不動産会社社員の仕事内容・企業の種類

不動産会社社員の仕事とは

不動産会社とは、土地、戸建住宅、マンション、店舗、事務所、商業施設などのさまざまな不動産について、賃貸や売買の仲介、管理、開発などを手掛ける企業です。

不動産会社社員の仕事内容は、お客さまに物件を案内したり相談に乗ったりする接客業務や、成約時の契約業務、物件の調査業務などです。

ただ、不動産会社の種類や事業規模は非常に幅広く、さまざまな業態があります。

大きな高層ビルを開発する上場企業もあれば、アパートなどを紹介する「街の不動産屋さん」もあります。

共通しているのは、土地や建物に対する知識や、多数の法律に関する知識が求められるということです。

深い知識をもつ不動産の専門家として、お客さまが安心かつ安全に取引を進められるようサポートすることが不動産会社社員の仕事です。

不動産会社の種類・分類

全国には、大小さまざまに、実に30万社を超える数の不動産会社があります。

その事業内容は企業によってばらばらですが、大きく分けると「仲介会社」「管理会社」「デベロッパー」「販売代理会社」の4種類があります。

仲介会社の種類は、賃貸仲介をメインとする会社と、売買仲介をメインとする会社です。

賃貸仲介を行う会社は、賃貸管理も兼業している場合もあります。

大手不動産会社では、グループ内の子会社も含めて、不動産事業すべてを網羅的に手掛けています。

また、ワンルームマンションばかり扱っている会社もあれば、投資物件専門の会社、「競売」という裁判所の差し押さえ物件のみ扱っている会社もあり、特色もバラエティに富んでいます。

不動産会社を目指すなら、どんな不動産を扱い、どんな仕事を手掛けたいか具体的に考えて、志望企業を絞る必要があるでしょう。

不動産会社社員の業務内容

接客業務

接客業務は、不動産会社社員の中心となる仕事です。

店舗やモデルルームなどに来訪したお客さまを出迎え、ニーズを聴取して条件に合った物件を紹介したり、内覧に付き添ったりします。

不動産の接客業務が一般的な接客業と大きく異なるのは、借りたい人と貸したい人(大家)、買いたい人と売りたい人など、物件を介して相手方が双方に存在するということです。

このため、不動産会社社員には、老若男女、誰とでも話すことのできるコミュニケーション能力に加えて、間に立って双方の希望や条件を調整する交渉能力が求められます。

契約業務

物件説明や内覧の結果、借りたい、買いたいという話が具体的に進展したら、契約業務へと移ります。

賃貸でも売買でも、不動産に関する契約をする際には、事前に不動産に関する大切な情報を取りまとめた「重要事項説明書(重説)」を作成し、面前でお客さまに説明することが法律で義務付けられています。

この重説や、契約書、決済にかかる請求書などの作成と説明、および契約に必要な印鑑証明書や住民票など必要書類一式の案内が、契約業務にかかる不動産会社社員の仕事です。

このうちの「重要事項の説明」については、業務を行うことができるのは「宅地建物取引士」の資格保有者に限られています。

宅建士の仕事

調査業務

調査業務は、不動産オーナーから仲介依頼を受けた物件や、自社で取得を検討している物件について、現在の利用状況、適用される法令などを調べ、資料として取りまとめる仕事です。

情報収集なくしては、お客さまに物件を説明することも、契約書を作成することもできませんし、物件の価値を正確に算定することもできません。

作業自体は非常に地味であり、また根気も必要ですが、調査業務は非常に重要度の高い仕事です。

不動産の関係法令は、建築基準法や都市計画法といったメジャーなものから、各地方自治体が独自に制定している条例まで軽く数十を超え、広範な法律知識が必要とされます。

不動産会社の役割

不動産は、一般的に非常に高額であり、たとえばマイホームの購入は、ほとんどの人にとって一生に一度の、そして人生最大の買い物です。

しかし、面積、形状、構造、設備など、不動産を構成する要素は非常に多く、たくさんの法令や権利関係も複雑に絡み合います。

一般の人がそのすべてを正確に理解し、価値を判断することはきわめて困難です。

不動産会社社員は、専門的な知識と豊富な経験を駆使して、予備知識をもたないお客さまに対してもわかりやすく説明したり、相手方と交渉するなど、あらゆる面からサポートを行います。

不動産会社のおかげで、私たちは安全・安心に、不動産を借りたり買ったりすることができます。

世の中の不動産を、トラブルなく、適正かつスムーズに流通させることが、不動産会社の社会的役割です。

不動産会社に特有の職種

不動産会社に特有の職種としては、「営業」「管理」「企画・開発」の3種類が挙げられます。

最も一般的といえるのは営業で、仕事内容はおおまかに「賃貸仲介」と「売買仲介」に分類することができます。

管理は、オーナーから委託されている物件のメンテナンスや日常対応を行う職種、企画・開発は、用地の取得から設計、建設、販売まで、ビルや商業施設などの大型不動産プロジェクトを手掛ける職種です。

物件情報の問い合わせ対応や家賃の入金管理など、ほかの社員をサポートする事務職として働く人もいます。

不動産会社の有名な企業

不動産会社の有名な企業としては、まず三井不動産や三菱商事、住友不動産といった、旧財閥系の上場企業が挙げられます。

これらの不動産会社は、街ごと再開発する総合デベロッパー」と呼ばれています。

古い業歴と圧倒的な資金力、強固な事業基盤をもつ日本有数の大企業です。

三井、三菱、住友に続くのは、東急不動産、野村不動産など、マンション開発を主軸とする不動産会社です。

不動産仲介会社としては、東急不動産グループの東急リバブル、三井不動産傘下の三井不動産リアルティ(三井のリハウス)、メガバンク傘下の三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売などが大手です。

不動産会社の仕事の流れ

不動産会社の賃貸仲介について仕事の流れを見ると、まず大家さんから仲介依頼を受け付けるところから始まります。

大家さんと交渉して「媒介契約」を締結したあと、実際に物件に出向いて、空き部屋や設備の状況、周辺環境などの調査を行い、資料にまとめ、広告を作成します。

部屋を探しているお客さまが来店したら、家賃や間取りなどの希望条件を聞き出し、それに合致した物件を提案します。

お客さまが気に入った物件があれば、実際に部屋まで案内して、必要があれば、家賃の減額やクロスの張替え、エアコンの更新、入居時期など、大家さんとの条件交渉を行います。

両者が合意に達したら、賃貸契約書や重要事項説明書による物件等の説明をしなければなりません。

また、重要事項説明書だけでなく賃貸契約書を大家さんの代わりに、入居者と取り交わします。

その後、初月家賃や敷金、仲介手数料などを受領してカギを引き渡すと、一連の仕事が完了します。

不動産会社社員の「仕事内容」の口コミ投稿

  • 仕事内容
    4.00
    仕事内容
    4.00

    デベロッパー・建築士 anan1226さん

    40歳 女性 経験5年 東京都

    現職(正社員)


    商業施設関係のデベロッパーに勤務しています。

    勤務地は本社のある東京で、全国各地の商業施設の新規建設、改装などをとりまとめる仕事をしています。

    会社全体では1000人ほどの従業員がいますが、部署としては10人ほどになります。

    ただ、関連部署として不動産関連や土地開発関連、商業施設を運営している営業部署などがあり、建設部はその中のひとつになります。

    建築をやっていますが、実際