製薬会社の就職、求人、採用の状況

人気の高い製薬業界

製薬業界は、就職活動をしている人たちから根強い人気を誇る業界です。

医薬品というのは飲食やレジャーなどに比べると景気の影響を受けにくく安定した需要を見込めるため、経営が安定しているイメージがあるのでしょう。

また、専門性が高いことから、ひとたび技術や知識を身につければ業界内の転職や再就職がしやすいというのも人気の理由と考えられます。

内資系の大手製薬会社は特に給料や待遇も良く、正社員の採用試験は非常に狭き門となっています。

また、最近は外資系の製薬会社も数多く日本に進出しており、実力次第で非常に高い収入が望めることやグローバル規模の仕事ができることから人気を集めています。

製薬業界の求人の状況には特に大きな変化がありませんが、新薬の開発が激化しているという現状があることから、とくに主力商品となる医薬品の開発に携わることができるような優秀な研究者を獲得するため、各社の間で激しい争奪戦が繰り広げられています。

職種別の採用が一般的

それでは、製薬業界の採用にはどのような特徴があるのでしょうか。

まず、多くの企業で共通しているのは、職種別採用を行っていることです。

採用の段階で「研究職」「開発職」「営業職(MR)」「事務職(経理、法務、人事など)」などのように分類されているのが一般的です。

製薬業界は人命に関わる医薬品を取り扱っているため、それぞれの業務の専門知識や適性がある人材を採用したうえでスペシャリストとして徹底的に育成します。

これは、安心安全な医薬品を社会に提供し、事業の根幹を支えるために非常に重要なことなのです。

採用の時点で必要な学歴が定められていることもあり、技術職の場合は理系の大学で勉強していなければ試験にチャレンジできないことがあります。

MRの場合は学歴を問わず応募できることがあるので、希望する職種の応募要件をよくチェックしましょう。

新卒採用と中途採用

製薬業界の採用は、新卒採用だけではなく中途採用も盛んです。

中途採用の場合、同じ製薬業界内での転職もありますが、それ以外にも大学や病院の研究機関・研究所で働いていた人や、化学メーカーや食品メーカーの研究開発職に携わっていた人が実績を生かして転職するケースが多いようです。

ただし、研究者の場合は携わっていた研究の内容や技術に関する事項が企業秘密となっていることが多く、守秘義務があるため、他社への転職の際は注意が必要となることもあります。

新卒で大手製薬会社に就職するのは難関ですが、キャリアチケットと言うサービスを利用することで、製薬会社の志望動機の作成や面接対策をしてもらうことができます。

キャリアチケットは、「累計6万人以上が利用し、内定率80%」、「最短3日で内定を獲得できる」など、利用するメリットが多いため、うまく活用しましょう。