銀行の種類

さまざまな種類の銀行

日本の銀行には、さまざまな種類の銀行があります。

まず、日本で暮らす人にとって大きな影響を及ぼしているのが、日本の中央銀行とも呼ばれる「日本銀行」です。

「日本銀行」通称「日銀(にちぎん)」は、日本では唯一紙幣を発行できる銀行です。個人のお金を預かるのではなくて、政府が国民から集めた税金や国債のお金を預かって公共事業に使うお金や公務員への給与などのお金を出しています。

さらに、全国で多くの人が利用している大手の銀行である「都市銀行」があります。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行などがこれにあたります。

これ以外にも「信託銀行」という、銀行業務と信託業務の両方を営んでいる銀行があります。

信託とは、委託者が信託行為(信託契約や遺言)によって受託者に金銭や土地などの財産を移転して管理を任せる制度です。信託銀行は、不動産や有価証券の管理に大きく貢献しています。

地域に根ざした銀行も

地域経済を支えるために大きな役割を果たしているのが「地方銀行」です。北海道には北海道銀行、青森には青森銀行、群馬には群馬銀行、京都には京都銀行、福岡には福岡銀行…というように、各県にそれぞれの都市を代表する銀行があります。

ただし、ひとつの地域にひとつというわけではありません。福岡県を例にとると、「福岡銀行」「西日本シティ銀行」「筑邦銀行」「北九州銀行」と、さまざまな銀行があり、それぞれの銀行の利率や金融商品を比較しながらお客さんは自分に合う銀行を選んでいます。

また、銀行と同じように金融サービスを行う機関として「信用金庫」があり、各地に数多く存在しています。銀行は主に大企業と取引を行いますが、信用金庫は地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。

銀行が「銀行法」に基づいて運営される株式会社であるのに対して、信用金庫は「信用金庫法」に基づいて運営される非営利法人であり、より公共性の高い組織として存在しています。。

新しいタイプの銀行も

最近では、上記のような「中央銀行」「都市銀行」「地方銀行」に加えて、新しいタイプの銀行が勢力を伸ばしてきています。いわゆる「ネット銀行」と呼ばれる銀行です。

ジャパンネット銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行など、インターネット支店の口座を開設することで、より簡単にお金を預けたり引き出したりすることができる銀行が増えてきています。

このような新しいタイプの銀行は、時代の移り変わりとともに今後もますます増えていくと考えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加