このサイトは不動産鑑定士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「不動産鑑定士」

仕事内容
不動産鑑定士は、国家資格を持って不動産の鑑定評価を行う仕事です。鑑定評価とは、「不動産の利用価値や経済価値を把握し、それをお金にしたらいくらになるかを示すこと」で、不動産鑑定士のみが行える独占業務です。不動産の資格はいくつもありますが、高度な専門知識が求められる不動産鑑定士は不動産系資格の最高峰と言われています。活躍の場は、不動産鑑定事務所や銀行の担保評価部門や信託部門が中心となります。
なるには
不動産鑑定士として働くには、まず、不動産鑑定士の国家試験を受けて合格する必要があります。この試験は学歴も年齢も問わず誰でも受験できるようになっていますが、非常に難易度が高いことで知られており、予備校などに通って受験対策をする人が多くなっています。国家試験の合格後は実務修習を受け、必要な単元を修得し修了考査にクリアすることで、ようやく不動産鑑定士として働き始めることが可能です。
給料
不動産鑑定士の平均年収は600万円~700万円とされています。不動産鑑定事務所に勤める人が多いですが、独立することも可能な職業であり、中には1000万円以上の年収を得ている人も少なくありません。会社員として勤める場合は、外資系の金融関連会社が特に高給と言われています。待遇に関しても各事務所や企業によってさまざまですが、中規模以上の職場であれば、各種手当や休暇制度等は整っていることが多いようです。
将来性
不動産鑑定士の仕事には「独占業務」という強みがあり、知識や経験を積めば独立しやすい職業です。需要も常に安定していると言えるでしょう。日本経済を不動産の面から支える重要な役割を担っていますが、今後は企業が所有する不動産の時価評価を行う仕事や、景気が良くなるにつれて不動産投資が活発になることで、それに関連する仕事も増えると予測されており、その活躍の場はさらに広がっていくものと考えられます。