このサイトは司法書士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「司法書士」

仕事内容
司法書士は、個人や企業などの依頼により、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する仕事です。代表的な業務は不動産売買や相続の際に必要な不動産登記業務や、会社設立時の商業登記業務ですが、それ以外にも簡易裁判で訴訟代理業務を行う裁判事務のほか、成年後見業務、供託業務、帰化申請など、さまざまな業務を行っています。司法書士のみが行える業務も多いため、専門知識やスキルを存分に発揮することが可能です。
なるには
司法書士になるには、国家試験である司法書士試験に合格する必要があります。学歴や年齢制限等はないため誰でも受験が可能ですが、合格率はわずか3%で狭き門となっており、多くの人は予備校に通って熱心に勉強を続けています。年に1度の試験ですが、何年も受け続けて合格を目指す人も少なくありません。また、裁判所事務官や検察事務官を10年以上務めて法務大臣の認定を得ることで、司法書士になるという道も存在します。
給料
司法書士の国家試験は難易度が高いことで有名ですが、合格者が出過ぎないように調整がなされることもこの試験の特徴です。その希少性ゆえ、給料は全体的に高水準を保っており、独立して成功することで、非常に高額の年収を得る人もいます。しかし、経験がモノを言う仕事であるため、新人の給料は一般の会社員と大差ないというケースが多く、スキルを身につけることが収入アップにつながります。また、顧客を獲得するための営業力やマーケティング力も必要です。
将来性
法的書類を作成する専門家として力を発揮する司法書士ですが、近年は「認定司法書士」という資格を得ることで、訴訟額140万円以下の簡易裁判所の事件に関して弁護士と同じ活動ができるなど、その業務範囲は拡大しつつあります。今後は高齢化社会が進むにつれ、特に遺言や相続に関する業務、成年後見業務の依頼が増えることが予想されており、さらに活躍のチャンスが広がっていくものと考えられています。