製薬会社の研究職の仕事

医薬品の進歩を支える研究職

製薬会社にはさまざまな特有の職種がありますが、そのなかのひとつが医薬品の研究と開発に携わる「研究職」です。

ここでは、普段なかなか知ることができない製薬会社の研究職の仕事内容についてご紹介します。

研究職の仕事はその名の通り、新薬やジェネリック(後発医薬品)などの医薬品を世に送り出すための研究を行うことです。

医薬品は効能や副作用によって人体に多大な影響を与えるものなので、病気のメカニズムを解明し、候補物質の合成や製剤を行い、有効性や安全性を入念にデータで確認しながら製品を作り出すことが求められます。

こうした一連の作業を行うのが研究職の仕事です。

また、たとえ効能の高い医薬品であっても値段が高すぎれば世間に広く普及することは難しいでしょう。

薬価を抑えるためにコストダウンの方法を考えることも研究職の大事な仕事なのです。

研究職の部門ごとの仕事

研究職の部門名は企業によって違いますが、大きく分けると、開発候補物質の合成に関する開発研究を行う「合成部門」、薬の成分を患者が服用しやすい錠剤や注射液等の形にする「製剤部門」、副作用や発ガン性について調べる「薬理部門」「安全性部門」などがあります。

研究職として入社した後、大学時代に専攻していた分野や本人の適性を見ながら配属されるのが一般的です。

優秀な人材が集結する研究職

研究職として働く人には、国内トップレベルの医学・薬学・理化学の知識が欠かせません。

また、研究にあたって海外の論文や資料を読むことも多いので、高い語学力も必要です。

もうひとつ、人命を尊いものと考えて社会の幸せのために真摯に研究に取り組む倫理観も必須です。

まさに一握りの優秀な人材だけが就くことのできる職種で、採用試験は狭き門となることでよく知られています。

研究職の生活は、まさに研究所や研究室にこもって朝から晩までチームで「ターゲット探索」「合成展開」「薬理評価」などを繰り返すことになります。

製薬業界においては、ひとつの創薬のプロジェクトに十年以上の期間や億単位の予算をかけることが当たり前の世界なので、信念をもってコツコツと粘り強く取り組むことができる人に向いている職場です。