製薬会社社員のやりがい、魅力

医薬品が切り開く未来

現代社会において、私たち人間にとって医薬品は切っても切り離せない存在となっています。

医薬品がこれほど広く普及していなかった時代には乳幼児期の死亡率が今よりもずっと高かったのですが、定期的な予防接種の広まりとともに感染症が激減し、健康に暮らせる子どもが増えました。

また、成人の代表的な病気である「がん」や「脳卒中」「心臓病」も、高い効果を発揮する薬がぞくぞくと開発されており、世界的に見ても人類の寿命は長くなっています。

難病や不治の病と考えられてきた病気だって、画期的な治療薬によって劇的に症状が改善することがあるのです。

このように、医薬品というのは、私たち人間が健康に長生きできる社会を支えるために欠かせないものであり、その貢献度には計り知れないものがあるでしょう。

製薬会社の社員は「自分の仕事が誰かの命を支えている」というやりがいを感じることができるのが何よりも大きな魅力なのです。

「世紀の大発見」を夢見て

製薬会社で働く社員のなかでも、とくに研究の仕事に携わる人は、自分の手で新たな医薬品を生みだすことの面白さを感じることもできます。

新薬の開発は決して楽な道ではなく、数十年単位の長期スパンで計画を立て、数十億という莫大な予算を組んで特定の分野の薬の研究を進めることも珍しくはありません。

想定通りに作用のメカニズムが解析できない、理想とする物質が見つからないなど、ハードルは山のようにあるでしょう。

しかしそのぶん、苦労の甲斐あって画期的な新薬を生みだすことができれば、世界中の人々を救うような世紀の大発見になることもあるのです。

薬学の分野では研究成果を認められて賞を受賞している研究者も多く、自分の研究を通して大きな夢を実現したいという人にとっては非常に挑戦のし甲斐があるフィールドとなるのは間違いありません。