このサイトは宅地建物取引主任者を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「宅地建物取引主任者」

仕事内容
宅地建物取引主任者とは、不動産業に関連する国家資格であり、その資格を持つ人のことをいいます。具体的には、不動産の売買や貸借に関して土地の状況や権利関係の調査を行い、取引の相手方に対してその内容を説明し、契約を締結する一連の仕事を行います。不動産の契約は高額かつ複雑な権利関係が絡み合っており、専門家が介入しなければトラブルになりかねません。そこで、不動産業を営む者は「宅地建物取引業者」と位置付けられ、一定の数の宅地建物取引主任者を置くことが義務付けられています。
なるには
宅地建物取引主任者になるには、年に一度実施される「宅地建物取引主任者資格試験」を受験する必要があります。試験合格後、都道府県知事の登録、「宅地建物取引主任者証」の交付を受けて、ようやく宅地建築取引主任者として業務が開始できます。受験資格はなく、受験手数料さえ支払えば誰でも受験することができますが、実務経験がない人の場合、都道府県知事の登録のために実務講習を受講する必要があるため注意が必要です。
給料
宅地建物取引主任者のおもな活躍の場は、不動産取引(売買・賃貸・管理など)を行う企業です。大手からいわゆる町場の不動産屋まで不動産業を営む場は多々ありますが、それぞれで給料や待遇はだいぶ異なっています。大手企業であれば年収1000万円以上を得る人もいますし、一般的な不動産屋勤務の場合は、年収300~400万円ということもよくあります。また、不動産業界ではインセンティブ(いわゆる歩合制)を採用している企業も多く、就職先や活躍度合いによっても給料には差が出やすいようです。
将来性
宅地建物取引業者は5人に1人の割合で宅地建物取引主任者を置くことが法律で義務付けられているため、一定の需要はある職業です。ただし、資格取得者が増えており、「資格があるだけ」で大きく評価されることはあまりないのが実情です。この資格は一つのスキルととらえ、もし就職や転職に活かすのであれば、司法書士や土地家屋調査士など他の国家資格との相乗効果を目指したり、プラスアルファの知識を身に付けておきたいところです。

仕事体験談