不動産会社社員に必要な資格、スキル

宅地建物取引士

不動産会社社員に必要な資格として最も代表的なものといえるのが、「宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)」です。

この資格は通称「宅建」と呼ばれ、資格試験を受けて都道府県知事の登録を受けて宅地建物取引士証の交付を受けることで、資格を取得していることが証明できます。

宅地建物取引主任者の仕事

不動産業界はさまざまな法律が存在しますが、宅建取得者は、不動産取引に関する専門的な知識を有していることが認められ、土地や建物の売買、仲介の取引を行う際には、宅建の資格を持っている人が「重要事項説明」を行うことが義務付けられています。

国家資格として業界の第一線で働くうえでは必須の資格といえ、多くの社員が入社前、あるいは入社後に勉強をして合格を目指しています。

また、不動産会社ではこの資格を取得すれば資格手当が付くこともよくあります。

普通自動車運転免許

物件へお客さまを案内する際には、車を使って移動することがほとんどです。

したがって、営業職として働く場合には、ほぼ確実に「普通自動車運転免許」が必要になります。

就職後に取得すればよいという会社もありますが、応募条件に掲げられていることも珍しくないため、できれば早い段階で取得しておくとよいでしょう。

その他の資格

上記の2つの資格に関しては多くの不動産会社で求められるものとなっていますが、これ以外にも不動産業界にはさまざまな資格が存在します。

たとえば、マンション管理組合の運営やマンションの維持・管理に関するコンサルティング業務が行える「マンション管理士」や、不動産の権利関係やその経済価値に関する専門家であることを示す「不動産鑑定士」などは、どちらも難易度が高めの国家資格となっています。

マンション管理士の仕事
不動産鑑定士の仕事

このほか、「土地家屋調査士」「建築士」「司法書士」なども業務に関連する資格です。

土地家屋調査士の仕事
建築士の仕事
司法書士の仕事

ただし、これらはより専門色が強い資格となるため、必要に応じて取得を目指すといった形が一般的になるでしょう。