不動産会社で働くには(大学学部・学歴)

不動産会社社員になるまでの道のり

不動産会社社員になるには、希望する不動産会社の採用試験に合格することが必要です。

採用試験の内容は企業によってさまざまで、履歴書の提出と1回の面接で内定となるところもあれば、内定までに数段階の試験を経るところもあります。

デベロッパーや全国展開している仲介会社など、大手企業への就職活動の始まりは、入社1年前の春ごろです。

エントリーシートを提出し、SPIなどの筆記試験を受け、書類選考をパスした人は面接へと進むことができます。

個人面接、グループディスカッションなどを数回に分けて行い、最終面接までクリアすれば内定が得られ、翌年の春に入社となります。

選考プロセスは、規模が大きい不動産会社ほど長く、小さな不動産会社ほどシンプルです。

不動産会社社員になるまでのルート

不動産会社の求人の状況

不動産会社の求人状況は企業によって異なります。

年間を通して随時新規採用を行っているところもあれば、新卒採用は年に1度だけというところもあります。

また、中小以下の不動産会社では、少人数のスタッフで運営しているため、基本的に欠員が出るまで新規採用を行わないというところや、即戦力となれる経験者しか採用しないというところも珍しくありません。

採用人数や競争倍率もばらばらで、大手デベロッパーなど、20人ほどの枠に志望者が殺到し、100倍を超えるケースがあるほどです。

一方、中小の仲介会社なら、やる気さえあれば全員採用されるケースもあります。

不動産会社の求人は、全国どこでも豊富なので、選び過ぎなければ就職先をみつけることは簡単です。

一方、やりたい仕事や志望する企業が明確に固まっている場合、非常に難易度が高くなることも覚悟しなければなりません。

不動産会社で働くための学部・学歴

不動産会社で働くにあたり、特別に有利な学部や学科はありません。

どの企業も文系・理系を問わず学生を募集していますし、中小の不動産会社では大卒者だけでなく、高卒や専門学校卒、短大卒も含めて広く募集しているところもよくあります。

ただ、不動産会社の仕事は、宅地建物取引業法をはじめ、民法、都市計画法、建築基準法などの各種法律が関係します。

税制や経済、金融に関する知識も必要です。

これから進路選択を控える高校生などについては、法学部経済学部に進学すると、そこで学んだことを生かしやすいでしょう。

なお、大手デベロッパーの採用は競争が激しく、採用されるには、難関国公立大や有名私立大など、できる限り高学歴を目指すことが必要になるでしょう。

不動産会社社員になるのに有利な資格はある?

不動産会社社員になるのに有利な資格は、なんといっても宅地建物取引士、通称「宅建」です。

賃貸でも売買でも、お客さまと不動産に関する契約を交わす際は、この宅建資格者が重要事項を説明したり、契約書に記名押印しなければなりません。

不動産会社では一定人数ごとに1名以上の宅建資格者が必要であり、資格があれば非常に重宝されます。

取得難易度は決して低くありませんが、集中してがんばれば学生でも十分に合格できる可能性があります。

不動産会社に就職した後には、ほぼ確実に取得を指示されることになりますので、たとえ合格までたどり着けなくても、勉強したことは決して無駄にはならないでしょう。

宅建士の仕事

不動産会社社員に必要な資格やスキルはある?

不動産会社社員に向いている人

不動産会社では、性別や年齢、職業などに関係なく、ありとあらゆる人がお客さまとなります。

限られた時間のなかで、相手の考え方や求めるものを正確に把握して様々な提案をしなければなりません。

したがって、人と話すことが好きで、人の話もしっかりと聞くことのできる、コミュニケーションの得意な人が、不動産会社社員に向いています。

住まいという重要なものを扱う関係上、「この人にならまかせられる」と思ってもらいやすい、誠実で真面目な印象を与えられるタイプの人であれば、なおよいでしょう。

不動産会社社員に向いている人・適性

不動産会社社員のキャリアプラン・キャリアパス

不動産会社社員のキャリアプランは、就職先の事業内容によって異なります。

賃貸仲介を専門とする企業の場合、入居希望者や不動産オーナーへの営業や交渉などの仕事をこなします。

各店舗の責任者など、管理職に昇進することはありますが、業務内容自体は基本的に変わりません。

一方、仲介だけでなく、物件管理や都市開発など、さまざまな事業を展開する大企業の場合は、「総合職」として数年単位で部署を異動し、さまざまな業務を経験しながらキャリアを積んでいくことになります。

人によっては、経理や財務、人事、広報など、不動産以外の仕事をまかされることもあります。

キャリアのどこかで別の不動産会社に転職したり、独立して自分の不動産会社を立ち上げる人も少なくありません。

不動産会社社員は高卒から目指せる?

不動産会社のなかには学歴不問で社員を募集しているところも数多くあります。

とくに営業系の職種では、学歴や知識よりも、人柄のよさやコミュニケーション能力、意欲などが重視されます。

学歴不問のところは職歴も不問というケースが多く、未経験者でも歓迎されやすいでしょう。

ただ、就職するハードルが低い企業は、それだけ人の出入りが激しいということの裏返しでもあります。

厳しいノルマが課せられるかもしれませんし、長時間残業が常態化しているなど、労働環境に問題があるかもしれません。

高卒から不動産会社を目指すなら、勤務先選びはとくに慎重に行うことが大切です。

不動産会社への転職を検討するなら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で不動産会社を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

不動産分野に強い転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、不動産会社の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも不動産会社が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。

不動産会社社員の「なるには」の口コミ投稿

  • なるには
    なるには

    デベロッパー・建築士 anan1226さん

    40歳 女性 経験5年 東京都

    現職(正社員)


    大学の建築学科を卒業して建築の分野に進みました。

    建築士は仕事をしていく上で、少なくとも肩書きとしてはとてもあると便利なものなので、勉強は大変ですが取得することをお勧めすます。

    苦労したことは自分にあった建築との関わり方を模索しているときでした。

    自分でデザインしたいけれどお給料は少ないというような葛藤の時代が20代にありました。

    自分で図面をひくことに固執するかどうかで悩