このサイトは土地家屋調査士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「土地家屋調査士」

仕事内容
土地家屋調査士は、土地の測量および表示に関する登記の専門家のことを言います。依頼を受けたうえで不動産(土地や建物)の調査や測量を行って、不動産がどこにどのような形状で存在し、何に利用されているのかを明確にします。その他、不動産の表示に関する登記の申請手続きの代理業務、土地の境界に関する民事紛争が起こった際の解決の手続きの代理、依頼人からの相談への対応なども業務の一部です。
なるには
土地家屋調査士になるには、国家資格である土地家屋調査士の試験を受けて合格し、土地家屋調査士会の名簿に登録される必要があります。試験は学歴などの受験資格はなく誰でも受験可能ですが、いざ試験に合格したとしても、すぐにバリバリと実務ができるわけではありません。測量や不動産登記は専門知識が必要となるため、名簿登録後は土地家屋調査士の事務所に就職し、実務経験を積みながら一人前を目指すのが一般的なルートとなっています。
給料
土地家屋調査士の給料は、勤める事務所や企業によってさまざまですが、年収400万円~600万円程度が相場となっているようです。中には独立開業する人もおり、成功すれば1000万円をゆうに超える年収を稼ぐことも夢ではありませんが、経営に失敗すると収入が大きく減り、不安定な生活を強いられる可能性もあります。なお、司法書士や行政書士など他業の資格も取得し、兼務で活躍することで収入を増やしている人もいます。
将来性
土地を分けたり建物を新築した場合などは、必ず不動産の表題登記が義務づけられているため、土地家屋調査士は時代を問わずニーズがあると言えます。ただし、日本の総人口や公共工事の数が減っている現代では、その仕事量が少しずつ減少傾向にあるという見方もなされています。資格だけでは稼げない時代になっているため、スキルアップして顧客を増やす努力や、営業センスを磨き独立開業するなどの工夫なども必要となっていくでしょう。