製薬会社の営業の仕事

情報提供のスペシャリスト

製薬会社にはさまざまな特有の職種がありますが、そのなかのひとつが医薬品のセールスに携わる「営業職(MR)」です。

MRは日本語に訳すと「医薬情報担当者」のことで、人々の病気やケガを治すための薬に関しての情報を持っているスペシャリストという意味になります。

医療従事者のもとへ足を運び自社製品に関する情報提供やセールスを行うのが主な業務なので、医薬品専門の営業職と考えるとわかりやすいでしょう。

MRが扱う薬は、錠剤や粉薬のような飲み薬から軟膏などの塗り薬、注射や点滴で使う液剤など、多岐にわたります。

このような医薬品の情報を医師や看護師、薬剤師など医療現場の人間に正しく伝えることで、人々の命や健康を守ることに間接的に携われるのがこの仕事の魅力でしょう。

昔は「プロパー」と呼ばれる営業マンがこの仕事をしていましたが、営業担当者に専門性の高い知識があることが重要だという考えが浸透し、MRが誕生しました。

一人前のMRとして活躍するためには「MR認定試験」に合格して「MR認定証」を取得することが必要で、入社後も知識を磨き続けることが求められる職業です。

MRの仕事

医療従事者との信頼関係がカギ

MRの仕事は情報提供やセールスをするだけではありません。

日本では、「市販されている医薬品に副作用が発生した場合にすぐに厚生労働省に報告しなければならない」という薬事法で定められている大事な決まり事があります。

製薬会社と医療現場との架け橋になっているMRは、ときには現場からの副作用の報告を吸い上げて、いち早く製薬会社と国に報告することで被害を最小限に抑えることもできます。

このように、情報提供やセールス、ときには報告などの重要な任務を行うのがMRですが、仕事が順調に運ぶかどうかは医療従事者との信頼関係を築けるかどうかにかかってるといってもよいでしょう。

できる限り足を運んで顔を覚えてもらったり親しみやすい印象を持ってもらったりして、何でも話せる関係を作ることが大切です。