製薬会社の志望動機・面接

技術職は実績をアピール

製薬会社の社員は、一般的には医薬品の研究や開発に携わる「技術職」と、医療関係者への情報提供やセールスをする「営業職(MR)」と、人事や経理や法務などを担当する「事務職」に分かれて採用されます。

職種によって、面接でチェックされるポイントには少し違いがあるようです。

まず、研究や開発に携わる「技術職」の場合は、大学での研究の実績はもちろんのこと、専攻してきた分野と事業とのマッチングが重視されるようです。

どの教授の研究室でどのようなテーマの研究をしたのか、今までにどのような論文を発表してきたかについて詳しく質問されることでしょう。

もちろん、研究にはチームワークが欠かせないため人間性も見られますが、どちらかというと技術的な分野の話が中心になると考えたうえで準備をすることが大切です。

志望動機も、「医薬品を通して社会貢献したい」というような漠然としたものではなく、「大学では薬学部で病態生理学を専攻し骨髄腫の治療法について研究してきたので、御社のがんの新薬を作るプロジェクトチームに入りたい」というような具体的な研究のビジョンを伝えられるようにしておきましょう。

営業職は人間性をアピール

これに対して、医薬情報担当者とも呼ばれる「営業職(MR)」の場合は、医薬品に関する興味や知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力の高さや積極性があるかどうかを重視されます。

営業職は、医療従事者との間に信頼関係を結びながら医薬品の情報を提供しセールスをするのが仕事なので、人間性の部分が非常に重要になってくるのです。

MRの仕事

理系の知識があることが望ましい職種ではありますが、文系の大学を卒業した人でも採用されることはあります。

ただし、その場合、医学や薬学に関する興味や関心があるのか、採用後に積極的に学ぶ意欲があるのかどうかを面接で確認されることもあるので、熱意をしっかり伝えられるようにしたほうがよいでしょう。

また、事務職の場合は、担当する業務への専門性の高さや意欲、コミュニケーション能力など、総合的な能力を面接でチェックされます。

製薬会社の面接や志望動機に自信が持てない人は、新卒向けサービスのキャリアチケットを利用して、対策を無料で行ってもらうことができます。

キャリア相談から志望動機の添削や模擬面接まで、製薬会社に詳しい担当者が丁寧に行ってくれるため、内定獲得率アップが実現可能です。


中途の場合は、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用して、面接対策や書類の添削を受けましょう。

リクルートエージェントでは、製薬業界の求人を2,000件以上保有していますから、まずは気軽に相談してみてください。