超える「京都中央信用金庫」や「大阪シティ信用金庫」などが有名です。

全国的にはそこまで名は知れていなくても、その地域で暮らす人ならば誰もが知っているという、いうなれば知名度の「局地性」が、信用金庫の特徴といえます。

信用金庫の仕事の流れ

信用金庫の代表的な仕事のひとつである融資業務の流れを見てみましょう。

まずお客さまから融資の相談を受け付けるところから仕事が始まります。

資金の使いみちや必要金額、自己資金の割合、返済の計画、連帯保証人や担保の有無などをヒアリングし、申込書を作成して記名・捺印をもらいます。

申込書とともに、決算書類や資金繰り表、事業計画書、自身が作成した決済書類などを本店に郵送し、審査を受けます。

審査が通ったら、お客さまに入金のタイミングを報告して、一連の業務は完了です。

ただし、お金を貸し出したら終わりというわけではなく、その後も事業の収支状況などについてフォローしていく必要があります。

信用金庫の融資担当者は、一人一人のお客さまと深い人間関係を築き、末永く付き合っていかなければなりません。

信用金庫社員の「仕事内容」の口コミ投稿

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    信用金庫の営業 かなたんさん

    34歳 女性 経験12年 石川県

    退職済み(正社員)


    勤務地は営業地区が決まっているのでその範囲内です。

    信用金庫の仕事としては預金業務、融資業務、為替業務がありますが、その三つを窓口と外回り営業でこなしています。

    営業の仕事内容は、集金、通帳や伝票の預かり、融資の相談などで、個人や企業を回ります。