製薬会社社員として働くには(大学・学歴・学部)

理系の知識が必須の職種も

製薬会社の社員になるための採用試験では、応募の段階で大学卒業以上の学歴を必要としているところが多いようです。

どのような学部の出身者を求めているのかは職種によって違いますが、一般的には、技術職は理系の勉強ができる大学を卒業していることが必須とされています。

特に新薬を開発する「研究職」や臨床試験をする「開発職」は非常に専門性が高いので、薬学や理化学の深い知識がなければ仕事になりません。

この分野への就職をめざすのであれば、できるだけ高いレベルの大学に進学し「医学部」「薬学部」「農学部」「理学部」などで専門的な勉強をしてから就職をめざしましょう。

また、大学院への進学や海外留学をして専門性を深めてから就職する人が非常に多い世界でもあります。

どの研究室に入りどの教授のもとで学ぶかということも学生時代の実績の重要なカギとなるので、製薬会社社員の「研究職」や「開発職」をめざすのであれば、大学進学の時点で専攻内容をよく考えておくことが大切でしょう。

文系出身でも採用される職種も

医療従事者に向けて医薬品の情報提供やセールスをする「営業職(MR・医薬情報担当者)」の場合も、理系の学部、特に薬学部の出身者は多いようです。

ただし、このMRは営業マンのような役割も果たすということもあり、積極性やコミュニケーション能力の高さなどの適性があれば文系出身者でも採用されることがあります。

もちろん、入社後は医薬品に関する知識が必要となるので、文系出身の人であっても理系分野の勉強をすることに抵抗がないことが重要です。

この他の職種としては、一般企業と同じように経理や法務などを担当する「事務職」があります。

事務職の場合は医薬品の知識よりも担当する業務に対する専門性のほうが重視されるため、経済学部や法学部などさまざまな学部から採用されることになります。