製薬会社への転職、中途採用

技術職への転職

製薬業界は、「専門性が高くて収入が安定している」「医薬品を通して社会に貢献できる」というイメージが強いことから、転職希望者の中でも人気の高い業界です。

それでは製薬会社への転職を希望する場合、どのようなことに注意が必要なのでしょうか。

まず知っておかなければいけないのは、製薬業界は医薬品という人の命を守る商品を扱っており、医学や薬学、あるいは理化学など専門性の高い知識がなければ仕事ができないということです。

とくに、新薬開発のための実験や臨床試験を行う「研究職」や「開発職」などの技術職の場合、理系の大学で勉強していることは必須ですし、技術者としての実績がある人が求められます。

具体的にいうと、大学や病院の研究機関・研究所で働いていた人や、化学メーカー食品メーカーの研究開発職に携わっていた人などは実績を生かして即戦力として働きやすいでしょう。

MRへの転職

一方、医薬品の情報提供やセールスを行う営業職(MR)の場合、必ずしも経験者でなければ採用されないということはありません。

薬剤師として働いていた人や医療機器メーカーの社員など、医療関連の職場で働いていた人が、経験や知識を生かしてMRになることもあります。

また、医療とは関係のない他業界で働いていた人であっても、コミュニケーション能力や積極性、新しい知識を吸収する能力の高さなどが認められれば、人間性を重視して採用されることもあるでしょう。

MRの仕事

ただし、このような未経験者の場合は、採用試験の応募の際に年齢制限が設定されていることがあります。

MRとして働く上では医薬品に関して相当な量の知識が必要となるため、採用後に山のような研修や試験を受けなければいけません。

人材育成に時間と手間がかかることから、できるだけ若手を求めている企業が多いのです。

未経験者が転職でこの職業をめざすのであれば、年齢の目安として大体20代後半から30代前半までと考えておいたほうがよいでしょう。