不動産会社社員に向いている人・適性

不動産会社社員に向いている性格・適性

誰とでもコミュニケーションが取れる人

「衣・食・住」のひとつである不動産は、衣服や食料品と同じように、誰にでも絶対に必要なものです。

不動産会社のお客さまは、年齢や職業はもちろん、価値観や考え方もさまざまです。

一人暮らしの部屋を探している大学生を相手にすることもあれば、投資物件を探している人が顧客の場合もあります。

仕事を成功させるカギは、「相手の求めるものをいかに素早く正確につかめるか」にかかっています。

このため、老若男女問わず、誰とでも話ができる人は、不動産会社に向いています。

日常生活のなかで、1人で時間を過ごすよりも、誰かと一緒にいるほうが好きいうタイプの人は、不動産会社社員の適性があるでしょう。

調べることが好きな人

不動産会社の仕事で、接客の次に多くの時間をさくことになるのが、物件の調査です。

間取りや構造、築年数、アクセスといった基本的なことはもちろん、隣地との境界や前面道路の幅員、交通量などの周辺環境まで、物件ごとにありとあらゆる情報を調べなければなりません。

都市計画法や建築基準法、災害関連法など、関係する法律は軽く数十を超えます。

こうした作業量は膨大ですので、細かく丁寧に調べるのが好きだったり、得意だったりする人は、不動産会社社員の適性があるでしょう。

逆に、おおざっぱなタイプの人は、調査が適当になったり、調査項目に漏れが生じやすくなりますので、あまり不動産会社向きではありません。

根性のある人

不動産会社では、物件を紹介するだけでは基本的に1円の収入にもなりません。

契約が成立して初めて、仲介手数料や広告料、売買益が発生します。

しかし、不動産は高額であるだけに、そうそう簡単に成約まで結びつくものではありません。

足繁くお客さまの元に通ったり、何度も交渉を重ねるなど、粘り強い努力が必要になります。

時期によっては、一生懸命がんばっても結果がでないときもあるかもしれません。

したがって、何事もすぐに投げ出したりせず、忍耐強く向き合い続けられる根性のある人は、不動産会社社員に向いているでしょう。

不動産会社では、社員個人やチーム単位でノルマが設定されているケースもよくありますが、目標を達成するためにも、根性やガッツはきわめて重要です。

不動産会社で働くには(大学学部・学歴)

不動産会社社員に向いていないのはどんな人?

軽薄そうに見える人

不動産会社社員は、限られた短い時間のなかで、お客さまとの信頼関係を構築しなければなりません。

「大切な住まいのことを、この人になら任せても大丈夫そうだ」と思ってもらえなければ、たとえどんなに物件自体がよくても、契約までこぎつけることはできないでしょう。

服装、話し方などが相手に軽薄な印象を与える人の人は、不動産会社には不向きです。

あまり自信がないように見えるタイプの人も、お客さまから信頼を得るのに時間がかかってしまいます。

ただし、必要以上に自信満々に見える必要はありません。

誠実に仕事と向き合うことができる人が、不動産会社社員に向いています。

コンプライアンス精神の低い人

不動産会社社員にとって、法令遵守(じゅんしゅ)の精神はきわめて重要です。

不動産業は宅地建物取引業法や民法その他の法令により、物件の欠陥を隠して契約したり、仲介したりすることはできません。

法令違反の場合、不動産会社が損害賠償義務を追ったり、免許取り消し処分になったりすることもあります。

不動産会社社員がペナルティーを受けるケースもあるため、法令を破るような人は、不動産業にたずさわる資格はありません。

不動産会社社員の「向いてる人」の口コミ投稿

  • 向いてる人
    向いてる人

    デベロッパー・建築士 anan1226さん

    40歳 女性 経験5年 東京都

    現職(正社員)


    ものづくりが好きだということが一番大事だと思います。

    また建築デベロッパーのプロジェクトマネージャーのような仕事は各分野の仕事を全体的にわかっている必要があるので浅くでいいので広くわかっていることが必要です。

    基本的な建築知識は必要ですが、CADで図面が書けるほうが自分の仕事を進めやすいので図面を書くスキルもあると便利です。